ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Inverarnan Canal - Wikipedia

本文の内容から、インバーアーナンが交通の要衝であった時代があることがわかります。 疑問になったので リーブン川、ダンバートンシャーも付け加えました。 ローモンド湖は蒸気ボートの時代にはリーブン川によってクライド川と接続していたようで、これが交通の要衝となった原因かもしれません。

Breadalbane (/brəˈdɔːlbən/、発音) のカナ表記を ブレダルバン としました。 しかし、ブレダルベイン、ブレドオルベンのような表記もあるようです。

インバーアーナン運河 (Inverarnan Canal)

インバーアーナン運河 は短い運河で、スコットランドのインバーアーナン村落の Garbal で終了していた。 この水路は、かって、 アルト・アーナン・バーン (Allt Arnan Burn, ファロック川の支流) にあるインバーアーナンの馬車宿 (coaching inn) -- 現在のドロ―バーズ・イン (Drovers Inn) -- をファロック川 (River Falloc) に接続し、乗客は南に進んで ローモンド湖 (Loch Lomond) に至り、 ついにはバロック (Balloch) に至ることができた。 インバーアーナンから駅馬車 (stagecoach) がスコットランド南部の色々な目的地まで走っていた。

訳注
  1. Garbal は後で登場する Garabal のことかもしれません。一般に英語版の Wikipedia では文献からそのまま引用していることが多く、 元々の文献の綴りをそのまま記載していることがあります。
  2. Allt Arnan Burn の Burn はスコットランドの小さな川 (small stream, brook) の意味です。 Allt は恐らく Scottish Gaelic (スコットランドのゲール語、元々のスコットランドの母国語) の川の意味です。 (allt - Wiktionaryを参照。) Scottish Gaelic は LearnGaelic - Dictionaryに発音が聞ける簡単な辞書があります。
インバーアーナンのドロ―バーズ・イン
  1. 歴史
  2. 建設とインフラ
  3. 蒸気ボート
  4. 凋落
  5. ルート
  6. マイクロ・ヒストリー (Micro history)
歴史

300 年前からの宿があるインバーアーナン村落は、 スコットランド、スターリング・カウンシル地域 (council area of Stirling) の A82 道路沿いにあり、 ローモンド湖 (ここにファロック川が流入する) の北端の アーガイル・アンド・ビュート (Argyll and Bute) のアードルイ村落 (hamlet of Ardlui) の 2.5 km 北にあって、 クリアンラリッチ (Clianlarich) のおよそ 10 km 南西にある。

運河は蒸気船の所有者である デイビッド・ネイピア氏 (Mr. David Napier) と ジョン・マクマリック氏 (Mr John McMurrick) の支援で私的に建設され、 ファロック川のコースでローモンド湖に至る、時には浅い水域、砂利の堤防、屈曲部を蒸気船が避けるためのものであった。 インバーアーナンに至る便利な直接旅行を可能にするためのものでもあり、 またインバーアーナンは駅馬車の停車場所で、 ドロ―バーズ・イン (drover's inn, 家畜商人宿) でもあり、 ここでは飲食物 (refreshmen) と宿泊設備なども提供されていた。

ランサム (Ransom) が述べることでは運河はブレダルバン侯爵 (Marquis of Breadal bane) の出費で掘削され、 彼は宿の施設も改良し、グレンファロックのキャンベル (Campbell of Glenfalloch) から土地を借りた。

郵便、物資、そして乗客が輸送され、 駅馬車が最初はインバーアーナンから、キリン (Killin)、バラチュリッシュ (Ballachulish) に至り、 後には インヴァネス (Inverness)、アバーフェルディ (Aberfeldy)、 オーバン (Oban、/ˈoʊbən/、 発音)、 及びクリーフ (Crieff、/kriːf/、発音) に走った。

建設とインフラ

建設は 1842 年に開始した; しかしながら、非常に湿った天候と豪雪を伴う厳しい冬によって、運河は 1844 年まで完成しなかった。 これはわずか 530 ヤード、あるいは 485 m の長さで、水門がなかったのにもかかわらずのことであった。 ニュー・ガラバル (New Garabal) における転回ベイシンには短い桟橋があり、 宿の南に、およそ 300 ヤード、あるいは 274 m しか離れていなかった。 アルト・アーナン・バーン (Alt Arnan Burn) からのレイド (lade, スコットランドの水路) あるいは水路は 展開ベイシンに給水されていることが示され、 この川のもっと最近の運河地域への流入では、このもっと一般的な地域になっている。 レンガ積み (brick work) は盛土 (もりど) で良好な状態であると言及されている、 もっとももはや視認できない (2016 年のデータ)。 運河の使用で、船舶が課金されたか否かは不明である。

