ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bingley Five Rise Locks - Wikipedia
ビングリー 5 層水門
(Bingley Five Rise Locks)

ビングリー 5 層水門は リーズ・リヴァプール運河のビングリーにある 階段水門である。 名称が示すように、水門を通過するボートは 5 段階で上昇、下降をする。

下から見た 5 層水門 上から見た 5 層水門
遠くにダマール工場 (Damart Mill) が見える
  1. 説明
  2. 歴史
  3. 観光
  4. 整備
説明

実際において、5 層水門は 5 つの水門が互いに接続されたもので、 中間の「池」がなく、各隔室の下流側ゲートが下流の隔室の上流ゲートとなっている。 従って、5 つの隔室と 6 つのゲートがある。 リーズ・リヴァプール運河は幅広の運河 (ブロード運河) であるため、 隔室は幅が 14 フィート (4.3 m) よりもわずかに広く、 各ゲートは 2 つの半ゲート (ハーフ・ゲート) から構成されており、 半ゲートは運河の反対側にちょうつうがいで固定されている。 各半ゲートは幅が 7 フィート (2.1 m) よりもわずかに大きいため、 2 つの半ゲートは V 字型に閉鎖し、上流の方に尖っている。 ゲートの上流側の水圧がゲートを堅く閉鎖し、ゲートの両側の水深が等しくなった時に 始めて開放することができ、ボートが次の隔室に移動できる。 (水門の建設と操作方法に関してのもっと多くの情報は水門を参照せよ。)

5 層水門は英国でもっとも傾斜のきつい階段水門であり、 傾きは 1:5 である。 (320 フィート (98 m) の距離で 59 フィート 2 インチ (18.0 m) 上昇する。) 中間と最下端のゲートは英国で最も背が高い。 階段水門を操作することが複雑で、非常に多くのボート乗り (始めてボートを借りる人 (hirer) や新しい所有者) が 経験を持っていないため、専任の水門管理人 (lock keeper) が雇用されており、 水門は時間外には鍵がかけられている。 水門管理人のバリー・ホワイトロック (Bary Whitelock) はここに 20 年間も勤務しているため、彼の名前は階段水門とほとんど同じ意味になっている。 Barry は「北部における内陸水路の奉仕」の 2006 年新年の栄誉リスト (2006 New Year Honours List) で MBE ( 大英帝国勲章) を受賞した。

水門はグレード I の指定建造物である。

歴史

5 層水門は 1774 年 3 月 21 日に開通し、 当時の技術上の重大な偉業であった。 水門が、従って運河が、ガーグレイヴ (Gargrave) から タックリー (Tackley) まで 1774 年に開通した時に、 30,000 人の群衆が式典に集まった。 水門を最初に使用したボートは 28 分かかった。 最初の航行はリーズ新聞 (Leeds Intelligencer) 【訳注:英国で最初の地方紙】に記載されている。 より小さなビングリー 3 層水門も同時にほんの数百ヤード下流で開通した。

観光

階段水門はこの場所の主な観光の呼び物である。 通過する多くのボートは多くの人の注目を集め、 とりわけ週末にはボートが昇降するのを見物する 30 人以上の群衆がいることがある。

整備

階段水門は広範囲な復元整備を 2004 年、そして 2006 年に再び実施した。 この時水門のゲートとパドルが取り換えられた。 このような技術上の偉業から予期されることは、 水門には多くの整備が必要で、ブリティッシュ・ウォーターウェイズの冬期間の整備閉鎖によく登場する。

2012 年の 1 月に、水門が排水されて、新しいゲートが設置された。 新しいゲートは英国のグリーン オークの木で製造され、 バランス・ビームと共に設置されて重さは 5 トンを超えた。