ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pont Julien - Wikipedia

ポン・ジュリアン: Google map ストリート・ビュー PhotoSphere

ポン・ジュリアン (Pont Julien)

ポン・ジュリアン (Pont Julien, ジュリアン橋 (Julian Bridge) の仏語) はローマの石造アーチで、 フランス南東でキャラボン川 (Caravon river) にかかり、BC 3 世紀のものである。 支持柱は洪水が通り抜けることができる開口部の理由から顕著である。 これはボニュー・コミューン (commune of Bonnieux) に属し、 同名の村の北にあって、アプト (Apt) の西 8 km にある。 元々、これはヴィア・ドミティア (Via Domitia) に建設され、この道路はイタリアとフランスにおけるローマの 領地を接続するものであった。 これは 2005 年に至るまで車両交通に使用され、この時、交代の橋が建設されて、 この橋を摩耗から保護することになった。 この橋は中断されることなく、およそ 2000 年間使用された。

ポン・ジュリアン フランスにおける位置
ギャラリー
ポン・ジュリアンの光景 アーチの 1 つの下側の光景 現代的な橋がこの橋の
上流でキャラバン川を横断
古い葉書の橋の光景 キャラバン川の水の無い
川床と橋の主アーチ
3 月のポン・ジュリアン