ベイシンの近くの運河の光景 運河の堤防の建設の詳細
蒸気ボート

ロック・ローモンド (Loch Lomond、ローモンド湖) はファロック川とインバーアーナン運河を航行した 最初の蒸気ボートであり、1844 年にはインバーアーナンと運河は完全に宣伝され、 インバーアーナンのニュー・ガラバル桟橋 (New Garabal pier) への定期運航が完全に確立していた。 蒸気ボートの ウォーター・ウィッチ (Water Witch) が運河を使用したことが記録されている。 当時オーバン (Oban) からグラスゴーまで、馬車、蒸気ボート、列車により 1 日で到達することが可能であった。

ランサム (Ransom) の述べることによると、 侯爵が株式を持ち、運河を使用した最初の会社は ニュー・ローモンド湖蒸気会社 (New Lochlomond Stema Company) で、ここがウォーター・ウィッチを使用した。 蒸気ボートは年中走ったが、冬には週に一回のみで、キリン (Killin) と フォート・ウィリアム (Fort William) への定期馬車 (coach service) を使用する乗客は特別な値下げ料金を要求できた。 運河を使用する利便性は広告が大きな役割を演じた。

凋落

運河の水位は時には低すぎて、ガラベル・ベイシンとブロック川の出入り口は砂利が堆積しやすかった。 蒸気ボート会社の競争はいつも問題であった。 もっとも 1845 年までに 「新ローモンド湖蒸気ボート会社」 (New Lochlomond Steamboat Company) と 「ローモンド湖蒸気ボート会社」 (Lochlomond Steamboat Company) が合併した。 しかしながら、カランダ―・オーバン鉄道 (Callander (/ˈkæləndər/) and Oban Railway) が 1870 年に キリン (Killin) まで開通したことにより、ローモンド湖を経由した北方への通り抜け輸送が終了した。 というのは、乗客にとりグレノーグルヘッド (Glenoglehead) もしくはタインドラム (Tyndrum, /taɪnˈdrʌm/、発音) で 駅馬車に乗る方がもっと便利になったからである。 蒸気ボートがインバーアーナン港ベイシンまで行くのを終了した最後の時は不明である。 というのは 「ローモンド湖北端」 (Head of Loch Lomond) の一般用語が 出版された時刻表でしばしば使用されたからである。

残存したもの

運河自身は無傷であり、木々は覆いかぶさっているが、水が満ちている。 港と転回ベイシンはアルト・アーナン・バーン (Allt Arnan Burn, 川の名) で運ばれる砂利で詰まり、 川はここを通りぬけている。

ルート

インバーアーナン・ターミナル (Inverarnan terminus) はガラバル (Garabal) におけるボートの転回場所で、 インバーアーナン宿 (Inverarnan Inn) の近くにあり、 これは今ではドロ―バーズ・イン (Drovers Inn) と呼ばれている。 ベイシンから、運河はほぼ直線の南向きのコースを取り、 西側のアルト・アーナン・バーンの曲がったコースと、東側のファロック川屈曲部の間を進む。 浚渫により、蒸気ボートは昔のガラバル波止場 (old Garabal landing) に到達できたが、これは水位が十分に高く、潮流と風速のような他の条件が適切な場合である。

ニュー・ガラバル・ベイシン
マイクロ・ヒストリー (Micro history)
訳注
マイクロ・ヒストリー (Micro history) は難しい意味があるようですが、単にここでは小史の意味で使用しています。

1856 年に、蒸気船舶の調査官はローモンド湖の蒸気ボートの適切な保守のためには 現場のドライ・ドック (dry dock) あるいはスリップ (slip) が必要であると布告し、 同じ年にインバーアーナン運河の運河ベイシンのドライ・ドックで開始することになった。 正当な価格と適切な場所の土地が、この選択をあり得ないようにしたようで、 1,2 ヵ月の作業の後で、計画がスクラップにされ、ルス (Luss) がその代わりに選ばれた。

運河は歴史的なブレダルバン地区 (Breadalbane area) でかって建設された 唯一の運河であった。 1/4 マイルの長さのインチファッド運河 (Inchfad Canal) が、 ローモンド湖の同名の島で 19 世紀に建設され、ここに合法的に設立された 蒸留酒製造所の任に就いた。

1880 年 - 1881 年に、ファロック川を横断する橋がアードルイ (Ardlui) の近くで計画され、 建設が開始した; しかしながら、ブレダルバン伯爵などに率いられたグループが工事を停止させることができ、 その根拠はローモンド湖蒸気ボート会社の船舶がインバーアーナンに向けて、 ファロック川を遡上できなくなるからであった。 もっとも、このような定期運航は 10 年程以上前に終了していた。 未完成の橋は今なお 2 つの大きな石の橋脚として視認できる。