ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Forksville Covered Bridge - Wikipedia
フォークスビル覆い橋: Google map、 アップされた写真: その 1 その 2
フォークスビル覆い橋
(Forksville Covered Bridge)

フォークスビル覆い橋はバー・アーチ・トラス覆い橋で、 米国ペンシルバニア州サリバン郡 (Sullivan) のフォークスビル・ボロウ (borough of Forksville、ボロウ = 自治町村) のロイヤルソック川 (Loyalsock Creek) に架かっている。 橋は 1850 年に建設され、長さ 152 フィート 11 インチ (46.61 m) である。 橋は 1980 年に国の歴史登録財に指定された。 フォークスビル橋の名称は橋が存在しているボロウの名前に由来し、 ボロウの名前はリトル・ロイヤルソック川 (Little Loyalsock Creek) とロイヤルソック川 (Loyalsock Creek) の合流点 (フォークス、forks) に由来する。

フォークスビル覆い橋 ペンシルバニア州における位置

ペンシルバニア州は米国で最初に覆い橋が建設された場所で、 19 世紀にも 21 世紀にも覆い橋が最も多くあった場所である。 覆い橋は石の橋から金属の橋への移行期のもので、 屋根と側板が木造構造を気象から守るものである。 フォークスビル橋はバー・アーチ・トラスの型式で、荷重を支えるアーチが垂直な多重キング・ポストを 挟み込み、強さと剛性を与えている。 フォークスビル橋の建設は 18 才のサドラー・ロジャース (Sadler Rogers) が監督し、彼は自分が手作業で刻んだ構造のモデルを使用した。 橋は 1908 年から 1913 年にかけて流量計があった場所で、 今でも公式なペンシルバニア州道の橋である。 米国運輸省連邦道路管理局はこの橋を古典的な切妻屋根を持った覆い橋のモデルにし、 橋はペンシルバニア州の保険会社のロゴになっている。

橋は 1970 年と 2004 年に修復されて、 今でも使用され、2009 年では毎日平均して 224 台の車両交通があった。 修復にもかかわらず、2009 年現在では、 国内橋梁台帳 (National Bridge Inventory) における橋の構造の充足率 (sufficiency rating) は 17.7% しかなく、橋の状態は 「基本的には許容できず、高い優先度で修正することが要求される」 と思われている。 橋はサリバン郡に残存する 3 基の覆い橋の 1 つで、 スーザン M. ザッカー (Susan M. Zacher) の 「ペンシルバニア州の覆い橋:ガイド」によると 「岩がちなロイヤルソック峡谷」 に架かる橋の場所は 「州の中で最も魅力的な舞台装置の 1 つ」 である。

  1. 概観
  2. 歴史
  3. 橋のデータ
概観

この覆い橋はフォークスビル・ボロウ (borough of Forksville) にあり、 ペンシルバニア州道 154 のすぐ西のブリッジ・ストリート -- 支線州道 4012 -- にある。 州道 154 で考えれば、橋はペンシルバニア州道 87 のおよそ 0.2 マイル (300 m) 南にあり、 ワールツ・エンド州立公園 (Worlds End State Park) のおよそ 2.0 マイル (3 km) 北にある。 サリバン郡はペンシルバニア州の北西にあり、 フィラデルフィアの北西およそ 123 マイル (198 km)、 ピッツバーグの東北東およそ 195 マイル (314 km) にある。

橋はリトル・ロイヤルソック川とロイヤルソック川の合流点のすぐ上流にある。 合流点は 「ロイヤルソックのフォークス」 と呼ばれ、 フォークス・タウンシップが 1833 年に法人化された時に、その名を与えたが、 まだこの時はライカミング郡の一部分であった。 サリバン郡は 1847 年 3 月 14 日にライカミング郡の一部分から形成され、 橋は 1850 年に建設された。 橋の名前はフォークスビル共同体の名前に由来し、 ここは 1794 年に最初の定住があり、1854 年に村となり、 1880 年 12 月 22 日にフォークス・タウンシップの一部分からボロウに法人化された。

歴史
背景

米国の最初の覆い橋は 1800 年に建設され、 ペンシルバニア州フィラデルフィアのスクーカル川 (Schuylkill River) を横断した。 ザッカーによるとバー・アーチ・トラスのデザインによる最初の覆い橋も 同様にペンシルバニア州で建設された。 ペンシルバニア州にはかって少なくとも 1500 基の覆い橋があったと見積もられ、 1830 年から 1850 年にかけて国内で最多であったと思われている。 2001 年に、ペンシルバニア州には、他の州よりも現存する歴史的な覆い橋がもっと多くあった; 67 郡のうちの 40 郡で 221 基が残っていた。

覆い橋は石の橋から金属製の橋への移行期のものであった; 後者は鋳鉄もしくは鋼で作られた。 19 世紀のペンシルバニア州では、木材は橋の建設用に豊富な資源であったが、 気象にさらされると長持ちしながった。 覆い橋の屋根と取り囲む側板が構造要素を保護した。 バー・アーチ・トラスは荷重を支えるアーチが多重キングポスト・トラスを挟み込むことで構成され、 その結果一つだけの要素よりももっと頑丈で、剛性を持つ構造になった。

