ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ruston, Proctor and Company - Wikipedia

ラストン・プロクター社の蒸気ショベルはマンチェスター船舶運河の 建設に使用されました。

ラストン・プロクター社
(Ruston, Proctor and Company)

ラストン・プロクター社は 1857 年にイングランドのリンカン (Lincoln) で設立され、 蒸気トラクターやエンジンの製造業者であった。 この会社は後に、「ラストンズ」 (Rustons) となり、次に「ラストン & ホーンズビー」 (Ruston & Hornsby) となった。


ラストン・プロクター社のトラクション・エンジンの 製品板
  1. 歴史
  2. 保存されている機械
歴史

会社は 1840 年にリンカンで、 ミルライト且つ装置製造業者である「バートン & プロクター」('Burton & Proctor') として 開始した。 1857 年にはジョセフ・ラストン (Joseph Ruston) が共同出資者 (partner) となり、 会社は名前を「ラストン・プロクター社」(Ruston, Proctor & Co) と変更し、 主要な農業技術会社 (agricultural engineering firm) に成長した。

  
ラストン・プロクター社のポータブル・エンジン ラストン・プロクター社のエンジン
2008 年 のクロムフォード (Cromford) 蒸気祭り

1918 年に、会社はリンカンシャー (Lincolnshire) のグランサム (Grantham) で 設立されていた「リチャード・ホーンズビー & サンズ」(Richard Hornsby & Sons) と合併した。

ラストンズは基本的には蒸気技術者で、 ポータブル・エンジン、固定エンジン、トラクション・エンジン、ボイラーを製造し、 付随した工学製品、例えば巻き上げ機、シャフト、滑車を製造した。 脱穀機、クローバーの種取り機 (clover huller) 【訳注:現代の ハーベスターのご先祖、非常に大きい】、穀物製粉機 (corn mill), トウモロコシのカラ取り機 (maize sheller), 蒸気動力用ポンプも 製造した。 農業機械のエンジンはもとよりのこと、 ラストンズは鉄道機関車、産業装置、そして鉱業機械を製造し、 電気工学やティーゼル工学にも拡張した。 会社は蒸気動力の掘削機械を製造した最初の企業の一つである -- 1880 年代には「"ダンバー・ラストン" の蒸気人夫 (掘削機)」("Dunbar & Ruston's" steam navvy (excavator)) を製造した。 これらの 「2 立法ヤード・マシン」は マンチェスター船舶運河の建設に使用された。 1906 年には、会社は「ラストン軽蒸気ショベル」(Ruston Light Steam Shovel) を製造し、 リンカンで開催された 1907 年の「王立農業ショー」(Royal Agricultural Show) で展示した。 この機械は 3/4 立方ヤードの容量があった。

訳注
「2 立方ヤード・マシン」とはバケットの容量が 2 立法ヤードという意味。また「蒸気人夫」とは蒸気ショベルのことです。

会社は後に「ラストン=ビューサイラス」 (Ruston-Bucyrus) となった。

保存されている機械