ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Chirk Tunnel - Wikipedia
チャーク・トンネル (Chirk Tunnel)

チャーク・トンネルはウェールズ、チャークの近くの運河トンネルである。

これはランゴレン運河のチャーク水道橋のすぐ北にある。 これは長さ 421 m (460 ヤード) で内部に完全な曳舟道がある。 トンネルは一隻の標準ナロウ・ボート用にデザインされ、すれ違いは可能ではない。 幸いなことにトンネルは非常にまっすぐなので、ボートがすでにトンネルにいるかどうかを見ることができる (ボートはライトをつけることが要求されている)。 北向きのボートは通り抜けるために、 パワーとモーメントを維持しなければならない。 これはトンネル内で運河が浅くて、狭いこと (水はボートの周りで動ける余地がほとんどない) と、運河が南向きに時速 2 マイルの比較的速い速度で流れていることによっている。 トンネル、トンネルの入り口、そして運河のベイシンはまとめで、グレード II* の 指定建造物である。

チャーク水道橋から見たチャーク・トンネル
  1. 歴史
  2. トンネルを歩いて通る
歴史

1791 年に、まだ胎児のエルズミア運河は チェスター運河をシュルーズベリーに接続する運河網を考え、 支線を ルアボン (Ruabon)、 ランゴレン (Llangollen), バーシャム (Bersham), スランアマネフ (Llanymynech) まで通し、 できればホイットチャーチ (Whitchurch)、ウェム (Wem) に通すことを計画した。 発起人たちはウィリアム・ジェソップに依頼して彼らの計画を評価させ、 彼はむしろ違うルートの計画を提出した。このルートはチェスター運河ベイシンから、 レクサム (Wrexham), バーシャム (Bersham), ルアボン (Ruabon), ポントカサルテ (Pontcysyllte), チャーク (Chirk), フランクトン (Frankton) 及び ウェストン (Weston) を通り、シュルーズベリーに到達するものであった。 このルートには 3 つのトンネルが関連した。 ルアボンの 4,607 ヤード (4,213 m) のトンネル、 ウェストンの 476 ヤード (435 m)、 及びチャークのブロンカサステ (Froncysyllte) の石灰石切り場の下を通るトンネルで、 これは長さ 1,236 ヤード (1,130 m) であった。

トンネルの南の入り口

競合する組織は異なるルートを支援し、1793 年 2 月に勢力を結集し、 この年の 4 月 30 日に議会法により認可された。 この間に、一連の変更と逸脱した計画全体が、あわただしく通過し、 チャークの運河はケイリオグ川 (River Ceiriog) を違う場所で横断し、 その結果、トンネルは短くなった。 隣接する水道橋の契約は 1796 年 1 月に締結し、建設は 1801 年に完了した。 フランクトンに至る東向きの 8 マイル (13 km) の運河はただちに開通した、 これはフロン石切り場 (Fron Quarries) の石灰岩の貴重なトレードの理由からである。 トンネルは通る区間はポントカサルテに到達するために、 ホワイトハウス・トンネル (Whitehouse Tunnel) を通り抜け、1802 年 6 月に開通した。

トンネルを歩いて通る

トンネルは (より短い隣のトンネル -- ホワイトハウス・トンネル -- と共に) 曳舟道が中を通っている英国で最初のトンネルと主張されている。 しかしながら、シュルーズベリー運河のバーウィック・トンネル (Berwick Tunnel) が 1797 年に開通し、その中を 970 ヤード (890 m) の曳舟道が通っていた。 チャークのトンネルでは照明がまったくないので、トンネルを歩くときには 懐中電灯 (torch/flashlight) を携行するほうが望ましい。 というのは中央に行くにつれ、トンネルは真っ暗になるからである。 しかしながが、歩行者がトンネルでの転落を防止するために、全長に渡って木製の手すりが付いている。