ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Poldark Mine - Wikipedia

ポルダーク鉱山: Google map

以下の文中の Llechwedd Slate Caverns (シャクウァド・スレート洞窟) の Llechwedd はウェールズ語で発音がとても難しいです。 以下の発音からカナ表記を「シャクウァド」としました。 (カナ表記はいずれにせよ、随分かけ離れたものになるので、とりあえずの参考としてください。)

Llechwedd - YouTube

ポルダーク鉱山 (Poldark Mine)

ポルダーク鉱山は英国、イングランド、 コーンウォール (Cornwall) の ヘルストン (Helston) の町の近くにある観光アトラクションである。 これはコーンウォールのウェンドロン鉱山地区 (Wendron Mining District) と コーンウォールと西デヴォンの鉱山景色 (West Devon Mining Landscape World Heritae Site) の中にある。 この造作に含まれるものは: 古代のスズ鉱山の作業場 (workings) を通り抜ける地下の観光案内、 産業遺産の博物館、 コーンウォールの社会の歴史、 「古代モニュメント一覧」の 1 つ、 そして 川沿いの庭園である。

これはウェンドロン・フォージ (Wendron Forge) として 1972 年に開園し、 後にハペニー・パーク (Ha'penny Park) と呼ばれた。 この場所に古代のスズ鉱山が発見されてから、 これはウィンストン・グラハム (Winston Graham) のポルダーク (Poldark) 小説と 1975 年に始めて放送された BBC の TV シリーズにちなんで改名された。

鉱山はコーンウォールの鉱山史の権威である A. K. ハミルトン・ジェンキン (Hamilton Jenkin) により調査され、 彼はこれを、18 世紀に活発であったウィール・ルーツ (Wheal Roots) によるものとした。

元々の所有者であるピーター・ヤング (Peter Young) は 1988 年にポルダーク鉱山を売却し、 これに引き続いで、所有者が 2 人代り、人気が凋落した。 これは 2014 年に 2 回目の (管財人による) 管理下 (administration) におかれ、 この年にデイビッド・エドワーズ (David Edwards) により買収された。 彼はウェールズ (Wales) の フェスティニオグ鉄道 (Ffestiniog Railway) と シャクウァド・スレート洞窟 (the Llechwedd Slate Caverns) に関連していた。 彼が言ったことによると、 彼はポルダーク鉱山を野外博物館と歴史遺産センター (heritage center) として 保ちたいと望んだとのことである。

  1. 観光の呼び物の歴史
  2. この場所の周りのスズ採取の歴史
  3. メディアで
  4. 今日のこの場所
観光の呼び物の歴史
買収と初期の歴史

博物館と現在はポルダーク鉱山と呼ばれる鉱山は 1966 年夏に生まれ、 この時、 イギリス海兵隊 (Royal Marine) のピーター・ヤング (Peter Young) は週末の休暇中に、 トレニア (Trenear) 村落のオークションで、地元の鍛冶屋のウェンドロン・フォージ (Wendron Forge、forge = 鍛冶場) を買収した。 ヤング (Young) は直ちに隣接する土地をおよそ 3 エーカー獲得したが、 これは大きな家具屋によって分離されており、 この家具屋は元々乳製品販売所で、元々ウェンドロン・コンソール鉱山 (Wendron Consols mine, consols = コンソール公債) の一部であった。 彼はその後数年間、農業機械と産業機械を購入・修理した。 もっとも彼の目的は彼がその場でデザイン・製造した銅版画を売る事業を経営することであった。 この場所は 1971 年 6 月ウェンドロン・フォージ (Wendron Forge) として公開され、 その前に、洪水が起こりやすい地表が持ち上げられ、 施設が建設され、およそ 9 台の可動機械とエンジンが観光客を喜ばすために設置された。

