ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

London Museum of Water & Steam - Wikipedia

「水と蒸気のロンドン博物館」: Google map

水と蒸気のロンドン博物館
(London Museum of Water and Steam)

水と蒸気のロンドン博物館 は 1975 年に 「キュー橋蒸気博物館」 (Kew Bridge Steam Museum) として設立された独立博物館である。

博物館はイングランド、西ロンドンのテムズ川のキュー橋 (Kew Bridge) の近くの 昔のキュー橋揚水所 (Kew Bridge Pumping Station) の場所にあって、 1820 年から 1910 年までの固定揚水蒸気エンジンのコレクションを中心にしている。 これは可動なコーンウォール・エンジンの世界で最大のコレクションの場所であり、 コレクションには 90 インチのグランド・ジャンクション (Grand Junction) が含まれ、 このような稼働なエンジンとしては世界最大である。 この場所は ヨーロッパ産業遺産の道 (ERIH, European Route of Industrial Heritage) のアンカーポイントである。

博物館は 2014 年 3 月 22 日に再スタートした。

水と蒸気のロンドン博物館 広域ロンドンにおける位置
  1. 歴史
  2. エンジン
  3. 鉄道
  4. 敷地
歴史

「キュー橋揚水所」(Kew Bridge Pumping Station) は元々 1838 年に グランド・ジャンクション水道会社 (Grand Junction Water Company) により開設され、 チェルシー (Chelsea) のより初期の揚水所を、貧弱な水質により閉鎖する決定に続くものであった。 1944 年に至るまで年々、この場所は拡張され、究極的には 6 台の 蒸気揚水エンジンを格納し、 更には 4 台のアレン・ディーゼル・ポンプ (Allen diesel pump) 及び 4 台の電動ポンプ・セットを格納した。 蒸気エンジンは 1944 年に任務から退役した。 もっとも 2 台は 1958 年までに予備として保管され、 1958 年にハーヴェイ社 (Harvey &. Co.) の 100 インチのデモ運転が、 この場所で蒸気力が飲料水を汲み上げる最後の時を記した。

大都市水道委員会 (Metropolitan Water Board) は常駐蒸気揚水エンジンをスクラップにせずに、 後で博物館の展示の基礎になるように残しておく決定をした。 この行動は 1974 年に「キュー橋エンジン・トラスト」 (Kew Bridge Engine Trust) の設立で実を結んだ。 このトラストは登録慈善団体で、 以前にクロフトン揚水所 (Crofton Pumping Station) の復元に 関わったボランティアにより設立されたものであった。

今日、この場所は国際的に認められた可動蒸気揚水エンジンの博物館で、 ロンドンと英国中に広がっていた多くの揚水所を思い起こさせるものであった。 1999 年に、英国政府の 「文化・メディア・スポーツ省」 (Department for Culture, Media and Sport) はキュー橋 (Kew Bridge) を 「英国の給水産業の最も重要な歴史的場所」 として記述した。

登録慈善団体である「キュー橋エンジン・トラスト & 給水博物館有限会社」 (Kew Bridge Engine Trust and Water Supply Museum Limited) は 3 つの目的がある:

  1. キュー橋 (Kew Bridge) の場所の 5 台の歴史的ビーム・エンジンを復元 (そして保守) すること。
  2. 他の重要な給水エンジンを追加すること
  3. ロンドンの給水博物館を設立すること

1997 年に博物館は アメリカ機械学会 (ASME、American Society of Mechanical Engineers) と 英国の機械技術者協会 (IMechE, Institute of Mechanical Engineers) により 技術遺産賞 (Engineering Heritage Award) を授与された。 2 回目の IMechE の技術証明 (Engineering Hallmark) は 2008 年にブル・エンジン (Bull engine) の復元で授与され、 博物館はこのような賞を 1 つよりも多く達成したわずか 12 ヶ所の 1 つになった。

エンジン

博物館は世界で最大の コーンウォール周期ビーム・エンジン (Cornish cycle beam engine) のコレクションを収集し、これには最大の可動ビーム・エンジンである 「グランド・ジャンクション 90 インチ」 (Grand Junction 90 inch) を含み、 98 年間ロンドンに水を汲み続けた。 これは チャールズ・ディケンズ (Charles Dickes) により怪物 (monster) と記述された。

博物館は幾つかのこれ以外の可動 コーンウォール周期ビーム・エンジン (Cornish cycle beam engine) とこれ以外の可動蒸気エンジンも持ち、 更には 3 シリンダー・アレン・ディーゼル・エンジン (Allen diesel engine) があり、これも 公開され、しばしば運転している。