建設と説明

1890 年にはサリバン郡には 30 基の覆い橋があったが、1954 年には 5 基しか残っておらず、 2011 年には 3 基のみになった; フォークスビル覆い橋、 ヒルスグローブ覆い橋、及びソンズタウン覆い橋 (Sonestown) である。 以上の 3 基はすべてバー・アーチ・トラスで 1850 年に建設された。 フォークスビル覆い橋はサリバン郡のためにサドラー・ロジャース (Sadler Rogers (or Rodgers)) により建設された。 彼はフォークスビル生まれで、当時わずか 18 才であった。 彼は工事を始める前に橋のモデルを手作業で刻み、 建設を監督するためにこれを使用した。 ロジャースはロイヤルソック川を横断するフォークスビルとヒルスグローブの橋を建設した。 ヒルスグローブ橋はフォークスビル橋のおよそ 5 マイル下流にある。 大半の情報源はソンズタウン橋の建設者の名前を載せていないが、 残りのソンズタウン覆い橋に関しての 1997 年のある新聞記事はロジャースがこの橋もデザインしたことを 伝えていた。

橋の内部の光景にバー・トラスが見える。

フォークスビル覆い橋は 1980 年 7 月 24 日の NRHP (国の歴史登録財、National Register of Historic Places) に登録されたが、 これはブラッドフォード郡、サリバン郡、及びライカミング郡の 7 基の覆い橋の 「多重歴史資産提案」 (Multiple Property Submission) でなされた。 2009 年の NBI (国内橋梁台帳、National Bridge Inventory) では、この橋を、 長さ 152 フィート 11 インチ (46.6 m)、 幅 12 フィート 2 インチ (3.7 m)、 最大荷重 3.0 米トン (2.7 トン) としている。 NRHP によると、橋の 「路面の幅」 は 15 フィート (4.6 m) で、 一車線に十分なだけである。 2011 年現在、各入口の一番上に 「1850 年サドラー・ロジャース」 と書いた標識があり、 その下に頭上余地 8.0 フィート (2.4 m) の標識があり、 その下に 「トラック禁止」 の標識がぶら下がっている。

頭上余地と「トラック禁止」
の標識、西の入口

覆い橋は元々の橋台の上に設置されており、 橋台はそれ以来、コンクリートで強化されている。 橋の路面は、現在では鋼の梁で支えられているが、非常に狭い横方向の厚板で作られている。 路面の車輪ガードが車道と両側の歩道を分離して側面を保護し、 側面はほとんどひさしまである垂直な厚板で覆われている。 橋には長くて狭い窓があり木造の扉 (shutter) がついている。 南側には 4 つの窓があり、北側には 3 つある。 ひさしと側板との間の開口部は両側で橋の全長にわたっている。 橋はバー・アーチ・トラスで支えられ、 16 枚のパネルと木造の梁がある。 切妻屋根は板金 (sheet metal) でできており、古典的な覆い橋の切妻屋根のモデルとして、 米国運輸省連邦道路管理局のターナー・フェアバンク道路研究センター (Turner-Fairbank Highway Research Center) で使用されている。

修復と使用

19 世紀にフォークスビル覆い橋は 1865 年 3 月 1 日、及び 1889 年 6 月 1 日の 大規模な洪水を生き延びたが、これらはサスケハナ川西支流 (West Branch Suquehanna River) の峡谷の他の橋を破壊した。 1870 年と 1890 年の間頃には、 ロイヤルソック川流域の木の伐採により材木イカダが作られ、 橋の下を通り過ぎた。 これらのイカダは 5000-30000 ボートフィート (12 - 70 m3) の材木から構成され、 ロイヤルソック川を下って (サスケハナ川西支流の) 流出口のモントゥアズビル (Montoursville) まで下ったり、 あるいは更にサスケハナ川西支流を下った。 イカダは東側の ツガがすべて伐採されると終了した。

1908 年から 1913 年まで、橋には流量計があり、 橋の上流側で長さ 21.88 フィート (6.67 m) の鎖によって水の高さが読み取られ、 下流側で放水率が測定された。 この時は、橋は 「単一スパン、木造、覆い道路橋」 として任務についていた。 橋は 1926 年 11 月 16 日の大規模な洪水にも生き延びた。 この洪水は上流のダムが崩壊によるものであった。 しかし、1959 年 1 月 23 日の洪水で流氷 (ice jam) によりひどく損傷した。 この洪水でフォークスビルの通りには 500 ポンド (230 kg) にもなる氷の複数の塊が残された。

