ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Tjasker - Wikipedia

チャスカー風車は排水を目的にする風車で、 従って風力ポンプの 1 種です。

チャスカー風車 (Tjasker)

チャスカー風車 (tjasker、西フリースラント語:jasker、独語: Fluttermühle) は小さな形式の風車 (windmill) で、排水目的のためにのみ使用される。 単純な構造が特徴的で、 一本の傾いた軸の造作があり、 この一方の端に帆があって、もう一方の端に アルキメデスのスクリューがある。 このようにして、歯車の必要性を避けている。、 チャスカー風車 (tjasker) は典型的な フリースラント州の風車として普通に知られている。 もっとも、これは他のオランダの州 (province) と北ドイツにも見られる。

オッセンゼイル・チャスカー (Tjasker Ossenzijl)
  1. 歴史
  2. 説明
歴史

チャスカー風車は 16 世紀末にかけて、どこかで開発されたと思われている、 もっとも、その発明の決定的な日付は知られていない。 チャスカー風車の全盛期の総数も不明である。 この風車は小さな区画の土地を排水するために使用されたが、 簡単に移動できるため、泥炭の採掘場所でも使用が見受けられた。 ミルライトである、ヒートホールン (Giethoorn) の R. W. デイクスマ (Dijksma) はチャスカー風車の建造で良く知られている。 彼は 1910 年と 1945 年の間に 400 基から 500 基のチャスカー風車を建造した、 しかしながら、この数には手動の アルキメデスのスクリューが含まれている。 20 世紀の前半にチャスカー風車はほとんど完全に消えうせた、というのは 金属製の風力ポンプ (windpump) と競争できなかったからで、 こちらの方がもっと実用的であったからである。 というのは後者は風の方向を向き、管理の必要性がなかったからである。 最後のチャスカー風車が 1935 年に設置され、1963 年までにオランダにわずか 3 基が残っていた。 この年に、自然保護と文化史 (cultural history) の観点が登場して、デ・ウェーリッベン (De Weerribbes) に新品の チャスカー風車が設置されることになった。 それ以来、湿地に水を汲み上げるためと、文化的なモニュメントとして、幾つかの新しいチャスカー風車が 建造された。 現在、オランダに 28 基のチャスカー風車があり、ドイツに 6 基のチャスカー風車がある。

訳注
ウェーリッベン=ウィデン国立公園はデ・ウェーリッベンとデ・ウィデンから構成されている。
説明

チャスカー風車には唯一の木造の風車軸 (millshaft) があり、ここに すべての機械が搭載されている。 この軸はおよそ 30° の角度で傾き、木枠で支えられている。 下端には アルキメデスのスクリューが搭載され、 部分的に水に沈んでいる。 スクリューはパイプの中で回転するのではなく、固定された容器 (encasing) があり、 これが更にデザインを単純化している。 軸の上端には 一般帆 (common sails) が搭載され、 差し渡しがおよそ 5 - 6 m である。 ある場合には帆布の代りに木造の羽根板 (slat) が使用される。 風車はブレーキ円板 (brake disk) の上で帯ブレーキ (band brake) を使用して停止でき、 円板は上端ベアリングの後方の軸に取り付けてある。

稼働するチャスカー風車の詳細
パールチャスカーとボックチャスカー (Paaltjasker and boktjasker)

風車全体を風に向けるために、回転する必要がある。 これを実現するために、2 つの形式のチャスカー風車が開発された。 最初の形式はパールチャスカー (paaltjasker、英語: post tjasker (柱チャスカー)) と呼ばれ、 風車は中央の柱で支えられ、この周りに回転する。 アルキメデスのスクリューは外側の円型の溝から中央の円型の溝、あるいはプール (pool、水たまり) に 水を汲み上げる。 スクリューは風車を動かしと円形に動き、従って円形の溝は 風車がどの方向を向いても機能することを可能にしている。 汲み上げた水が外側の円型の溝を横断する、勇往プールからの出口のみが、 風車がこの方向の逆に向くのを邪魔している。というのは スクリューが水の出口と衝突するからである。 2 番目のチャスカー風車の形式 -- ボックチャスカー (boktjasker、英語: trestle tjasker (架台チャスカー)) -- は、中央の柱の上で平衡を取っておらず、架台に支えられている。 下端の水没した支えは固定され、風車はこの点の周りに回転し、 一方で他の端が移動できる。 ここで、架台には固定された輪の上に、普通ローラーあるいはホイールが装備され、 回転を容易にしている。 このように建設して、 アルキメデスのスクリューは中央のプールから水を汲み上げて、 中央プールを取り囲んでいる円形の溝に放出 (deposit) している。 水は円形の溝の、パイプあるいは隙間で中央プールに導かれている。 構造的違いの上に、典型的なパールチャスカー (paaltjasker) のデザインは分解して他の場所に移動したり、 屋内に保存することを容易にしている、 もっとも最近はこの造作はほとんど利用されない。 ボックチャスカー (boktjasker) は大なり小なり、場所に固定されている。

ボックチャスカー (boktjasker) の実例、
アウグスティヌスガ (Augustinusga)
のチャスカー風車、2007 年
パールチャスカー (paaltjasker) の
実例、2009 年のイツ・ハイデンスキップ
(It Heidenskip) のチャスカー風車
スタートチャスカー (Staarttjasker)

チャスカー風車の 3 番目の形式は古い絵から再発見された。 これは風車を風の方向に向けるための尾部 (tail、テール) があり、 アルキメデスのスクリューではなく スクープ・ホイールがついている。 機能するモデルを建設してから、実物大のスタートチャスカー (staartjasker、英語: tail tjasker (テール・チャスカー)) の 再建が現在計画されている。