ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hollycombe Steam Collection - Wikipedia

ホリークーム蒸気コレクション: Google map

ホリークーム蒸気コレクション
(Hollycombe Steam Collection)

ホリークーム蒸気コレクションは ハンプシャー (Hampshire) のリップホック (Liphook) の近くに拠点を持つ、 蒸気動力の車両、(遊園地の) 乗り物、呼び物のコレクションである。 コレクションには移動遊園地の乗り物、農家の展示、そして 2 本の鉄道がある。

ビッグ・ホイールの頂上
から見た遊園地の一部
  1. 歴史
  2. 呼び物
  3. 狭軌鉄道
  4. ミニチュア鉄道
  5. 標準ゲージ鉄道
  6. 蒸気エンジン
歴史

収集された日は 1940 年代末にさかのぼり、この時司令官ジョン・ボールドック (Commander John Baldock) は英国の生活から急速に消え失せている蒸気 トラクション・エンジンの幾つかを保存しようと決意した。 1960 年代初頭までに、彼は道路車両を随分獲得し、(今度は) 移動遊園地の乗り物を収集しようと開始した。 1960 年代末に、彼は再び興味を拡張して、鉄道施設を保存することにした。

コレクションは間もなく一般に公開され、ハンプシャーの主要な観光の呼び物となった。 終にコレクションが非常に大きくなったため、1 人の人間が保守することが不可能となり、60 年代末に 施設を閉鎖しなければならないことを決意した。

コレクションを操業するためにボランティアにより協会が作られた。 これは成功し、コレクションは増え続けた。 1999 年始めに慈善トラストがコレクションの大半を引き継ぎ、「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) で 資金繰りをした。コレクションは現在では慈善トラストにより操業されている。

呼び物
エドワード朝遊園地 (Edwardian Fairground)

エドワード朝遊園地は 1870 年代とそれ以後に起源を持つ完全な蒸気遊園地 の乗り物から構成される。 乗り物には:ティドマン (Tidman) 一隻の蒸気ボード (single Steam Yacht)、 ラズルダズル (RazzleDazzle) は一台の空中新乗り物で、回転動作と傾き動作があった。 S. フィールズ蒸気サーカスは 1868 年から 1872 年に建設されて、 機械的に駆動される遊園地の乗り物としては現存する最古のものである。 遊園地には、1セットの蒸気スイング、 ウォーカーのチェアー・オ・プレーンズ (Walker Chair o Planes)、ビッグ・ホイール (bigwheel)、 バイオスコープ・ショー (Biosccope Show)、 これは初期の旅行映画。乗り物は主に木造で、適切であれば蒸気で動力を与えた。 年齢を問わない乗り物があり、幾つかのオルガンと屋台の列により雰囲気が完成している。

注意
  1. ラズルダズル (RazzleDazzle) の動画: RazzleDazzle (YouTube) (後半部に外からの光景)
  2. 蒸気スイングは恐らく左右に揺れる船。
  3. 現代のチェアー・オ・プレーンズ (chair o planes) の動画: チェアー・オ・プレーンズ (YouTube)
ラズルダズル

現在の乗り物と呼び物は: -- 蒸気ヨット (Steam Yacht, 英国で唯一の蒸気ヨット、1911 年建造) -- ラズル・ダズル (Razzle Dazzle、 傾きと回転の 2 つの動作がある最初の乗り物、 ハウクロフト車両とワゴン工場 (Howcroft & Wagon Works) により 1906 年建設) -- 早かけ馬 (Galloper, 回転木馬、3 匹が横に並ぶギャロッパー、 ノリッジ (Norwich) のティドマン (Tidman) により 1912 年に建造) -- フィールド氏の蒸気サーカス (Mr Field's Steam Circus、 キングス・リン (King's Lynn, 地名) のサベッジ (Savage) により 1870 年代末に建造、 これは現存する世界最古の遊園地の乗り物) -- 蒸気スイング (Steam Swings, 乗り物は 6 隻のボートから成り、 1901 年のブラウン & メイ (Brown & May) の ポータブル・エンジンで、 頭上の ライン・シャフトにより駆動される) -- ビッグ・ホイール (高さ 50 フィート、ヘイズ組立会社 (Hayes Fabrications)) -- スチーム・チェアー・オー・プレーン (かっては 1 セットのギャロッパーであったが戦争で破壊された。 今やウォーカー (Walker) により 1910 年に建設されたチェアーズ・オー・プレーン (a set of chairs o planes)) -- バイオ・スコープ (バイオ・スコープ (Bioscope) は一番最初のフィルムを公衆に持ち込んだ旅行ショーに典型的なものであった) -- おばけ屋敷 (1915 年頃 オートンとスプーナー (Orton & Spooer) によって建設、 2017 年にサービスに復帰) -- オースチン・カーに乗る (Austin Car ride、1948 年 スーパーカー (Supercar) により建設) -- 子供周遊 (Juvenile Roudabout、 1930 年にオートン & スプーナー (Orton & Spooner) により建造、 サリー (Surray) のチェシントン動物園 (Chessington Zoo) で働き、 1985 年にホーリークームにより買収。) -- 子供のスイング・ボート (Children's Swing Boats, 1990 年建造) -- 子供のチェアー・オ・プレーン (Juvenile Chair O Planes)

