ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Strépy-Thieu boat lift - Wikipedia
ストレピ=テュー・ボートリフト
(Strépy-Thieu boat lift)

ストレピ=テュー・ボートリフト (仏語:L'ascenseur funiculaire de Strépy-Thieu) は中央運河の支線にあり、 ベルギー、エノー州 (Hainaut) のル・ルー (Le Rœulx) にある。 上流、下流区間の高度差が 73.15 m (240.0 フィート) で、 世界で最も高いボートリフトであり、 中国の三峡ダムのボートリフトが完成するまでは世界最高である。


ストレピ=テュー・ボートリフト
  1. 歴史
  2. デザイン
歴史

ボートリフトは中央運河の現代化プログラムの最中にデザインされ、 これは 2 つの水門と 1888 年から 1919 年に建設された四基の 16 m のリフトからなる システムに取って代わるものであった。 運河自身は 1879 年に操業を開始し、水門とリフトは 300 トンまでの舟を 収容できた。 1960 年代までに、新しいヨーロッパの標準である 1350 トンのハシケには適切ではなくなり、 代わりが求められた。

リフトの建設は 1982 年に開始したが、 2002 年までは完成しなかった。 建設費は € 16000 万 (当時の 640 億ベルギー・フラン) と見積もられていた。 しかし、一旦稼働されると、 新しい 1350 トンの標準ハシケがマース川 (Meuse) と スヘルデ川 (Scheldt) の 間の水路を通過できるようになった。 このリフトにより、河川交通は 2001 年の 256 kT から 2006 年の 2,295 kT に増大した。

中央運河の四基の古いリフトは、新しい中央運河では迂回され、 建築的・歴史的価値からユネスコの世界遺産に登録された。

下流の光景 機械室
デザイン

ストレピ=テューの構造は 2 つのカウンターウェイトを備えた二基の独立なケーソンから 構成され、上流区間と下流区間の間を垂直に移動する。 アルキメデスの原理により、 ケーソンはボートがいても、いなくても同じ重さである。 実際には水位の変動により各ケーソンの重量は 7200 トンから 8400 トン」の間を 変動する。 ケーソンの有効サイズは 112 m × 12 m で、水位は 3.35 m から 4.15 m の間である。 各ケーソンを支えているのは (カウンター・バランス用の) 112 本のサスペンション・ケーブルと (昇降用の) 32 本の制御ケーブルで、どれも直径 85 mm である。 カウンター・バランスの重さは制御ケーブルの張力がいかなるときにも 100 kN ( ニュートン) 以下と なるように計算されている。 サスペンション・ケーブルは直径 4.8 m の媒介滑車 (idler pulley) の上を通る。 四台の電気モーターが各ケーソンの 8 基のウィンチを減速ギアボックスを経由して駆動し、 73.15 m の昇降が 7 分で完了する。 操作中のねじれの力に対抗して剛性を持たせるために構造は極端に強化されており、 およそ、200,000 トンの質量がある。 垂直に動く水密ゲートは 2000 トンの船舶が時速 5km で衝突しても耐えられるようにデザインされている。

エノー州はボートリフトを観光用の呼び物として宣伝している。 歩行者の片道切符は €5.50 である。