ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Golden Horn Metro Bridge - Wikipedia

金角湾メトロ橋: Google map

金角湾メトロ橋 (Golden Horn Metro Bridge)

金角湾メトロ橋 (トルコ語:Haliç Metro Köprüsü) はイスタンブール地下鉄の M2 線にある ケーブル支え橋 (cable-stayed bridge) で、トルコとのイスタンブールの金角湾に架かっている。 橋はイスタンブールのヨーロッパ側のベイオール地区 (Beyoğlu) とファティ地区 (Fatih) を接続し、 ガラタ橋 (Galata Bridge) とアタテュルク橋 (Atatürk Bridge) の中間にあり、 アタテュルク橋から 200 m (660 フィート) ほど東にある。 これは金角湾を横断する 4 番目の橋で、2014 年 2 月 15 日に任務に就いた。 橋は (M2 線の北端の) サルイエル地区 (Sarıyer) の Hacıosman メトロ駅と (M2 線の南端の) ファティ地区のイェニカプ駅 (Yenikapı) の交通中心地 (transport hub) を直接接続することを可能にしている。

金角湾メトロ橋、ガラタ塔が写真の
左端に見え、後方にガラタ橋が見える。
イスタンブールにおける位置
  1. プロジェクト
  2. 建築
  3. 論争
プロジェクト

一般協議事項における橋プロジェクトの外見は 1952 年までさかのぼる。 市のモニュメント保護委員会による地下鉄の承認と、地下鉄に関連するトンネルの完成後に、 金角湾にかかるメトロ橋の建設入札が「イスタンブール都市圏」 (Metropolitan Municipality) により呼びかけられた。 2005 年までに、全部で 21 の提案が 「モニュメント保護委員会」 に提出され、 このいずれもが市のスカイラインと十分に調和していなかった。 建築家のハカン・キラン (Hakan Kıran) による成功したデザインは 最初から議論を呼んだ。 2009 年 11 月に、塔の高さが当初計画された 82 m (269 フィート) から 65 m (213 フィート) に削減された。 これは元々の高さではイスタンブールがユネスコの世界遺産から 取り除かれる恐れがあったからである。 ケーブルのトップ・レベルは 63 m から 55 m (207 フィートから 180 フィート) に変更され、 後の 2011 年 7 月に更に 47 m (154 フィート) に 引き下げられた。この修正案は 2012 年 2 月に承認された。

2013 年 2 月に建設中の金角湾メトロ橋
後方にアタテュルク橋が見える。

橋の概念デザインはフランスの技術者で橋の専門家である ミッシェル・ヴィルロジェ (Michele Virlogeux) により実施され、 ヴィルロジェは現在イスタンブールのボスポラス海峡で 建設中のヤウス・スルタン・セリム橋 (Yavuz Sultan Selim Bridge, 第 3 ボスポラス海峡橋) のデザインもした。 トルコの建築家であるハカン・キランは建築デザインと建築監督の責任を負った。 橋の構造工学の仕事をしたのは Wiecon Consulting Engineers & Architects である。 橋を建設したのはイタリアの Astaldi SpA とトルコの Gülermak Ağır Sanayi İnşaat ve Taahhüt A.Ş. によるコンソーシアムであった。 建設は 2009 年 1 月 2 日に開始し、 当初は 600 日以内に完成する計画であった。 建設期間が延長され、橋は 2013 年 1 月 9 日に完成した。 橋におけるメトロ線の試験走行は翌日に始まり、 橋は 2014 年 2 月 15 日に営業を開始した。 建設経費は €14670万 であった。

周辺の歴史的性質から、プロジェクトは地下鉄線の配置に関連して、 幾つかの修正を被った。 橋脚基礎の掘削工事の最中にウンカパニ側の堤防 (Unkapani bank) にビザンチン時代のボールト (vault, 丸天井の部屋) が発見されたことにより、 プロジェクトのデザインのやり直しを余儀なくされた。 旋回橋の操作員の建物も修正されなければならず、 これはビザンチン時代の聖堂と墓が同じ堤防に明るみに出たからであった。

建築

ケーブル支え橋は Azapkapı (ベイオール地区) とウンカパニ (ファティ地区) の間で全長が 963 m (3,071 フィート) であり、 水面上の長さは 460 m (1,510 フィート) である。 2 つの塔の間の最長スパンは 180 m (590 フィート) である。 この両側に高架橋があり、これが橋を金角湾の両側の地下鉄のトンネルに接続している。 9 本のケーブルが 2 つの塔の両側にハープ・デザインで接続され、 高さ 47 m (154 フィート) で開始している。 軟弱な岩盤を抑制するために直径 1,800 mm (72 インチ) と直径 2,500 mm (98 インチ) の鋼のパイプの杭が、ヨーロッパで提供され、 油圧ハンマーを使用して、 30 m (98 フィート) 以上深く、地面に打ち込まれている。 2 つの鋼製の支持塔は高さ 65 m (213 フィート) である。 各塔は 9 本の杭のグループの上に設置され、 一方 (これ以外の) 橋脚は 4 本の杭あるいは 5 本の杭の上に建設された。

橋は金角湾の南岸と北岸のベイオール
地区とファティ地区を接続している。
スレイマニエ・モスクとバヤジット塔が
後方に見える。
橋の南の塔と後方の
スレイマニエ・モスク

14.6 m (41 フィート) 幅の橋は中央で 2 本の地下鉄軌道を通し、 4.4 m 幅の側道が双方向に通り、 海面上の高さは 13 m (43 フィート) である。 路面は高さ4.45 m (14.6 フィート) のボックス・ガーダーである。

ウンカバニ側では、長さ 120 m (390 フィート) の旋回橋 -- 本質的にはカンチレバー構造 -- が大型船を通すことを可能にしている。 旋回橋には 50 m (160 フィート) と 70 m (230 フィート) のスパンがあり、 これが中央橋脚に設置されている。 旋回橋は橋と海岸線の間の段 (プラットフォーム、platform) の 制御室でコントロールされ、持ち上げられてから 4, 5 分で 90° 回転して、およそ 40 m (130 フィート) 幅の (水平) 余地が提供される。 計画されていることは、旋回橋は夏場には 1 週間に 1 度 1:00 から 5:00 の間に開放し、 冬場には 1 週間に 2 度、同じ時間帯に開放することである。 橋の灰色は周辺の写真を広範囲に調べて決定されたものである。

訳注
旋回橋の軸: Google map のフォトスフィア

長さ 180 m (590 フィート) のプラットフォームを備えた駅 -- 8 両編成の列車が停車するのに適したもの -- が橋の中央にある。 この駅は橋の主スパンの全長にまたがり、長さ 90 m (300 フィート) の屋根が付いている。 このメトロ駅の色彩は淡褐色 (light brown) である。 橋を越えるメトロ線は毎日およそ 100万人 の乗客を輸送することが期待されている。

橋の上の M2 線のハリッチ・メトロ駅
訳注
ハリッチ (Haliç) はトルコ語で河口の事で、金角湾を指す。
論争

金角湾メトロ橋の建設はそのデザインに関して幾つかの反対に直面した。 多くの市民はもとよりの事、 建築者協会 (Chamber of architects) と市の計画者は ユネスコによって承認された元々の計画が許可なく変更されたことを批判している。 架台のデザインと数が変更され、 これにより市の歴史地区のスカイラインが変わった。 橋脚は承認されたものよりも高かった。 メトロ駅が橋の中央にあり、 論理的な機能がないと議論された。 というのは橋の中央で列車を降りることは異常だからであった。 しかし、どちらの地域の堤防にも出口があり、 それぞれの地域に貢献することができる。