フォークスビル覆い橋は 1970 年に修復され、 NRHP の推薦様式では 「あらゆる風変わりな修復」 と記述されたものである。 修復工事はヒルスグローブ・タウンシップ (Hillsgrove Township) の T. コービン・ルイス (T. Corbin Lewis) -- 引退した電気請負業者 -- が完成した。 彼の $48,000 の安い入札はメリーランド州ボルチモアの企業の $185,000 の入札を越えるものとして認められた。 修復はペンシルバニア州輸送局 (PennDOT) が監督し、 PennDOT が橋の保有・保守の任を負っていた。 修理には 「床下の鋼の縦桁と横桁」 のささいな工事も含まれ、 これは何年も前に追加されていたものである。 全く新しい木造の路面が設置され、車輪ガード (木造の縁石) が車両交通を中央に導き、 両側の歩道を保護した。 始めて窓が橋の両側に設置され、鋼のガーダーが 「橋の下部構造を支えるために追加」 された。

路面の詳細
車輪ガード、歩道、及び
垂直キング・ポストの
上の黒い鋼ガーダー
1970 年に作られた窓から
見るロイヤルソック川
の南側の光景

サリバン郡の覆い橋に対する態度は 20 世紀の後半に随分と変化した。 1954 年に残っていた 5 基の覆い橋の 2 基が 1970 年に破壊され、 この時 PennDOT はフォークスビル覆い橋も壊すことを考えていた。 しかし橋はその歴史的価値と観光客が気に入る理由から壊されずに修復された。 フォークスビル覆い橋は 1980 年に NRHP に追加され、 ペンシルバニア州歴史・博物館委員会は現在では州内の NRHP の覆い橋の破壊を禁止し、 いかなる修復工事も委員会の承認を得る必要がある。

NBI は 2004 年に橋が 「再建された」 と述べているがそれ以上の詳細に触れていない。 橋全体は鋼のガーダーで強化され、これには垂直の梁も含まれている。 2006 年には赤い橋は再塗装され、これに 3 週間が必要であった。

橋の状態は 1980 年の NRHP の様式にも、ザッカーの 1994 年の本にも、 エバンズの 2001 年の本にも、良好であると述べられている。 しかしながら 2009 年の連邦道路管理局国内橋梁台帳 (Federal Highway Administration National Bridge Inventory) では橋の充足率 (sufficiency rating) を 17.7% としている。 台帳では 「計算された土砂の擦り取り (scour、スカウア) 状態には安定することが決定」 されたが、 手すりは 「現在の承認された標準に合致しない」 とした。 橋の全体的な状態は 「基本的には許容できず、高い優先度で修正することが要求される」 と思われている; 2006 年の NBI の見積もりでは橋を改良するための経費を $463,000 と見積もっている。

今日ではフォークスビル覆い橋はひどく利用されている。 というのは橋の東端の州道 154 から、フォークスビルと橋の西端の雑貨店への最も直接的で最短のルートであるからである。 2000 年にフォークスビルには 147 人の住民がいた。 告示された制限速度は時速 15 マイル (24 km/h) で、 平均した 1 日の交通量は 2009 年には 224 台の車両であった。 橋は 1877 年にサリバン郡で設立された 「農民・機械工相互保険会社」 のロゴに使用されている。

州道 154 から見た橋の
東の入口と北側

橋はその効用に付け加え、その歴史と美しさにより認められている。 1970 年に長年フォークスビルに住んでいた住民が橋の過去とのかかわりを語った: 「橋で静かに立ち、材木が静まりかえれば、ずっと昔にあったように馬が木造の路面を重々しく歩いて来るのを聞くことさえでき、 子供が橋の垂木によじ登り、下の川に裸で飛び込むのを見ることさえできる」。 ザッカーの 1994 年の 「ペンシルバニア州の覆い橋:ガイド」によると 「岩がちなロイヤルソック峡谷」 に架かる橋の場所は 「州の中で最も魅力的な舞台装置の 1 つ」 である。

橋のデータ

次の表は 4 つの異なる情報源で、異なる方法による、長さ、幅、荷重の公表値の比較で、 更には引用されている名称と建設者の比較である。 NBI は橋の長さを橋台の背面の間の距離、あるいは舗装の溝の間の距離とし、 道路面の幅を縁石あるいはレールの間の最も制限がある最小距離としている。 NRHP の様式はペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (PHMC, Pennsylvania Historical and Museum Commission) によって準備されたもので、 これはペンシルバニア州のすべての覆い橋に関して、 (複数の) 郡の技術者、歴史協会、覆い橋協会などに調査したものである。 エバンズは 2001 年にペンシルバニア州のすべての覆い橋を訪れ、各橋の長さ (入口から入口まで) と (入口の) 幅を本のために測定した。 ザッカー (Zacher) の本のデータはペンシルバニア州のすべての覆い橋の 1991 年の調査に基づくもので、 この調査は PHMC とペンシルバニア州輸送局が地方政府と民間機関の協力を得て実施したものである。 これは基本的には NBI と NRHP のデータを使用している。 というのはこれは全国調査だからである。

フォークスビル覆い橋のデータの変動
長さ荷重名称建設者情報源 (年)
46.6m3.7m2.67t SR 4012 記載なしNBI (2009 年)
44.5m4.8m記載なしフォークスビルサドラー・
ロジャース
NRHP (1980 年)
49.8m5.8m記載なしフォークスビルサドラー・
ロジャース
エバンス (2001 年)
39.6m4.6m記載なしフォークスビルサドラー・
ロジャース
ザッカー (1994 年)