ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Metheringham Windmill - Wikipedia

メザーリンガム風車: Google map ストリートビュー

メザーリンガム風車 (Metheringham Windmill)

メザーリンガム風車は地元では「オールド・メグ小麦粉風車」 The Old Meg Flour Mill と呼ばれ、6 階建て、6 枚帆の、 タールを塗ってほっそりとしたリンカンシャー形式の風車で、 典型的な白い玉ねぎ形のキャップにファンテールが付いていた。 これは 1867 年に建設され、穀物から小麦粉を製粉することに使用された。 リンカンの南のノース・ケスティーブン (North Kesteven) の同名の村の小牧場にあり、 リンカンシャーの多くの、ステージの付いた背の高いレンガ製の塔風車の 1 つで、今では使用されていない。

メザリンガムの使用されていない風車と管理小屋

風車は完全な鉄の装備、4 組の臼石 (ミルストーン (millstones)) を駆動する 6 枚のサットン (Sutton) 特許帆、 そして、そばに管理小屋 (mill house) があるが、 決して順調ではなかった。 風車は 4 枚までの帆を失い、これは交換されなかった。 残りの帆はうまく調整して、均衡を取った。 6 枚の帆から開始して、後に 4 枚、2 枚、終に 3 枚となり、1930 年頃に 60 年の仕事を終了した。1942 年までに独特な 3 枚帆をした風車を見ることができた。

これに続く年に残りの帆がなくなり、1961 年の後にはキャップと風車軸がなくなった。 タールのコーティングは今では塔から擦り切れて、205 層からなるレンガ細工の異常な縞模様を自由に 見ることができる。 鉄のステージの痕跡は風車の第 2 フロアー (3 階) に見ることができるが、 帆の衝突による被害から好ましくない状態である。

風車には公的な出入りの権限がなく、風車の中の機械の痕跡を調査することができない。