ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Beverley Beck - Wikipedia

ベック (beck) は川の意味です。 Beck | Define Beck at Dictionary.com には次のように書かれています。

1. a brook, especially a swiftly running stream with steep banks.
-------------------------------
川、とりわけ速く流れ、急な堤防があるもの

この場所は最後のコースから位置がわかります。

ビバリー・ベック (Beverley Beck)

ビバリー・ベックはイングランド、ヨークシャーのイースト・ライディング (East Riding) の短い運河である。このベックはビバリー西のハル川 (River Hull) の グルーヴヒル水門 (Grouvehill Lock) から、およそ 0.8 マイル (1.3 km) を走り、 ビバリーの町に入る。 1802 年まで、このベックには潮汐があったが、 ビバリー・マームストン排水路 (Beverley and Barmston drain) が、この下を通過する必要があり、トンネルの上で水位を維持するために、 水門が建設された。 1898 年に蒸気エンジンが設置され、ハル川から水を汲み上げて、ベックの水位を上げるために使用された。 この地域の何百万ポンドもの改装が 2007 年に完了し、水門ゲートとポンプ・エンジンが改装された。

グローヴヒル水門
  1. 歴史
  2. 今日
  3. コース
歴史

ビバリー・ベックは 1296 年に始めて言及され、 この時、ヨークの大司教はハル川から漁業堰 (fish-weirs) を取り除いて、ボートがビバリーに 到達できることを望んだ。 グローヴヒルは、以前は Grevale と呼ばれ、ハル川とのジャンクションにあり、ハシケの係留場所として使用された。 大司教が漁業堰の所有者と交わした合意事項により、 所有権がビバリー市 (Beverley Corporation) の市民に移管され、 1344 年までにベックはビバリーまで航行可能となった。 ベックを洗い流したり、正常化する最初の既知の説明は、この年のものである。 ビバリー市は市が水路の独占権を持つことを引き受け、 テナントに貸し、テナントは 2 隻のボートを提供する必要があり、 これですべての貨物を輸送した。 これは 1704 年から通行料のシステムに変化し、 これにより他のボートがベックを使用することが可能となった。 グローヴヒルの波止場は後に水門に転換された。

17 世紀には、市の記録はベックを洗い流して改良する幾つかの試みと、 これらの作業の資金繰りをする問題を言及している。 1695 年に 3 名の市会議員 (aldermen) と 3 名の市民 (burgesses) が任命されて、 保守費用のために寄付を徴収した。 1720 年代に、ジョン・ウォーバートン (John Warburton) が提案したことは、 「オランダとフランダースで使用されている」ような機械 (engine) を装着したボートを使用して、 アシの草むらと泥をほぐすことに使用し、 2 つの水門、あるいは洪水ゲートを使用して、満ち潮を引き留め、 引き潮の時にほぐれたものを流し去ることであった。 1 つは大橋 (Great Bridge) の近くに設置し、2 つ目のものは大橋と小橋 (Little Bridge) の 間に設置することになった。 言及された機械 (engine) は恐らくはある種のスキである。£200 の見積もり経費の寄付は登場しなかったが、 市は 1721 年 1 月にオランダにスキを注文した。

1726 年に、ビバリー市は危機に直面した、というのは資金が不十分で、 ベックの修理費を賄えなかったからである。 そこで彼らは議会法を手に入れて、 ベックを清浄化し、拡幅して、深くし、 波止場とここに通じる道路を修理し、追加の通行料を導入することになった。 議会法はビバリー市の国会議員であるチャールズ・ホサム (Charles Hotham) により後援され、 1727 年 3 月 24 日に認められた。 土木技術者のウィリアム・パーマー (William Palmer) はベックの工事を助言し、 工事は 1731 年に £1,395 の経費で完成した。 しかし、ほとんど改良されなかった。 第 2 の議会法が 1744 年 3 月 19 日に獲得され、 「ハル川に流れ込むビバリー・ベックと呼ばれる川 (クリーク) をもっと効果的に、 清浄化し、深くし、拡幅するため ....... と上述のベックとハル川を出入りする船を規制するため」 であった。 議会法により導入された 1 つの新しい特徴は 徴収される通行料の額が運ばれる物資の額に依存したことである。 ビバリー市は保守 -- これは大半が浚渫 -- を実施し続けたが、 通行料の徴収は 1748 年 5 月 1 日から代理人にまかせ、 この取り決めはもう 90 年間継続した。

