ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Sundial Bridge at Turtle Bay - Wikipedia

日時計橋: Google map

タートル・ベイは地名です。

タートル・ベイの日時計橋
(Sundial Bridge at Turtle Bay)

日時計橋 (タートル・ベイの日時計橋とも呼ばれる) は 自転車と歩行者用のカンチレバー・スパー・ケーブル支え橋で、 米国カリフォルニア州レディング (Redding) で、サクラメント川に架かり、 大きな日時計になっている。 サンティアゴ・カラトラバによりデザインされ、$23,500,000 の経費で 2004 年に完成した。 橋はレディングの偶像となった。

日時計橋
  1. 位置
  2. 日時計
  3. デザイン
  4. 予算
  5. 観光
  6. メディアでは
  7. ピンク日時計橋
位置

日時計橋は 「タートル・ベイ探検橋」 (Turtle Bay Exploration Park、タートル・ベイ・エクスプロレーション・パーク) の北と南の地区への進入路を提供している。 公園は複合施設で、環境博物館、美術博物館、歴史博物館、及びマコーネル樹木園・庭園 (McConnell Arboretum and Gardens) を含んでいる。 橋は 「サクラメント川トレイル」 (Sacramento River Trail) の入口にもなっている。このトレイルは 35 マイル (56 km) の長さのトレイルで、 2010 年に完成し、川の両側に沿って延び、橋をシャスタ・ダム (Shasta Dam) に接続している。 漁師のドリフト・ボート (drift boat) がサケ、ニジマス (steelhead trout, rainbow trout) の釣りの最中に橋の下を通過するのが見受けられる。 遠くにはシャスタ山 (Mount Shasta) がかろうじて見える。 シャスタ・バリー山 (Shasta Bally) がサクラメント川の上流の西の方に見える。

日時計

橋の支持塔 (support tower) は単一の 217 フィート (66 m) のマストを構成し、 角度を持ったカンチレバーが真北を指し、日時計のグノモン (gnomon) の役割を果たしている; 世界最大の日時計として宣伝されたが、 台北 101 と隣接する公園の付随する日時計のデザインの方がずっと大きい。 日時計橋のグノモンの影は橋の北の大きな盤面の上に落とされるが、 塔の影が正確なのは 1 年のうちでたった一日のみ -- 夏至の時、6 月 20 日あるいは 21 日 -- である。 時刻は 太平洋標準時で与えられる。影の先端は 1 分につき、およそ 1 フィート移動し、 地軸のまわりの地球の回転が裸眼でもみることができる。

日時計橋の盤面の印の 1 つ
デザイン

日時計橋はカンチレバー・スパー・ケーブル支え橋のデザインで、 スペイン、セビリアのアラミージョ橋のカラトラバの初期デザインに類似している。 この型式の橋は支持塔両側のケーブルの対象配置を使用して力を均衡させるのではなく、 42度の角度に設置されたカンチレバーの塔を使用して、ケーブル・ステーによる負荷を片側のみにかける。 このデザインによりスパーは曲げと捻じれの力に抵抗し、 スパーの基礎は転倒しないように抵抗する。 これは構造的に効率の良い橋ではないが、建築上のメッセージは劇的なものである。 橋は長さ 700 フィート (210 m) で、水に触れずに川を横断する。 これはデザイン上の要求事項で、 サケの産卵場を保護するためのものである。 ケーブル・ステーは橋の中東に設置されているのではなく、 大きい通路と小さな通路に橋を分割している。

橋のケーブルは全部で 4,342 フィート (1,323 m) あり、 イングランドで製造された。 日時計の盤面と支持塔の下の小さな広場はスペインの砕いた白いタイルで飾られている。 橋の路面にはケベックの半透明な構造ガラスの表面があり、 夜には下方から照らされて、 アクアマリン (aquamarine) に輝く。 橋の鋼の柱はワシントン州バンクーバーで製造され、 40 フィート (12 m) の区間に分割して、 レディングにトラックで輸送された。

橋の支持塔 夜の日時計橋
予算

日時計橋の計画は 1990 年代に始まった。 この時レディング市は川を横断する歩道橋に $300万 の予算を割り当てた。 しかしながら、カラトラバのデザインが 1996 年に選択されてから、経費がエスカレートし、 プロジェクトはレディング市内で論争の的になり、 医者、弁護士、そしてそれ以外の専門家の小さなグループが賛成したが、 他の住民はあまりに高いと考えて反対した。 彼らはもっと気取らない覆い橋 (カバード・ブリッジ) のデザインを好んだ。 橋は元々の計画より 3 年遅れて、$2350万 の経費で完成し、 資金はレディングに拠点を置くマコーネル財団 (McConnell Foundation) が提供した。 支出を正当化したのは橋がレディング地区の観光客を増やすであろうとした点で、 レディング地区には、もう一つの建築的驚異であるシャスタ・ダムも呼び物とされ、 橋の目的では成功であった。

観光

橋の開通式 (grand opening) に続く会計年度では、 橋に隣接するタートル・ベイ探検公園では観光客は 42% 増加した。 2011 年現在では、レディング市政担当官 (city manager) が述べる所では、 橋は 「商業と観光で、毎年何百万ドルもの価値を生み出している」。

メディアでは

橋はサーウェイ (Serway) とジューエット (Jewett) の一般物理学の教科書の表紙に描かれ、 橋の風と重力に対する抵抗を実演している。

ピンク日時計橋

2009 年に、ノア・カル・シンク・ピンク (Nor-Cal Think Pink) -- 乳がんの初期検知の重要性の意識向上に専念する非営利団体 -- はレディング市から、団体のシンク・ピンク・デーに 日時計橋をピンクに照らす許可をもらった。 このイベントは今では毎年開催されている。