農場

農場には、広範囲な時代物 (vintage) の蒸気動力の農場装置があり、 これには以下が含まれる: プラウ・エンジン (ploughing engine)、 脱穀機 (threshing machine), 梱包装置 (baler)、 また固定蒸気エンジンで、 ラインシャフトにより小さな機械を駆動するものがある。

蒸気鋸 (製材所, sawmill) はこの場所で使用される木材の切断に使用され、 大きなセミ・ポータブル・エンジンであるロビー蒸気エンジン (Robey Steam Engine) によって駆動される。 そばには外輪船のカレドニア (Caledonia) のエンジンがある。

鉄道

ここには 2 つの鉄道がある: 狭軌ゲージの鉄道とミニチュアの鉄道がある。 第 3 の標準軌道が以前は操業していたが現在は見捨てられている。

狭軌鉄道

ホリークームの狭軌鉄道は 北ウェールズのディノーウィック砕石場 (Dinorwic slate quarry) から購入した装備を使用して、 1967 年に開始した。 砕石場では最近広大な内部鉄道システムを見捨て、 司令官ボールドックは蒸気機関車のジェリー M (Jerry M) を 多量の軌道と何台かのワゴン (貨車) と共に手に入れた。 建設が 1968 年に開始し、砂岩の砕石場に 1971 年に到達した。 2 フィート (610 mm) の狭軌は後に拡張されて、ループを含むようになり、 これにより軌道の長さが現在の 11/2 マイルになった。 第二の蒸気機関車のカレドニアは 1968 年に購入された。

ジェリー M, ホリークームでの
保存前にディノーウィックを走る。
ホリークームの狭軌鉄道駅

5 両ある客車の 4 両はラムズゲート断崖鉄道 (Ramsgate Cliff Railway) が閉鎖する時に購入し、5 番目の客車は同じデザインでホリークームで建造した。

機関車
名称 建設者 型式 日付 工場番号 備考
ジェリー M Hunslet 0-4-0ST 1895 年 638 元ディノーウィック採石場、元々 Vaenol
と命名されたが、後に砕石場の所有者に
属している競走馬がレースに勝ってから
ジェリー M と命名し直された
(任務に就いていた。)
カレドニア Barclay 0-4-0WT 1931 年 1995 元バーンホープ貯水池 (Burnhope
Reservoir)鉄道で後にディノーウィック
砕石場。砕石場では No. 70 と命名。
(任務から外された。ボイラーは
セバーン峡谷鉄道のもの)
Jack Ruston
Hornsby
4wDM
ミニアチュア鉄道

ホーリークームにおけるミニチュア鉄道は 71/4 インチ (184 mm) のゲージに設定されている。

ルート

ミニチュア鉄道は製材所 (sowmill) の駅を出発し、 ゲートを通って登り、 掘割を通り抜ける。鉄道は頂上に達して、左に曲がる。 遊園地が左にあり、森の庭が右にある。 鉄道は次の別の掘割に向かい、この前に 360度 のループを抜けて盛土の上に出る。 鉄道は 5 インチ・ゲージの鉄道と並走して駅に入る。

エンジン
標準ゲージ鉄道

標準ゲージ (4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm)) の鉄道が製材所 (sawmill) と農場の間の 1/3 マイルを走っていた。 途中で遊園地を通過した。 鉄道には蒸気機関車が 1 台しかなかった:

ホーソン - レスリー 0-4-OST
コマンダー B
蒸気エンジン

コレクションには 30 以上の異なる蒸気エンジンがある。 エンジンの幾つかは展示されていない。 というのは場合によっては 100 年以上も経過している古いエンジンで、定期的な保守作業をして、 仕事をさせる必要があるからである。

トラクション・エンジン

ホリークームには多くのトラクション・エンジンがあり、幾つかは開放日に、 畑を耕したり、脱穀機を動かしたり、遊園地で人を乗せたりする。

ショーマンのエンジン

ショーマンのエンジンは遊園地の乗り物に動力を与えるために使用される。

ショーマンのエンジン エンペラー
が発電機を駆動
蒸気トラクター

蒸気トラクター (トラクション・エンジンで小さなもの) は人を乗せるのに使用される。

農業エンジン

これらの農業エンジンはプラウ (ploughing) と脱穀機を駆動するのに使用される。

ポータブル・エンジン
ポータブル・エンジンを参照。

この型式のエンジンは農業機械を駆動するのに使用される。

ロード・ローラー
蒸気ローラーを参照。
中央およびオルガン・エンジン