ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。但し、運河の途上の地名のリストは省略した。

Briare Canal - Wikipedia
ブリアール運河 (Briare Canal)

ブリアール運河はフランスで元も古い運河の一つである。 これはヨーロッパで最初の山越え運河で、 水門を使用して建設され、ロワール川とセーヌ川の流域を接続している。 全長は 57 km でセーヌ川沿いのサン=マメス (Saint-Mammès) からソーヌ川沿いの シャロン=シュル=ソーヌ (Chalon-sur-Saône) に至る ブルボン・ルート (Bourbonnais route) の 一部である。

訳注
ロワール川は ビスケー湾に注いでいる。

ブリエールから Buges に至るまで、運河は最初の 12 基の水門を通って 41 m (135 フィート) 程上昇し、 残りの 24 基の水門を通って 85 m (279 フィート) 下降する。


モンブイ (Montbouy) のブリアール運河
  1. 建設
  2. 使用
  3. 変更
建設

運河の建設はシュリー公爵マクシミリアン・ド・ベチュヌ (Maximilien de Béthune) により開始され、 アンリ 4 世の支持を受けた。 目的は穀物の交易を発展させ、食糧不足を軽減することにあった。 建設は 1604 年に開始し、1642 に完了した。6000 人から 12000人の労働者が運河で働き、 ロワール川とセーヌ河の盆地をつないだ。 ユーグ・コスニエ (Hugues Cosnier) はヨーロッパで分水嶺を越える最初の運河を建設するための 契約を手に入れた。これにより、水門を使用することが必要となった。 7 基の水門の階段がロニー=レ=セット=エクリューズ (Rogny-les-Sept-Écluses) に建設された。(これは 1887 年に迂回された。しかし古代モニュメントとして保存され、 夜にはライト・アップ (floodlit) されている。)


ロニー=レ=セット=エクリューズにおける
ブリアール運河。後方に古い 7 基の水門
の階段が見える。

アンリ 4 世の暗殺後の 1611 年に、ユーグ・コスニエは工事を諦めなければならなかった。 1638 年に Guillaume Boutheroue と Jacques Guyon は工事を継続することを申請し、 この目的のためにルイ 13 世から特許状を受領した。 彼らは他の貴族と共に"Compagnie des seigneurs du canal de Loyre en Seine" (ロワール・セーヌ運河の貴族による会社) を設立し、工事は 1642 年に完了した。

各水門で排出されるおよそ 2000 立方メートルの水のために池が掘削された。 このような池には次がある。 Turfs, Chesnoy, Grand-rû, Tilery, Du Chateau, Cahauderie, Beaurois, ブルドン貯水池 (Bourdon reservoir), そしてロワンのムティエ貯水池 (the Moutiers reservoir on the Loing)。

使用

18 世紀中頃までに、 500 隻以上のハシケが使用され、 オーベルニュ (Auvergne), マコン (Mâcon), ボジョレー (Beaujolais), サンセール (Sancerre) そしてラングドック (Languedoc) の地方からはワインが持ち込まれた。 それ以外の積み荷には次がある: たきぎ、木材、石炭 そして鉄、またヌヴェール (Nevers) からの ファイアンス焼き (faïence) オーベルニュからの果物。 男が舟を曳き、1 隻に 2 人が割り当てられた。

変更

渇水の時には、運河の貯水池は運河を満水にするのに十分ではなかったので、 1894 年と 1895 年に揚水所を建設し、頂上区間に水を汲み上げることにした。

ブリアール水道橋が 1890 年から 1896 にかけて、 ブリアールのロワール川の上にかけられた。 これは技術者のアーベル・マゾワイエ (Abel Mazoyer) の手によっており、 これによりロワール川並行運河 (1820 年から 1830 年にかけて建設) と接続された。 この水道橋の橋脚は 14 本からなり、単一の金属の梁を支えていて、 13,000 トン以上の水が入った水槽を支えている。深さは 2.2 m である。 水道橋の幅は、曳舟道も入れると、11.5 m で長さは 662.7 m である。 8 つの導水路 (sluice) がついており、これにより激しい凍結時には水道橋の水を空にする。


運河の地図