ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Lee Flood Relief Channel - Wikipedia

以下でリー川洪水軽減水路 (FRC) の地図を表示します。 FRC はハードミード水門から表示しており、リー川は薄い桃色で表示し、洪水軽減水路は緑色で表示しています。 重なっている箇所は少し見づらくなります。

リー川洪水軽減水路の地図
リー川洪水軽減水路の地図の kml ファイル

Google の地図は現状 (2018 年 4 月現在) では間違いがあります。 「70 エイカー湖」(Seventy Acre Lake) を 「フックズ・マーシュ湖」(Hooks Marsh Lake) にしており、 「フックズ・マーシュ湖」 には記載がない。

注意
River Lee valley: Seventy Acres Lake - Geograph Britain and ...に掲載の 陸地測量部の地図 (Ordnance Survery map) を参照。Ordnance Survey map の地図は有料ですが、 表示領域を狭くした場合にはホームページに掲載できるようです。

リー川洪水軽減水路の地図; Google map

リー川洪水軽減水路
(River Lee Flood Relief Channel)

リー川洪水軽減水路 (FRC, River Lee Flood Reflief Channel) はリー川流域にあり、 ハートフォードシャー州ウェア (Ware) とイースト・ロンドンのストラトフォートの間を流れている。 大規模な洪水の後の 1947 年に水路の工事が開始し、1976 年までに完全に運転可能となった。 水路は既存の水路、湖、そして新しい水路を組み込んだ。 水路はリー川流域貯水池群 (Lee Valley Reservoir Chain) に給水している。

  1. デザイン
  2. コース
デザイン

洪水防衛は洪水の特定レベルが一定の期間に越える確率により評価され、 従って、「100 年の洪水」 は 100 年に一度起きることが予測される水位を表している。 これは、しばしば 1% 保護と呼ばれる。 1947 年の洪水レベルは 1.4% で起きると評価され、 洪水水路が始めてデザインされた時に、この洪水レベルに対処するように建設された。 これが 1976 年に建設されて以来、リー川流域には大規模な洪水がなかった。 もっとも河川システムの容量が事実上一杯になった時があった: 1987 年、1993 年、及び 2000 年。 完成以来、構造により提供される保護レベルは低下し、ある地域では 2% の保護を提供し、ある地域では 5% の保護しか提供しない。 環境庁は 2008 年に戦略的環境評価を出版し、リー川流域で洪水防御を維持するための方法を考えている。

ルート
ハートフォードシャー州とエセックス州

FRC (洪水軽減水路) のウェアにおける開始点では、水路はリー水路 (Lee Navigation) に組み込まれている。 FRC はハードミード水門 (Hardmead Lock) とスタンステッド水門 (Standtead Lock) を通り抜け、 これらは高水位に対処するために自動導水路ゲート (sluice gate) が設置されている。

ファイルズ堰 (Feildes Weir) の洪水軽減水路

ファイルズ堰 (Feildes Weir) で並行する水路が建設された [訳注:ここで FRC がリー水路から分岐する]。 水路は次に 120 エイカー (49 ヘクタール) の グレン・ファバ湖 (Glen Faba Lake) をかすめ、ドブズ堰道路 (Dobbs Weir Road) の下を通過し、 ネイジング・ミーズ複合湖 (Nazeing Meads lake comples, 2 つの湖) のノース・ラグーン (North Lagoon, 湖) に進入し、 ネイジング堰 (Nazeing Weir) でサウス・ラグーン (South Lagoon、湖) を離れる。

