ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Seuil de Naurouze - Wikipedia
スイユ・ド・ノールーズ (Seuil de Naurouze)

スイユ・ド・ノールーズ、(ノールーズの敷居) 別名 コル・ド・ノールーズ (ノールーズの首) は 南フランスの峠 (mountain pass) である。 これはピエール・ポール・リケがミディ運河をデザインし建設した時に 確認した 分水嶺の点である。 この点よりも西側で降る雨は大西洋に流れ、 東側で降る雨は地中海に流れる。 これは オート=ガロンヌ県 (Haute-Garonne) と オード県 (Aude) の境界である。

1827 年にリケの相続人達がリケの オベリスクを建設した。 オベリスクには次のような銘文が書かれている: 「ボンルポ (Bonrepos) 男爵でラングドックの 2 つの海の運河の建設者である ピエール・ポール・リケに捧ぐ」。 オベリスクは昔の 8 角形の水タンクの近くに建立され、 この水タンクはミディ運河の建設時に建造され、バッサン・ド・ノールーズ (ノールーズ・ベイスン) と呼ばれたものである。 サン=フェレオル貯水池からの水は、この場所でミディ運河に合流している。


リケの記念碑 (オベリスク)
訳注
Google map: スイユ・ド・ノールーズ
Google マップで表示されるのはオベリスクのある場所で、 衛星写真にするとオベリスクの影が見えます。 8 角形の水タンクあとは、この点よりも 2km 程度西の点です。
     
ノールーズの   
越流水路 (spillway)
ノールーズ・ベイスンの水が
ミディ運河に到着
リケのオベリスク
     
リゴール・ド・ラ・プレンヌ
の水が到着
分水嶺区間 (運河の頂上区間)
の鏡板
ノールーズの近くの
ミディ運河の水門