グリーンズプラット (Greensplat) ビーム・エンジン、2008 年

1972 年に、30 インチのビーム・エンジンが今では消滅した グリーンズプラット村 (Greensplat) から手に入れ、 ここでこのエンジンはセント・オーステル (St. Austell) の近くの陶土立て坑 (china clay pit) で 240 フィートの深さから、 1 分間に 500 ガロンのスラリー (slurry, 懸濁液) を汲み上げていた。 エンジンは 1959 年に停止した時に、コーンウォールで商用任務で働いていた最後のものであった。 エンジンは 1850 年のもので、この時エンジンはバニー・スズ鉱山 (Bunny tin mine) で建造された。 1972 年に、ボランティアのチームが技術者のピーター・トレロア (Peter Treloar) の指示の下で、 ポルダーク鉱山 (Poldark Mine) で再設置するのに 8 ヵ月かかった。 1973 年の春までに、エンジンは圧縮空気で操業していた。

1980 年代に、アトラクションはハペニー・パーク ("Ha'penny Park") と呼ばれた。

訳注
Ha'penny は Happy + penny の造語と思われる。
ピーター・ヤングの後

ピーター&ジョゼ・ヤング (Peter and Jose Young) は引退してスペインに行き、 ポルダーク鉱山 (Poldark Mine) をジョン・マクラウド (John McLeod) に売却した。 かれはこれが 1999 年に管財人による管理を受けるまで経営した。 2000 年に資産はリチャード・ウィリアムズ (Richard Williams) により設置された会社により購入され、 報告されていることによると、彼は 「努力をすべてつぎ込んで、これを観光客にとり、 ヨーロッパで最も趣きのある地下の鉱山経験に開発しようとした。」 この時点では、アトラクションの 1 つは「夕方の幽霊見学」 (Evening 'Ghost Tours') であった; この場所は結婚式を開催する免許をもっていた; そして、これはウェールズの「スラウエルノグ銀鉛鉱山」 (Llywernog Silver-Lead Mine) と姉妹関係にあった。

2007 年のこの場所の入口

2012 年のウィリアム (William) の死亡に引き続き、 アトラクションは再び人気が退潮し、2014 年に (管財人の) 管理下 (administration) になった。 この年早く、資産は売りに出され、目標価格は £350,000 であった。 これはデービッド・エドワーズ (David Edwards) によって購入され、 彼はウェールズの フェスティニオグ鉄道 (Ffestiniog Railway) と シャクウァド・スレート洞窟 (the Llechwedd Slate Caverns) に関わっており、 鉱山の修理・修復の工事が直ちに開始した;2014 年 5 月に再開した。

この場所の周りのスズ採取の歴史

この場所は、Carnmenellis の花崗岩の露頭 (granite crop) の上のコバー川 (Rive Cober) の谷にある。 谷の峡谷はかってはスズの鉱石がとても豊富であった、 というのは多くの鉱石を含む鉱脈を含む非常に深い堆積岩が上に重なり、 これが地質学的時間に広範囲に侵食されたからである。 川の砂利と砂に集められた、重い鉱石の小石と粒子が、そのうち、豊かなスズを含む地面となり、 これが花崗岩から流れる峡谷の大半の表面近くに見つかる。

この豊かな鉱石が古代に始めて回収・処理された証拠は「トレニア臼石」 (Trenear Mortar Stone) で示され、ポルダーク鉱山 (Poldak) Mine の入口の近くにある。 これは花崗岩の露頭で、上面に 17 のくぼみがあり、ここでスズの鉱石が手で粉砕された。 正確な年代は不明であるが、これは先史時代後期 (BC 2000 年頃から AD 43 年) のものと思われている。 これは南西イングランドでこのような既知の臼の唯一の実例であり、 2009 年に 「古代モニュメント一覧」 (scheduled monument) に指定された。

公爵領、恐らくはコーンウォール全体で、最初の機械化されたスズの粉砕ミル (stamping mill) は トレネリー・ウォラス (Trenere Wolas) (現在のロウアー・トレニア (Lower Trenear)) で文書に記録され、 これは 1493 年に自由人のジョン・トレネリー (John Trenere) により所有されていたことが確認されている。 1650 年までに、トレネリー・ウォラス (Trenere Wolas) で記録されている産業建築物は拡張されて: 1 つのクレイジング・ミル (crazing-mill, スズの鉱石を細かくするミル)、 2 つの粉砕ミル (stamping-mill)、 及び送風棟 (blowing-house) になった。

