ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Parliament of Great Britain - Wikipedia
グレート・ブリテン議会
(Parliament of Great Britain)

グレート・ブリテン議会は、 イングランド議会とスコットランド議会の両方が 統一法 (Acts of Union) の批准後の 1707 年 5 月に作られた。 この法律 (Act) は新しく統一されたグレート・ブリテン王国を作り、 分離したイングランドとスコットランドの議会を解消し、 ロンドン市 (City of London) の近くの ウェスト・ミンスター宮殿 (Palace of Westminster) にあったイングランド議会の場所に、 単一の議会を作った。 この議会は一世紀近く継続し、 1800 年の統一法 (Acts of Union 1800) により、 分離したグレート・ブリテン議会とアイルランド議会を合併して、 単一の 英国議会 (Parliament of the United Kingdom) となり、 これは 1801 年 1 月 1 日に有効となった。

グレート・ブリテン王国の
王室紋章,1714 年 - 1800 年
ウェストミンスター宮殿、
ロンドン
  1. 歴史
歴史

1706 年の統一条約 (Treaty of Union) に引き続き、 条約を批准する統一法 (Acts of Union) がイングランドとスコットランドの両方を通過し、 これにより新しいグレート・ブリテン王国 (Kijgsom of Great Britain) ができた。 この法律 (Acts) により、 両方の議会が解消されて、新しい議会 -- グレート・ブリテン議会 (Parliament of Great Britain) と呼ばれる -- で交代され、以前のイングランド議会の場所に拠点を置いた。 イングランド議会の全ての伝統 (traditions)、手続き (procedures) そして議事規則 (standing order) が維持され、現職の当局者 (incumbent officers) も同様で、 イングランドを代表する議員は新しい組織の圧倒的多数を構成した。 新たに総選挙をすることが必要であるとも考えられなかった。 スコットランドの法律 (law and legislation) は分離したままで、新しい法律は今後新しい議会で 制定されることになった。

ハノーヴァー朝 (Hanoverian) の国王 ジョージ 1 世が 1714 年に、 1701 年王位継承法 (Act of Settlement 1701) を通して、英国の王位に就くと、 実際の権力は君主から離れ続けた。 ジョージはドイツの支配者で、英語が下手で、英国よりもヨーロッパ大陸の領土を統治することに 興味を持ったままであった。 従って、彼は権力を一群の大臣 (minister) に任せ、 この中で最も重要な人は サー・ ロバート・ウォルポール (Sir Robert Walpole) であった。 1727 年の統治の末期には彼の大臣達 -- 彼らは支援のために議会に依存しなければならなかった -- の地位は強固になった。 ジョージ 1 世の後継者である子息の ジョージ 2 世は父親の国内政策を遂行し続け、 政府に対する君主の支配を再確立する努力をすることがなく、 政府は議会によりしっかりと掌握された。 18 世紀末までに、君主はなお議会に対して随分と影響力があり、 議会はイングランドの貴族により 利益供与 (patronage) で支配されたが、 直接の権力行使をやめていた: 例えば、王室の同意 (royal assent) が保留された最後の時は 1708 年の アン女王 (Queen Anne) によるものである。 総選挙 (general election) では投票は〔不動産の〕自由保有権者 (freeholders) と地主に制限され、 選挙区は中世以来、ほとんど変化しておらず、 多くの腐敗選挙区とポケット選挙区 ("rotten" and "pocket borough") は (票を) 買うことができ、 一方、大都市には議席がなかった (unrepresented)。 但し、カウンティ (county、州) を代表する下院議員 (Knights of Shire) を除かれた。 改革者 (reformers) と急進主義者 (radicals) は議会の改革を求めたが、 フランス革命戦争 (French Revolutionary War) により、 英国政府は反対意見 (dissent) に抑圧的になり、改革に対する進展は立ち往生した。

ジョージ 2 世の後継者であるジョージ 3 世は王室の優位と絶対王政 (absolute monarchy) を修復しようとしたが、 彼の治世の終わりまでに、国王の大臣 (minister) -- 重要な変化を達成するためには議会の支援を必要とした -- の地位は、英国政府の役割に中心的となり、それ以後ずっとそうであった。

ジョージ 3 世の治世の前半中に、君主は議会 (Parliament) に対して、なお 随分と影響力があり、議会はイングランド貴族の利益供与 (patronage) と影響 (influence) で 支配されていた。 下院 (House of Commons) の大半の候補者は ホイッグ党 (Whigs) あるいは トーリー党 (Tories) であったが、 明白な党の方針 (party line) に沿って分裂するのではなく、 変化する利益提携を形成した。 総選挙では大半の場所で、票は土地建物 (property) の所有者に制限され、 選挙区は時代遅れで、 製造業の町の増大する重要性あるいは人口移動を反映しておらず、 腐敗選挙区あるいはポケット選挙区の議会における議席はこれを支配する豊かな地主から 買収できた。 ウィリアム・ベックフォード (William Beckford) のような改革者と ジョン・ウィルクス (John Wilkes) に始まる急進主義者はシステムの 改革を求めた。 1780 年に、改革のプログラム草案が チャールズ・ジェームズ・フォックス (Charles James Fox) と トマス・ブランド・ホリス (Thomas Brand Hollis) により作成され、 ウェストミンスター (Westminster) の有権者の小委員会により提出された。 これは チャーティスト (Chartists) により後に採用された 6 項目 (six points) の呼びかけを含んでいた。

アメリカ独立戦争 (American War of Independence) は、アメリカの 13 植民地が離脱して 自分達の独立国を形成することを防止することを求めた外交政策の敗北になった。 この政策はジョージ 3 世が熱心に唱導したもので、 1782 年 3 月に彼の敵対者により率いられた政権を任命することを余儀なくされ、 彼らは王室の利益供与 (patronage) を制限することを求めた。 1783 年の 11 月に、彼は上院 (House of Lords) における影響力を使用する機会を見つけ、 英国東インド会社 (Honourable East India Company) を改革する法案を敗北させ、当時の政府を解散して、 ウィリアム・ピット (小ピット) (William Pitt the Younger) を任命し、新しい政府を作らせた。 ピット (Pitt) は以前は議会 (Parliament) が自身を改革することを求めたが、 彼は国王が好きではない改革を長期間迫らなかった。 ピット (Pitt) が 1785 年 4 月にした腐敗選挙区の議席をロンドンとカウンティ (county、州) に再配分する提案は、 下院で 248:174 で敗北した。

1789 年のフランス革命の余波で、 ロンドン文通協会 (London Corresponding Society) のような急進的な組織が現れて、議会の改革を迫ったが、 フランス革命戦争が進展すると、 政府は、フランス革命の民主的平等主義の理想を真似た、懸念される国内混乱に対する広範囲な弾圧的な方法を取り、 改革への進展は何十年も立ち往生した。

英国議会 (Parliament of the United Kingdom)

1801 年に、 英国議会 (Parliament of the United Kingdom、連合王国議会) が、 1800 年の統一法 (Acts of Union 1800) により、 グレート・ブリテン王国 (Kingdom of Great Britain) がアイルランド王国 (Kingdom of Ireland) と統一されて、 「グレート・ブリテンとアイルランドの連合王国」 (United Kingdom of Great Britain and Ireland) ができた時に、 創設された。