ビバリー・ベックは潮汐の影響を受けたが、停止ゲート (stop-gate) により水位を維持する試みがあったようである。 大きな変化は 1802 年に起き、この時ビバリー・バームストン排水溝 (Berverley and Barmston Drain) がより大きな排水計画の一部分として建設された。 排水溝はベックの下を通過する必要がり、 ウィリアム・チャップマン (William Chapman) -- この計画の技術者 -- がビバリー市のために助言したことは、ベックの下を通過する排水溝を通すトンネルの上で、 水位を維持するための最良の方法は水門を建設することであった。 資金を使用する合法性の議論が前回の議会法の観点から持ち上がり、 これが合法であると決定されてから、 チャップマンの計画が同意され、彼は水門をデザインし、これは £1,000 の市の借金で資金繰りされた。 しかしながら、トーマス・ダイソン (Thomas Dyson) が工事を実施し、 £817 を支払われ、元々の見積もりの £733 より少し多かった。 1837 年に、市は通行料の徴収を貸与することを停止することを決定し、 ウィリアム・ティンダール (William Tindall) を任命して直接徴収させた。 1838 年の通行料は全部で 31,185 トンの貨物で £594 になった。 ビバリー市には 1846 年 10 月からハル・セルビー鉄道 (Hull and Selby Railway) が通っていたが、 運河は独立のまゝで、従ってハルに至るトレードは競争力があった。 競争により、競争がなかった場合よりも、鉄道料金を押し下げ、 ベックの交通は成長し続け、 1838 年の 31,185 トンから、 1888 年の 51,578 トン、 1905 年の 101,540 トンに増えた。 しかしながら、トン数は増えても収入に反映されなかった。 というのは市の境界の外では交通に料金を課す権限は 「運河通行料と料金の議会法 No. 3 (1894 年)」 により制限され、このため 1905 年には損失を出した。 1898 年における主要な出費にはベックからハル川に水を汲み上げる蒸気エンジンとポンプの設置が 含まれていた。 キールによってはベックを航行するが、大半 (の船) は人々によって牽引された。 小蒸気船 (steam launch) をタグ・ボートとして使用する実験が 1898 年に試みられたが、 成功ではなかった。 その後、動力キールが登場した。 グローヴヒル水門 (Grovehill Lock) は 1858 年に建設しなおされて、 65×17.5 フィート (19.8×5.3 m) の大きさで、喫水が 6.5 フィート (2.0 m) の船を収容できるようになり、 経費は £30,000 であった。 商用輸送は随分最近まで継続し、1970 年には 28,169 トンの貨物輸送から 通行料が £2,365 になり、 主に石炭と家畜飼料の原料から構成されていた。

今日

ビバリー・ベックはより大きな船がビバリーの成長する町に到達できるように建設された。 今では、ここは随分多くのレジャー・ボートの根拠地で、 これは 「ビバリー・ハシケ保存協会」 (Beverley Barge Preservation Society) の所有する歴史的なハシケである シンタン (Syntan) と同様である。 シンタンはビバリーになめし革工場を持っていたリチャード・ホジソン (Richard Hodgson) のために建設され、 1949 年から 1970 年代に至るまでビバリー・ベックに拠点を置いていた。 しばらくの間、ドン川水路で過ごしてから、 残骸が 2001 年に協会により買収され、3 年間のプロジェクトで修復された。 ビバリー・ベックは漁師に人気があり、適当な大きさの パイクがおり、 ブリーム (bream)、 デイス (dace)、 うなぎ (eel)、 ガッジョン (gudgeon)、 および テンチ (tench) は言うまでもない。 ここは、ビバリー・ベック・ボート協会 (Beverley Beck Boating Association) の根拠地でもあり、 メンバーの大半はベックにボートを所有している。

ビバリー・ベック

ベックは重要な浚渫プログラムで改良され、これは 5 ヵ月間継続し、 2004 年 4 月に完了した。 公示前の沈殿物のサンプルから歴史的な産業工程からの高濃度の重金属と炭化水素が検出され、 従って、これをベックから取り除いたときに危険物埋立地に持っていく必要があった。 プロジェクトの責任を担った 「ランド・アンド・ウォーター」 (Land and Water) は 特別なスクリーニング・プラント (screening plant) を開発し、これにより危険な廃物を 危険でない沈殿物から分離することが可能となった。 これは、このようなシステムが内陸水路の契約で使用された最初であった。 2005 年中頃に、ベックと直接の周辺地域を開発するために 数百万ポンドの計画が始まった。 2007 年に開始した最終段階 -- 経費 £250,000 -- は 水門ゲートとポンプ場の復原、更には歩行路と自転車ルートの建設であった。 以前のゲートは 1953 年に装着されたものであった。

コース

ハル川沿いにある。

地点座標備考
ビバーリー (Beverley) 53.839°N 0.413°W水路の開始
グローヴヒル水門 (Grovehill Lock) 53.840°N 0.395°Wハル川とのジャンクション