1970 年代に発見された鉱石作業場は A. K. ハミルトン (Hamilton) により、 ウィール・ルーツ (Wheal Roots) と呼ばれる古いスズ鉱山のものとされ、 これは、恐らくは 1720 年代と 1780 年の間に作業場であった。 1856 年までに、これはウェンドロン・コンソール鉱山 (Wendron Consols mine) の一部となり、 この鉱山の表面図では「古い作業場」 ('old men's working') として表示され、 その時代でも非常に古いと見なされていたことを意味する。

鉱山は馬と水車を使用して作業され、すべての機会に動力を与え、そして鉱山から水を汲み上げた。 博物館には初期の「ボロきれと鎖」ポンプ ('rag and chain' pump) の残骸があり、 鉱山の水を汲み上げる蒸気の時代よりも前に使用され、 鉱山が 1970 年代に再発見された時に見つけられた。 ポンプは木の幹から作られた木造パイプの列から構成され、この中を通して、大きな無限鎖が引っ張られた。 鎖には間隔をあけて「ぼろきれ」が結び付けられ、パイプの中を引っ張ると、水が鉱山から汲み上げられた。

「ホース・ウィム・シャフト」(Horse Whim Shaft、whim = ウィム) では、 シャフトの側面の花崗岩はキブル (kibble、バケツ) がこすれて滑らかになっている。 このシャフトは深さ 200 フィート以上あり、それ以上の深さは探検されていない。 博物館には、メイン・シャフトから発見された大きな鋳鉄と錬鉄のキブル (kibble, バケツ) を見ることができ、これは鉱山がスズの採掘で活発であった 18 世紀のものである。

19 世紀には、この場所はウェンドロン・コンソール鉱山 (Wendron Consols mine) の主な仕上げフロアーで占有されていた。 スズの鉱石が破壊・精製されたのはここである。 スズの価格が 19 世紀末に下がった時に、多くの鉱山が閉鎖された。 もっとも 1893 年の記録があり、これによると蒸気機械 (steam-work) はその時にトレニア (Trenear) でなお活発であった。

メディアで

ポルダーク (Poldark) の本の著者であるウィンストン・グラハム (Winston Graham) は鉱山の名前としてポルダークを使用する許可を与えた。 彼は彼の本の幾つかをポルダーク鉱山で始め、 これには 2002 年の最後のポルダークの本があり、彼の死の前年であった。

女優のアンガラード・リーズ (Angharad Rees) は 1970 年代の BBC テレビの衣装ドラマのポルダーク (Polark) で、 主役のデメルザ (Demelza) を演じたが、 2012 年の死に至るまで、鉱山と庭園を定期的に訪問した。 ポルダーク鉱山には彼女の記念碑があり、子息により捧げられた。

BBC はピーター・ヤング (Peter Young) に近づいて、1977 年のポルダークのシリーズの幾つかのシーンのロケで 鉱山を使用した。」 これには幾つかの地下の一連のシリーズが含まれていた。

「鉄仮面の男」 (The Man in the Iron Mask) は 1977 年のテレビ番組の中で、 ウェンドロン・フォージ (Wendron Forge) でマスクを製造させて、身に付けた。 それ以外の大半のロケはフランスであった。 別の、より短い、BBC のシリーズの「ペンマリック」 (Penmarric) は 1979 年にこの鉱山で撮影された。

この場所の最も最近の撮影は 2014 年の夏に、 BBC のポルダークの新シリーズのためにあり、2015 年に放送された。

今日のこの場所

鉱山と博物館はユネスコの世界遺産の場所 -- コーンウォールと西デヴォンの鉱山景色 (Cornwall and West Devon Mining Landscape) -- の一部分である。

2015 年現在、ポルダークは 18 世紀の本物の鉱山の地下見物に公開されている英国で唯一の完全な鉱山で、 公開するために (毎日 30,000 - 40,000 ガロンの比率で) 揚水している コーンウォールで唯一の鉱山である。