ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bourbonnais route - Wikipedia

運河の地図ブルボン・ルートの地図があります。

ブルボン・ルート (Bourbonnais route)

ブルボン・ルートとは、 セーヌ川のサン=マメスから、ソーヌ川のシャロン=シュル=ソーヌに至る 4 つの運河の接続のことである。 これにはロワン運河、ブリエール運河、ロワール川並行運河、中央運河が含まれる。

  1. 歴史
  2. 詳細
歴史

ルートの最初の区間であるブリアール運河は 1642 年に完成した。 これはヨーロッパで水門を利用した最初の山越え運河である。 この運河はロワール川の流域とセーヌ川の流域を接続した。 この時点で、 ボートはロワール川からブリアールでこの運河に入り、運河を経由して ロワン川のモンタルジ (Montargis) の近くに到達し、 ロワン川を下ってセーヌ川に抜け、パリまで行くことができた。

今日ではこのルートの一部ではないが、オルレアン運河が 1682 年に開始し、ロワン川のオルレアンと接続し、 ブリアール運河の北の終点と接続した。 これによりロワール川からロワン川への競合するルートが提供された。

ロワン川のモンタルジからセーヌ川への航行は、 1720 年 - 1723 年のロワン運河の建設により随分と改善した。 これは、大体は並行運河で、2 区間のみで実際の川を使用している。

1792 年に中央運河がロワール川とディゴワンで接続し、ソーヌ川とシャロン=シュル=ソーヌで接続した。

ロワール川の使用は、 1827 年 - 1838 年に建設されたロワール川並行運河で置き換えられた。 この運河は、ブリアール運河とブリアールで接続し、中央運河とディゴワンで接続した。 この時は、ロワール川を水平に横断した。後に、 この横断はブリアール水道橋で置き換えられた。

詳細
運河始点終点km水門
ロワン運河サン=マメスモンタルジ4918
ブリアール運河モンタルジブリアール5532
ロワール川並行運河ブリアールディゴワン19638
中央運河ディゴワンシャロン=シュル=ソーヌ11461

ブルボン・ルートの地図