ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hanford Mill - Wikipedia

ハンフォード・ミル: Google map

ミル (mill) は動力源 (水力、風力、蒸気) が一ヶ所にある工場の事。 製粉用の穀物ミル (gristmill) は工場と見なさない方が多いが、処理量がとても多いので、 これも工場と見なすと理解しやすい。

ハンフォード・ミル (Hanford Mill)

ハンフォード・ミル博物館 (Hanford Mill Museum) はケルソー・ミル (Kelso Mill) とも呼ばれ、 歴史的な製粉ミル (grist mill) 且つ製材所 (sawmill, 鋸ミル) で、 ニューヨーク州 デラウェア・カウンティ (Delaware County) のイースト・メレディス (East Meredith) にある国の歴史地区 (national historic district) である。 この地区 (district) は 9 棟の貢献建物と、3 つの貢献構造がある。 この複合施設には自然設備と構造設備のどちらも含まれている。 これにはコートライト川 (Kortright Creek) をダム化したミル池 (Mill Pond) からの ミル水路 (mill race) があり、 ミル池が給水するのは:  水車 (waterwheel)、 池が溢れた時の放水路 (spillway)、 昔のニューヨーク中央鉄道の軌道区間 (New York Central Railroad)、 コートライト川を横断する 2 本の鉄道橋、 そして幾つかの建物である。 主な構造は 1820 年代にさかのぼるミルの建物で、 1870 年代、1880 年代、そして 1890 年代に増設された。 4 階建ての木枠の構造はおよそ長さが 150 フィート、高さが 120 フィートである。 施設に含まれるのは 1 階建ての倉庫で、 穀物エレベーター (grain elevator) と貯蔵施設がついている。 これは現在は博物館として操業し、 1973 年に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された。

ハンフォード・ミル博物館 ニューヨーク州における位置
出荷を待つバター桶 (tub) の
木造の蓋、ニューヨーク、
イースト・メレディスの
ハンフォード・ミル博物館
ラインシャフト・ベルトの修理道具、
破損箇所の周りを切り取って、
この装置を使用して、別のベルトの
短い区間からつぎはぎを作る。
水力によるラインシャフト
走らせる。
ラインシャフトのプーリー
2 つの半分に分離することに注意、
ライン・シャフトへの取り付けが
可能となる。
色々な大きさのラインシャフト
のプーリー
ミル池越しに見た
ハンフォード・ミル博物館
ウィリアム・ミケル (William Mickel)
の特許の樽上部の切断機