ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bassin de Saint-Ferréol - Wikipedia
サン=フェレオル貯水池
(Bassin de Saint-Ferréol)

サン=フェレオル貯水池は、 黒い山 (モンターニュ・ノワール) のサン=フェレオルにある ロド峡谷の入り口を土で作った大きなダムでふさいで、できたものである。 元々シュバリエ・ド・クレルヴィル 【訳注:ルイ=ニコラ・ド・クレルヴィルの別名】が 提案し、ピエール・ポール・リケがミディ運河の必須部分として受け入れたものである。 リケは十分な貯水池を提供する必要があり、 これがあれば一年中 -- 乾燥した夏期にも -- 水門が機能するからである。 ダム工事は 1667 年 4 月 15 日に開始し、完成するのに 4 年かかった。 このダムは航行可能な運河に、明確に水を供給することを目的として建設された最初のダムであり、 ミディ運河の建設中に着手された土木工事の中で単独の工事としては、 はるかに巨大なものであった。


サン=フェレオル貯水池

ダムの頂上部の長さは 780m (2560 フィート)、 最大の高さは 32m (105 フィート)、基底部の厚さは 140m (450 フィート) である。 貯水池から水を出すために、 ダムの基底を貫いている石造のアーチ・トンネルを使用できる。 シルト (泥) はこのトンネルにより、ダムの底から除去できる。 満水にすると、貯水池には 680,000 立方メートル程度の水をためることができる。

元々、貯水池にはロド川のみが注いでいた。 これでは不十分であることが分かった時、 他の川はリケが「リゴール・ド・ラ。モンターニュ」と呼んだ水路に注いでいた。 「リゴール・ド・ラ・モンターニュ」は迂回的な水路であった。 この水路には アルゾー川 (Alzau) , ベルナッソン川 (Vernassone), Lampillon 川, ランピ川 (Lampy) そしてリュトール川 (Rieutort) が流れ込むことになる。 水路が貯水池に流れ込むまでに、 長さ 121m (132 ヤード)、直径 2.7m (9 フィート) のカマーズ・トンネルを抜ける。 トンネルは軍事技術者であったセバスティアン・ヴォーバン元帥によって、 1686 年 - 1687 年に建設された。

訳注
  1. リゴール・ド・ラ・モンターニュに流れ込む川は リゴール・ド・ラ・モンターニュの 水路の概念図に登場する。上でカナ表記してあるのは Google マップ でほぼ同じ綴りの川の名前が記載されているものである。 Lampillon 川に関しては Google マップには記載がない。 ランピオ川 (Le Lampiot) はあるので、名前が違ってしまったのかもしれない。
  2. 上の記述だけでは少しわかりにくい。 リゴール・ド・ラ・モンターニュもあわせて読んでください。

ロド川の貯水池への入り口で、 川が二手に分かれ、一方が貯水池に流れ込み、 もう一方が貯水池を迂回して、ダムの下でロド川の下流と合流する。 ダムから放流された水はロド川の下流の流れにしがたい、 レ・トゥマズ (Les Thoumazes) でリゴール・ド・ラ・プレンヌに合流する。 水はさらに流れて、ノールーズ・ベイスンに至り、 運河に注ぐ。

貯水池が提供する水はリケによるものとされているが、 必要とされる知識の大半は 流水の専門家であるピエール・カンマ (Pierre Campmas) と 用水 (hydraulics) 技術者である フランソワ・アンドレオシー (François Andreossy) によって提供された。

訳注
原文ではピエール・カンマは fontainier としており、 これは fontaine (泉) のことに関連していると思われるが、 ミディ運河の中で「流水の専門家」(expert in water flow) としてあるので、こちらの方に合わせた。 hydraulic は現代では水力学のような訳語をあてるが、 ミディ運河の内容から判断して、「用水」とした。

湖は 3 つのコミューンに属している: オート=ガロンヌ県のヴォドゥルイユ (Vaudreuille)、 オード県のレ・ブリュネル (Les Brunels)、 タルヌ県のソレーズ (Sorèze)。

ギャラリー
     
ヴォーバンと Garripuy による
修正後の給水線の図式
サン=フェレオル湖からの放水 サン=フェレオル・ダムの断面