ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Yates Mill - Wikipedia

イェーツ・ミル: Google map ストリート・ビュー

ストリート・ビューから、 水車の回転の力が水車の縁に作られた歯板から小さな歯車に伝達され、 これが水車の動力を外部に伝えていることがわかります。 水車の動力が大きくなると、水車の回転軸を経由して動力を伝達しようとすると、 回転軸をとても頑丈にする必要があり、現実的なことでなくなるためです。 (クオリー・バンク・ミル訳注:サスペンション・ホイールとリム歯車も参照。)

イェーツ・ミル (Yates Mill)

イェーツ・ミルは完全に復元された 1756 年の製粉所 (gristmill) で、 米国 ノース・カロライナ州 ラーリー (Raleigh, /ˈrɑːli/) の中心街 (downtown) の 南 5 マイル (8 km) にある。 これは ウェイク・カウンティ (Wake County) 中央の 「歴史的イェーツ・ミル・カウンティ公園」 (Historic Yates Mill County Park) の目玉である。 この公園は復元されたミルを呼び物にしている。 博物館のビジター・センターが焦点を合わせているのは、 製粉 (milling)、 この地域の博物学 (natural history)、 教室 (class room)、 大講義室 (auditorium)、 そしてノース・カロライナ州立大学 (North Cacolina State University) の教員と学生の研究空間; 20 エイカー (81,000 m2) の湖; 広範囲なハイキング道である。 公園は野生生物保護区 (native wildlife refuge) として管理され、 公園の文化的、自然的、そして農業的歴史遺産を研究・解釈する任務がある。

イェーツ・ミル、 米国の国の歴史登録材
(US National Register of Historic Places)
ノース・カロライナ州における位置
歴史

イェーツ・ミル (Yates Mill) は、 ウェイク・カウンティ (Wake County) の最古の建物の 1 つで、 地域の唯一の現存する可動な 製粉ミル (gristmill) である。 200 年近くの間、 水力ミルが製造したのは: 木材 (lumber)、 製粉した穀物と小麦、 そして カーディング処理したウール (carded wool) であった。 ミルがある場所は 1756 年 10 月にサミュエル・ピアソン (Samuel Pearson) によって測量され、 ノース・カロライナ植民地の領主 (Lord Propietors) の 1 人である グランビル伯爵 (Earl of Granville) によって彼に譲渡された。 元々のミルはこの頃に建設された。 ピアソン (Pearson) はどんどん所有地を増やし、1802 年に死亡したときに、600 エイカー以上を所有していた。 1819 年に累積した負債から、ピアソン (Pearson) の子息のサイモン (Simon) は ミルと周辺の土地を公売 (Sheriff's auction) で売却した。 著名なラーリー (Raleigh) の事業家で州立銀行 (State Bank) のディレクターである ウィリアム・ボイラン (William Boylan) はこの資産を購入し、 続く 30 年間に複数回ミルを現代化し、 1840 年代に鋸ミル (sawmill)を追加した。

1853 年に トーマス・ブリッグス (Thomas Briggs)、 ジョン・プリムローズ (John Primrose)、 そしてジェームス・ペニー (James Penny) はミルを手に入れた。 10 年後、南北戦争の最中に共同経営者はミルと周辺の 94 エイカー (380,000 m2)を ファーレス & ロクサーナ・イェーツ (Phares and Roxanna Yates) -- ジェームス・ペニー (James Penny) の義理の子息と娘 -- に 売却した。 フランクリン氏 (Mr. Franklin) の殺人にペニー (Penny) が関与したため、売却されたのかもしれない。 言い伝えによると、フランクリン (Franklin) は北軍の同調者で、 $700 の負債を支払わなかったため、 ペニー (Penny) に殺された。 1865 年に フランクリン (Franklin) の未亡人がラーリー (Raleigh) を占領した 連邦軍部隊 (Federal troops) に語ったと思われることは、 夫が死んだのは北軍 (Union) を支援したせいであることであった。 兵士たちは入り口に火をつけてミルを焼こうとした。 今日の焦げた木造梁は失敗した試みを示している。

イェーツと彼の子孫は 1948 年までミルを操業し、この時事業家の A. E. フィンリー (A. E. Finley) が 資産を手に入れた。 フィンリー (Finley) は家族と従業員が使用するためにミル池のそばに静養小屋 (retreat lodge) を建設した。 しかしながら需要がなかったため、古いミルは 1953 年に閉鎖された。 2 年後、ノース・カロライナ州立大学 (North Carolina State University) はこの資産を獲得して、 実験農場として使用するために大きな土地にまとめた。 ミルは 1989 年まで主に貯蔵庫として使用され、この時 「イェーツ・ミルの仲間」 (Yates Mill Associates) が法人化されて復元を 組織化した。 ミルは 1996 年にかろうじて破壊を免れ、この時ハリケーン・フラン (Hurricane Fran) の 降雨により 250 年間続いた石造ダムが決壊した。 1996 年に 「イェーツ・ミルの仲間」 (Yates Mill Associates) と 「ウェーク・カウンティ・リクリエーション及び開放スペース局」 (Wake County Parks, Recreations and Open Space) は 官民連携 (public-private partnership) をして、 ダムとミルを 574 エイカー (2.32 km2) の歴史・環境公園の一部分として修復した。 イェーツ・ミル (Yates Mill) は今では、「ラーリー歴史ランドマーク」 (Raleigh Historic Landmark) に指定されている。

イェーツ・ミル、1890 年- 1920 年頃 イェーツ・ミル池と
A.E.フィンリー・センター (A.E.Finley Center)
現在の使用

「イェーツ・ミルの仲間の法人」 (Yates Mill Associates, Inc.) が 1988 年に 修復努力を始めるまでは、ミルは数年間空き家のまゝであった。 このミルはオリバー・エバンス形式の 製粉ミル (grist mill) の実例の 1 つであり、 19 世紀中頃の状態に復元された。 穀物と小麦の製粉機械 (grinding machinery) はどちらも復元された。 ミルが 2006 年 5 月 20 日に公式に公開されて以来、何回かの穀物製粉が実施された。 ミルは歴史見学に頻繁に公開され、穀物製粉は特別な日に実演されている。

「イェーツ・ミルの仲間, Inc.」 (Yates Mill Associates, Inc.) がミルの復元に使用した寄付は: 政府機関、 ノース・カロライナ州立大学 (North Carolina State University)、 基金 (foundations)、 企業 (corporations)、 そして市民 (private citizens) が提供した。 ノース・カロライナ州立大学 (North Carolina State University) は 154 エイカー (0.62 km2) を 長期リースで提供し、 進行中の博物学 (natural history) の研究で公園を使用する予定である。

ウェーク・カウンティ (Wake County) は 16 エイカーの土地 (65,000 m2) を買収して公園に追加し、 「ノース・カロライナ州農業・消費サービス局」 (North Carolina Department of Agriculture and Consumer Services) は公園使用の ために隣接する土地区画への出入りを提供した。 「ウェイク・カウンティ公園・リクリエーション・開放スペース局」 (Wake County Parks, Recreation and Open Space Department) は この 574 エイカー (2.32 km2)の開発を監督している。 カウンティは 「教育・研究のための A.E.フィンリー・センター」 (A.E.Finley Center for Education and Research) の建設を監督し、 公園を操業するのに必要な人員と支援を提供している。 「イェーツ・ミルの仲間」 (Yates Mill Associates) は ミルの保守と実演の 組織化と資金繰りに個人の寄付とボランティアの助けを利用している。