ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Antique Gas and Steam Engine Museum - Wikipedia

グーグルマップ: Antique Gas and Steam Engine Museum

アンチーク・ガス & 蒸気・エンジン博物館
(Antique Gas and Steam Engine Museum)

アンチーク・ガス & 蒸気・エンジン博物館は 1969 年に設立された生きた歴史博物館で、 郡が所有する 55 エイカー (220,000 m2) の土地にあり、 カリフォルニア州ヴィスタ (Vist) の郊外にある。 博物館は非営利 501c (3) の組織である。 これはヴィスタの N サンタフェ・アベニューの 2040 にある。 これは賃金を支払われている何人かの従業員とボランティアにより運営されている。

博物館が年中ほとんど毎日開館し、 6 月と 10 月の第3週末と第4週末の年に二度のショーがある。 博物館には一年を通じで公的、私的なイベントもある。

  1. 展示品
展示品

博物館の展示品には:

技術博物館

ガス・エンジン列 (Gas Engine Row) には 1900 年代初頭の多くの静止ガス・エンジンがある。 列にあるのは: 可動 15 馬力 (11 kW) フェアバンクス - モース (Fairbanks - Morse) 鉱山巻き上げエンジン、 15 馬力 (11 kW) のフェアバンクス - モースエンジンで駆動される揚水棟、 150 馬力 (110 kW) の 1922 年フェアバンクス - モース型式 YV エンジンが大きな交流発電機に接続、 巨大な 1914 年製シカゴ - ニューマティック・ホット・バルブ空気圧縮機 (Chicago - Pneumatic hot-bulb air compressor)、 80 馬力 (60 kW) ウェスターン・エンジン、 120 馬力 (89 kW) ウェスターン・エンジン、 200 馬力 (150 kW) ウェスターン・エンジン、 そして多くのそれ以外の静止エンジンがある。 ガス・エンジン列のほとんどすべてのエンジンがショーの最中に走っているのを見ることができる。

蒸気エンジン列は多くの異なる型式とサイズの静止蒸気エンジンを見せている; 巨大な 300 馬力 (220 kW) アリス・チャルマース・コーリス・エンジン (Allis Chalmers Corliss engine) で、直径 12 フィート (3.7 m) のはずみ車があるものから、 小さな J. Lefel & Sons のポータブル・エンジンまである。 これらは、すべて 2 つの大きなボイラー -- パット (Pat) とリッチ (Rich) のあだながついている -- からの蒸気により駆動される。 これは博物館のボランティアが長時間、これを保持・操作した後のことである。

蒸気エンジン列

地上には 6 台の可動な蒸気動力の トラクション・エンジンがあり、 1913 年のバッファロー・ピッツ (Buffalo - Pitts) の蒸気ローラーと 1909 年の 20 馬力の Case が修復されることになっている。 可動な蒸気トラクターは: 1895 年ラッセル社 15-30 蒸気トラクター、 1902 年アドバンス 16-30 蒸気トラクター、 1912 年 J. I. Case 60 馬力 (45 kW) 蒸気トラクター、 1920 年 ミネアポリス 20 馬力 (15 kW) 蒸気トラクター、 1916 年 15-30 ラッセル社。 これらトラクターの大半は全部ではないかも知れないが、 ショーの日には大地で、蒸気を吐いているいるのを見ることができる。 蒸気動力の年表も参照の事。

トラクター

博物館は多くの古いトラクターの住処にもなっている。 二台の D8 キャタピラー、 一台の D9、 数台の大きな 1930 年代のキャタピラー、 何台かの非常に優れたクローラー (crawler) と 無限軌道の付いた多くの他の実例が博物館で見ることができる。 典型的なトラクター Farmall, ジョン・ディア (John Deere), オリバー (Oliver)、 アリス・チャルマース (Allis Chalmers) は博物館の外で見ることができるが、珍しい実例も少ないというわけではない。 1924 年のバッファロー・スプリングフィールド・ロード・ローラー、 巨大な 1918 年 30-60 オールトマン・テイラー・ガス・トラクター (Aultman - Taylor gas tractor)、 1911 年フェアバンクス・モース 15-25 ケロシン・トラクター (Fairbanks-Morse 15-25 kerosene tractor)、 1915 年 インターナショナル・ハーベスター・モーグル 8-16 ( International Harvester Mogul 8-16)、 幾つかの Rumely Oil-Pulls、そしてそれ以外もある。

鍛冶屋

可動な鍛冶屋の仕事場 (shop) があり、 1917 年の 15 馬力の Mogul ガソリン・エンジンで動力を与えられた可動 ライン・シャフト があった。 ショーの日には 複数のフォージ (炉) に火が付き、複数の鍛冶屋が鉄の切り端を、 多くの異なるものに取り付けているのを見ることができる。

モデル鉄道

博物館の地上にあるものに、短軌道モデル鉄道クラブがあり、 NTrak のモデル鉄道を呼び物にし、40 以上のモジュールを移動し、 これにはドライブ・イン映画館、遊園地、農場、町、炭鉱、 そして他のシーンがある。

短軌道・N スケール・モデル鉄道・クラブは教育組織で、 米国における鉄道歴史の更なる理解を求めている。 多くのメンバーは国内モデル鉄道協会 (National Model Railroad Association) のメンバーでもあり、幾つかのメンバーは "マスター・モデル" の肩書を持っている。 彼等の 「ドナー峠、N スケール、モデル鉄道」 (Donner Pass, N-scale, model railroad) の展示はカリフォルニア州コルファックス (Colfax) とネバダ州レノ (Reno) の間のシエラ・ネバダ山脈を横断するサザーン・パシフィックを見せている。

繊維博物館

機織り博物館 (Museum Weavers) は 4,000 平方フィート (370 m2) の納屋に格納され、50 台以上の可動な織機を呼び物にしている。 このクラブのメンバーは 1 週間に 1 度会って、織り方、ラグ (rug) の作り方、 ロープの作り方を学び・実践している。

1 部屋のみの学校

「過去の学校」 はモデル的な 「一部屋のみの学校」 で、 地元の小学校からの見学を受け入れ、 1900 年代初頭の農場の仕事を子供たちに教えるプログラムを提供している。

製粉博物館

可動製粉工場が小麦や穀物を粉に引き、1 年に 2 度のショーで販売している。 夏の間には博物館はもろこしの茎を育て、これは秋のショーの糖蜜になる。