蒸気の入口と出口のバルブ、
90 インチ ビーム・エンジン

博物館の揚水エンジンの完全リストは以下である:

博物館は特定のイベントの日 (selected event day) には、 1860 年のシャンド・メイソンの消防車 (Shand Mason Fire Engine) を操業している。

鉄道

博物館は 2 フィート (610 mm) の狭軌鉄道も運営し、 2009 年には新しく建造されたレン・クラス (Wren Class) の蒸気エンジンが導入された。 鉄道は以前は借り受けた機関車で操業していた。 鉄道はキュー橋 (Kew Bridge) の場所のまわり 400 ヤードを走り、 客車は週末と他の特別なイベントの日に走っている。

蒸気エンジンのクロイスター (cloister、回廊) -- 借り受け中 --
が博物館の庭を通り過ぎる。

鉄道はキュー橋 (Kew Bridge) の浄水場 (waterworks) の元々の造作ではないが、 英国の主な浄水場で提供されている類似の施設に触発され、 とりわけ、元々ハンプトン (Hampton) とケンプトン・パーク (Kempton Park) の浄水場の間を 走っていた 大都市水道委員会鉄道 (Metropolitan Water Board Railway) に触発された。 後者の鉄道の小区間は今ではケンプトン蒸気鉄道 (Kempton Steam Railway) として操業され、 このような大きなサイズの蒸気鉄道に乗ることができるロンドンで唯一の他の場所になっている。 ここは復元において、「水と蒸気のロンドン博物館」から、とても気前の良い補助を恩恵として少々受けた。

機関車
機関車
名称
機関車
型式
建造年建造者製造
番号
備考
トーマス・ウィックスティード (Thomas Wicksteed)0-4-0 ST2009年 3906 カー・スチュアート社 (Kerr Stuart) のレン (Wren) クラスの蒸気機関車
アリスター (Alister)4w DM1958年リスター・ブラックストーン (Lister-Blackstone)44052ディーゼル機関車、以前はバラ湖 (Bala Lake) 鉄道
敷地

博物館の敷地は幾つかの、グレード I とグレード II の指定建造物 (listed building) を含んでいる。 元々のエンジン棟 -- ブル・エンジン、ボウルトン & ワット・エンジン、モーズリー・エンジン (Maudslay engine) の場所 -- は 1837 年に建設され、グレード I の指定建造物で、 大エンジン棟 (Great Engine House) も同様で、 ここは 90 インチ と 100 インチ を収容しており、 これは 1845 年と 1869 年に 2 部で建設されている。

ボイラー棟 (Boiler House) は今では回転蒸気エンジン (rotative steam engine) を収容しているが、 1837 年に建造され、 付属建物、門の建物 (Gatehouse) と境界の壁と共にグレード II の指定建造物 (Grad II listed) である。

付属建物には、 完全に可動なフォージ (forge, 鍛冶場)、 ベルト駆動の作業場が含まれ、 何人かの独立な芸術家と創作家により使用されている。

博物館のもっとも印象的な造作は、200 フィートの高さのビクトリア時代の 配水塔 (standpipe tower) である。 これは煙突ではない;  これは 2 本の垂直パイプを収容し、ここを通り抜けて水が汲み上げられ、 その後で、水が給水本管に入る。 イタリア風デザインのレンガの塔は 1867 年に建設され、 それ以前の開放金属格子の構造の代りになった。 これはグレード I の指定建造物 (Grade I listed building) である。

配水塔
テレビにおける使用

博物館は TV シリーズのエピソード (episode) の撮影場所になり、 これに含まれるシリーズは:  イーストエンダーズ (EastEnders)、 ザ・ビル (The Bill)、 ドクター・フー (Doctor Who) ("ダーレクの追憶" ("Remembrance of the Daleks")、 及び 産業時代 (Industrial Age) がある。 多くの音楽ビデオと フィーチャー映画 -- これには ジュード・ロウ (Jude Law) の クロコダイルの涙 (Wisdam of Crocodiles) が含まれる -- は無論の事、 ここは BBC の音楽ショーの トップ・オブ・ザ・ポップス (Top of the Pops) の 1991 年 - 1995 年のタイトル・シークエンス (title sequence) の撮影場所としても使用された。 2014 年に再スタートした後で、 博物館は TV シリーズの PREMature の 4 番目のエピソードの撮影場所になった。