ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Las Médulas - Wikipedia

ラス・メドゥラス: Google map

ラス・メドゥラス (Las Médulas)

ラス・メドゥラス (スペイン語の発音 [laz ˈmeðulas]) は エル・ピエルソ行政区 (commarca of El Bierzo) にある ポンフェラダの町 (town of Ponferrada) の近くの歴史的な金山である。 (この行政区はスペイン、 カスティーリャ・レオン州 (Castile and León) の レオン県 (province of León) にある。) これは全ローマ帝国において最も重要な金山であると同時に、 最大の露天掘り金山であった。 「ラス・メドゥラス文化的景観」 (Las Médulas Cultural Landscape) は UNESCO により世界遺産の場所 (World Heritage Site) として登録された。 2014 年に実施された先進的な航空測量では、 LIDAR を使用して、広い範囲のローマ時代の作業跡が確認された。

ラス・メドゥラス カスティーリャ・レオン州に
おけるラス・メドゥラスの位置

ラス・メドゥラスの壮観な景色はルイナ・モンティウム (山崩し (wrecking of the mountain)) の 結果であり、これは AD 77 年に 大プリニウス (Pliny the Elder) により叙述されたローマの金山テクニックである。 駆使されたテクニックはある種の水力採掘 (hydraulic mining) であり、 これには大量の水で山を削ることが含まれた。 水は盆地間を輸送して供給された。 少なくとも 7 基の長距離水道 (aqueduct) がラ・カブレーラ地方 (La Cabrera district、 ここでは山中の雨量が比較的多い) の (複数の) 川の水を、ある範囲の高度で取り入れた。 同じ水道 (aqueduct) は広大な堆積金鉱床 (alluvial gold deposits) を洗浄するのに使用された。

ヒスパニア・タラコネンシス (Hispania Tarraconensis) の地域は 皇帝 アウグストゥス (Augustus) により BC 24 年に征服された。 ローマの征服以前に、土着の住民が堆積鉱床 (alluvial deposits) から金を得ていた。 大規模な生産は AD 1 世紀の後半まで開始しなかった。

  1. 鉱山テクニック
  2. 文化的景観 (Cultural landscape)
鉱山テクニック

大プリニウス (Pliny the Elder) は AD 74 年にこの地域の プロクラトル (procurator, 行政官) で、 水力採鉱のテクニックを記述した。これはラス・メドゥラスで直接見たことに 基づいている可能性がある。

起きることは巨人の仕事をはるかに凌駕する。 山々の坑道 (corridor and gallery) の掘削は持続するランプの光で実施され、 これにより交代時間を測った。 何ヵ月も坑夫たちは日の光を見ることがなく、 多くのものはトンネルの中で亡くなる。 この種の鉱山はルイナ・モンティウム (ruina montium、山崩し) の名称が与えられた。 石のもつれに作られたひび割れは非常に危険なため、 岩に傷をつけるよりも、海の底で purpurin や真珠を見つける方が易しい。 我々は大地をどれほど危険にしたことか。

大プリニウス (Pliny) は浅瀬テーブル (riffle table) の上で小さな流れにより、 鉱石を洗浄して重い砂金を集めることを可能にする方法を述べている。 地下採掘の詳細な議論が続き、 これは一旦、堆積砂鉱床 (alluvial placer deposit) が取り尽くされ、 主脈 (mother lode) が探求され発見された時である。 多くのこのような深い鉱山がラス・メドゥラスの周辺の山々に発見された。 採掘は鉱脈上部の水道 (aqueduct) とタンクの建設で始まることになり、 ハッシングと呼ばれる方法が表土の下の鉱脈をさらけ出すのに使用される。

ラ・カラブレーラ (La Cabrera)
における岩を切った水道
ラス・メドゥラスの冶金の町の
オレリャン (Orellán)
(BC 2 世紀 - BC 1 世紀)
内部の道路

このようなシステムの 1 つの遺構がドライコシ金山 -- サウス・ウェールズにおける小規模なもの -- で、良く調査された。 露天掘りの方法は火付け (fire-setting) により追及された。 火付けは岩の面で火を起こし、水で急冷することが関連する。 次に弱体化した岩を機械的に壊して、破片を水の波で押し流した。 すべての露天掘り作業が非経済的になった時にのみ、 トンネルと階段採掘 (stope) で鉱脈を追求した。

大プリニウス (Pliny) が更に述べることによると、 20,000 ローマ・ポンド (6,560 kg) の金が毎年抽出されことである。 開発には、60,000 人の自由労働者 [訳注:奴隷ではないの意味] が関連し、 250 年間で 5,000,000 ローマ・ポンド (1,640,000 kg) の金がもたらされた。

文化的景観 (Cultural landscape)

水道 (aqueduct) の一部分は急こう配の場所になお良く保存され、 これには幾つかの岩を切断した銘文が含まれる。

ラス・メドゥラスの研究はクロード・ドメルグ (Claude Domergue) により大半が実施された (1990 年)。 しかしながら、この地域の系統的な考古学的調査は 1988 年以来、 「科学研究のためのスペイン会議の社会構造と領域・景観考古学」 (Social Structure and Territory-Landscape Archaeology of the Spanish Council for Scientific Research (CSIC)) の研究グループにより実施された。 その結果、ラス・メドゥラスは単にテクニックがある金山ではなく、文化的景観となり、 ローマの鉱山のすべての意味が明らかとなった。 この地域中のローマ以前、及びローマの集落の調査と発掘により、 新しい歴史的解釈が可能となり、ローマの鉱山の研究を随分豊かにした。

これらの系統的な研究の有益な結果によって 1997 年にラス・メドゥラスが世界遺産の場所に 含まれた。 それ以来、文化公園 (Cultural Park) の管理がラス・メドゥラス財団により監視され、 財団には地元、地方、国の利害関係者が、公的なものも私的なものも含まれる。 現在、ラス・メドゥラスは歴史遺産に適用された良好な研究管理協会の実例としての役割を果たしている。

ラス・メドゥラスの通路の 1 つ 日没のラス・メドゥラス
ラス・メドゥラスのパノラマ、右に見えるトンネルの端にバルコニーがある。