ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fall line - Wikipedia
滝線 (Fall line)

滝線 (fall line) (あるいは滝地帯 (fall zone)) は高地地域 (upland region) と海岸平野 (coastal plain) が接触する場所であり、 川が横断すると、典型的に顕著となり、その結果、急流や滝ができる。 高地は比較的硬い結晶質の基部を持つ岩出、海岸平野はより柔らかい堆積岩である。 川が上流の高密度の物質を切り崩して c の形の滝を作り、 川底の浅瀬をむき出しにするにつれ、滝線は上流に退く。 このような造作により、川船は典型的にはポーテッジなしで、 これ以上内陸に進むことができない、但し水門 (lock) を作れば別である。 水位の急激な変化と、その結果エネルギーが放出されるため、 滝線は水力ミル、 穀物ミル、 鋸ミルの良好な場所になる。 海につながる川の港の必要性と、水力が簡単に供給できる理由から、 川が滝線を横断する場所でしばしば集落が発展する。

  1. 地形
  2. カナダ
地形
滝線を示す図式、 USGS (米国地質研究所)

滝ゾーンの傾きは集落のパターンで役割を果たした。 例えば、滝線は多くの川で水路の内陸限界を表す。 このため、多くの滝線の都市はこの地点において、 陸上を基礎にする輸送と水上を基礎にする輸送の間で、物資の移動をする人々と、 その移動物資の周りで成長した。 そして更に滝線は水力発電ダムに有用であることが示され、例えば、 ニューヨーク州ロチェスター (Rochester) (ナイアガラ急斜面)、 サウス・カロライナ州コロンビア (Columbia) , メリーランド州コノウィンゴ (Conowingo) のサスケハナ川 (Susquehanna River) (これは大西洋海岸地帯滝線の上にある)。 米国の滝線上に設立された都市に含まれるものは:

大西洋海岸地帯滝線
大西洋海岸地帯滝線を参照。

大西洋海岸地帯滝線 (Atlantic Seaboard Fall Line) あるいは滝地帯 (Fall Zone) は 900 マイル (1,400 km) の急斜面で、 ここで ピードモント台地 (Piedmont) と 大西洋海岸平野 (Atlantic coastal plain) が米国東部で接触する場所である。 大西洋海岸地帯滝線の大半が通過する場所は断層の痕跡が見えない場所にある。

滝線は 硬く変性した地形 (terrain) -- タコニック変動 (Taconic orogeny) の産物 -- と 上部大陸棚 (continental shelf) の比較的平らな砂交じりの流出土砂の平野 (outwash plain) の地質学的境界となり、 後者は固められていない (unconsolidated)、白亜紀 (Cretaceous) と第 3 紀 (Tertiary) の堆積物で形成されている。 滝線の造作の実例に含まれるものに:  ポトマック川 (Potomac River) のリトル・フォールズ (Little Falls) と バージニア州リッチモンドの (複数の) 急流があり、 後者では ジェームズ川 (James River) が一連の急流を下って、ジェームズ川の潮汐河口に落下している。 サウス・カロライナ州の Columbia でも Congraree River で同様になっている。

水門 (locks) のような水路の改良 (navigation improvements) 以前には、 滝線 (fall line) は急流 (rapids) や滝 (water falls) の理由から一般に河川航行の上限であり、 例えば、ポトマック川のリトル・フォールズがあった。 多くの都市が川と滝線の交差部に作られた。 US ルート 1 は滝線の都市の多くを接続している。

カナダ