ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Canal du Loing - Wikipedia
ロワン運河 (Canal du Loing)

ロワン運河は長さが 49.4 km の運河で、セーヌ川 (のサン=マメス (Saint-Mammès)) と ブリアール運河 (のモンタルジの近く) を接続している。 この運河は ロワレ県 (Loiret) と セーヌ=エ=マルヌ県を通りぬけている。

オルレアン公、フィリップ 2 世は 1720 年に運河建設のための特許状を求め、 運河は 1723 年に完成した。 1752 年だけでも 3815 隻のハシケが通過した。 水門 20 は今日では使用されず、19 基の水門が残っている。

運河はロワン川の並行運河であるが、 2 箇所の例外があり、ここでは川が運河の一部として使用されている。 全降下量はおよそ 37 m である。

ロワン運河はセーヌ川沿いのサン=マメスから、ソーヌ川沿いのシャロン=シュル=ソーヌまでの ブルボン・ルートの一部である。


セポワ (Cepoy) のロワン運河