ネイジング・ミーズの
セントラル・ラグーンの水路
ネイジングの B194 道路橋
の下流の水路

水路は進み続けてネイジング道路 (Nazeing Road, B194 道路) の下を通り抜け、 ホリーフィールド湖 (Holyfield Lake) で、リー川カントリー公園 (River Lee Country Park) を 通り抜け、ホリーフィールド堰で外に出る。 スタッビンズ・ホール・レーン (Stubbing Hall Lane) の下を通り抜け、 フィッシャーズ・グリーン (Fishers Green) で旧リー川と合流する。 70 エイカー湖 (Seventy Acre Lake) と次にフックズ・マーシュ湖 (Hooks Marsh Lake) をかすめ、水路はホースミル川 (Horsemill Stream) に組み込まれ、 この川はウォルトンズ・ウォーク (Waltons Walk) とも呼ばれる。 水路は (昔の) 王立火薬工場 (Royal Gunpowder Mills) の 自然な境界となり、この時水路は ウォーザン・アビー (Walthan Abbey) の近くのデイビッド・ストーカー導水路 (David Stoker sluice) の機械的に制御された放射ゲート (radial gates) を通り抜ける。 さて水路は (1 ヤードしか離れずに) リー水路を平行に流れ、 最初に A121 道路の下を通り、 「ラミー湿地導水路」 (Rammy Marsh sluice) -- 計算機制御された 3 つの垂直持ち上げ導水路ゲート (vertical lift sluice gates) -- を通り抜け、 次に M25 自動車道路の下を通って、コビンズ川 (Cobbins Brook) と合流し、 その後で 「ニューマンの導水路」 (Newman's Sluice) -- 計算機制御された 4 つの垂直持ち上げ導水路ゲート (vertical lift sluice gates) -- を通り抜ける。

広域ロンドン (Greater London)

水路はラミー湿地 (Rammy Marsh) を横断して、かっての王立小兵器工場 (Royal Small Arms Factory) の東の境界となり、この工場は現在はエンフィールド・アイランド・ビレッジ (Enfield Island Village) と呼ばれる団地である。

手前のリー川洪水軽減水路とリー川
が合流して、エンフィールド・インランド・ビレッジ
の下流でリー川迂回路となる。キング・ジョージ V 貯水池
の東の境界線の周りに流れ込む前。

更に、下流で水路はリー川と合流し、 人工のコンクリート堤防の 「リー川迂回路」 (River Lee Diversion) となり、 キング・ジョージ貯水池 (King George V Reservoir) -- リー川流域貯水池群の最初のもの -- の東の境界をかすめ、次にウィリアム・ガーリング貯水池をかすめる。 川は エンフィールド・ロンドン自治区 (London Borough of Enfield) と ウォルサム・フォレスト・ロンドン自治区 (London Borough of Waltham Forest) の境界で、ミドルセックスとエセックスの間の歴史的な境界である。 ノース・サーキュラー道路 (North Circular Road) の下、そして バンベリー貯水池 (Banbury Reservoir) を通って、 水路は 「リー川迂回路」 から分離して、トッテナム湿地 (Tottenham Marshes) を 横断し、貯水池のそばを通過する: ロックウッド貯水池 (Lockwood Reservoir)、 ハイ・メイナード貯水池 (High Maynard Reservoir)、 そしてロー・メイナード貯水池 (Low Maynard Reservoir)。 水路は最初はフォレスト道路 (Forest Road, A503 道路) の下を通り、 次にゴスペル・オーク・バーキング線 (Gospel Oak to Barking line, 訳注:鉄道) の下を通り、 水路はウォルサムストー貯水池 (Walthamstow) をかすめ、 ウォルサムストー湿地 (Walthamstow Marshes) の近くを通る。 水路はコッパーミル・レーン (Coppermill Lane) の下を通過して、 リー川流域線 (訳注:鉄道) の下を通過し、リー・ブリッジ道路 (Lea Bridge Road) -- A104 道路の一部 -- に近づく。 水路はハックニー湿地 (Hackney Marshes) を横断して、暗渠を通り抜けて、 オールド・リー川 (Old River Lea) と合流し、これは ニュー・スピタルフィールズ・マーケット (New Spitalfields Market) のそばである。 水路はイーストウェイ道路 (Eastway) の下を通過し、A115 道路 (カーペンターズ道路) の下を通過し、 ストラトフォードのカーペンターズ水門の下流でウォーターワークス川 (Waterworks River) に合流する。 水路はプレスコット水路 (Prescott Channel) そしてボウ・クリーク (Bow Creek) を通り抜けて、 リーマス (Leamouth) でテムズ川に到達する。