ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Stott Park Bobbin Mill - Wikipedia

ストット・パーク糸巻ミル: Google map

ミル (mill) は動力源 (水力、風力、蒸気) が一ヶ所にある工場の事。 製粉用の穀物ミル (gristmill) は工場と見なさない方が多いが、処理量がとても多いので、 これも工場と見なすと理解しやすい。

ストット・パーク糸巻ミル
(Stott Park Bobbin Mill)

ストット・パーク糸巻ミル は 19 世紀の糸巻ミル (bobbin mill, 糸巻工場) で、 今では動作する博物館 (working museum) となり、 イングランド、 カンブリア (Cumbria)、ニュー・ブリッジ (New Bridge) の近くにある。 このミルは 1835 年に建設され、 レイク・ディストリクト (Lake District) にある 65 ヶ所以上の 同じような建物の 1 つで、 主にランカシャーとヨークシャーにあった機織りと紡績産業に木造の糸巻を提供した。 今日ではこの建物は イングリッシュ・ヘリテッジにより所有・経営されている。

ストット・パーク糸巻ミル 水平蒸気エンジン、ミルのライン・シャフト
を駆動、ブリッグハウス (Brighouse) の
グッダー・レーン (Gooder Lane) 製鉄所
の W ブラッドリ (W Bradley) により建造
  1. 歴史
  2. 動力
  3. 地名学 (Toponymy)
歴史

ミルの最も初期の部分は 1835 年にジョン・ハリソン (John Harrison) により建設された。 彼は地元の地主で、それ以前にロー・ストット・パーク農場 (Low Stott Park Farm) を相続し、これにミルを建設した 土地が含まれていた。 これは糸巻製造に特に建設された少ないミルの 1 つと思われている。 というのは他のミルは別の建物から転換されたからである。 当時、木造糸巻には成長し続ける木綿と繊維の産業からの大きな需要があり、 レイク・ディストリクト (Lake District) は豊富な自然資源 -- 動力源としての水、糸巻のための雑木林 -- により、糸巻製造の完全な場所を提供した。 ミルを投機的事業として建設して、 ハリソン (Harrison) と後継者は、これを一連の受託者に貸し出した。

1850 年代に、ミルはカワード一族 (Coward family) のメンバーに貸され、 彼らはアンブルサイド (Ambleside) の近くのスケルウィズ・ブリッジ (Skelwith Bridge) の近くの資産と、 ケンダル (Kendal) の近くのクルックランズ (Crooklands) に糸巻ミルを所有していた。 糸巻産業が技術変化と 1860 年代の「木綿飢饉」 (Cotton Famine, 過剰生産 + 南北戦争) により脅かされ、レイクランド (Lakeland) の他のミルが閉鎖している時に、 一族はミルを拡張した。 1869 年のレイクサイド (Lakeside) 鉄道の建設では、駅が 1 マイル以内であり、 疑いもなく、ストット・パーク (Stott Park) が他よりも発展し得る場所となった。

カワード一族 (Coward) は 1920 年代までミルを借り続けたが、この時 £4,000 でハリソン地所 (Harrison) から、 これを購入した。 彼らは 1971 年にミルが閉鎖するまで、事業経営を継続した。 この時、ろくろ産業 (woood turning industry) はプラスチック製品の増大で 非常に凋落した。

レイク・ディストリクト (Lake District) に残存する数少ない糸巻ミルの 1 つとして、 これは 1973 年に古代モニュメント一覧 (Scheduled Ancient Monument) として登録され、取り壊しと改造から守るため、この場所は 1974 年に 環境省 (Department of Environment) に購入され、 1983 年に イングリッシュ・ヘリテッジ (English Heritage) の管理に手渡され、 レイクス・アート・トラスト (Lakes Art Trust、湖アート・トラスト) と共同で経営する博物館として開館した。 今日、博物館は イングリッシュ・ヘリテッジのみによって経営されている。

動力

ミルの動力は初期には直径 24 フィートの水車で提供された。 ロジャー・ハイツ (Roger Heights、ロジャー高地) から西に流れるベック (beck:(北イングランドの) 川 (とりわけ速く、堤防がきついもの)) が、ミル自身の後ろにあるミル池 (mill pond) に注いでいた。 水車は後に水力タービン (water turbine) で取り換えられ、 追加の貯水池が作られて水を提供した。 もっとも著名なものにハイ・ダム (High Dam) があり、 これはレイク・ディストリクト国立公園 (Lake Distric National Park) により所有されている人気の高い景勝地である。

1880 年代にブリッグハウス (Brighouse) のブラッドリの会社 (Bradley's) により建造された小さな固定蒸気エンジン が設置されて、水位が夏に下がった時に動力を供給した。 このエンジンは、糸巻製造工程の廃物を使用して走り、 1941 年に電気が通じるまで使用され続けた。 ミルの機械はなお 1940 年の電動モーターで動力を供給され、 蒸気エンジンは 1 年を通じて、週末によっては訪問客のために動いている。

2014 年に、ストット・パーク糸巻ミル (Stott Park Bobbin Mill) はカンブリア観光賞 (Cumbria Tourism Award) で 最良の「小さな観光名所」 (visitor attraction) のタイトルを受賞し、 更に続けて 2015 年の 「イングランド訪問優秀賞」 (Visit England Award for Excellence) で銀賞を受賞した。

地名学 (Toponymy)

ストット・パーク (Stott Park) の名称はカンブリア (Cumbrian) の方言であるストット (stott) -- 雄牛 (bullock or young ox) -- に由来する。 ハイ・ファーネス (High Furness) の全領域は中世にはファーネス修道院 (Furness Abbey、溶鉱炉修道院) に所属し、 この時期、あるいは近世初期に土地がパーク (park) として囲い込まれ、若い牛や牽引動物 (draught animals) の放牧地であった。