ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Salamanca (locomotive) - Wikipedia
サラマンカ (機関車)
(Salamanca (locomotive))

サラマンカは最初に商的に成功した蒸気機関車であり、 1812 年にホルベック (Holbeck) のマシュー・マレーによって建造され、 リーズとミドルトン (Middleton) を結ぶエッジレールのミドルトン鉄道を走った。 これは二基のシリンダーを持つ最初の機関車であった。 この機関車は同年のウェリントン公爵のサラマンカの戦いの勝利にちなんで名づけられた。 サラマンカは歯板と歯車を使用した最初の機関車で、歯車推進のジョン・ブレキンソップの特許デザインを使用した。 一つの歯板が狭軌の軌道の外を走り、これが機関車の左側の大きな歯車にかみ合う。 歯車は二基のシリンダーにより駆動され、シリンダーは煙道が中央にあるボイラー (煙道ボイラーを参照) の上部に埋め込まれていた。 このクラスの機関車は二基の 8"x20" のシリンダーを持っていて、クランクにより車輪が駆動されると記述されている。 ピストンのクロスヘッド (横棒、crosshead) はガイド (誘導路) の中で動作し、初期の大半の機関車のように、 平行な動きによって制御されているわけではない。エンジンは 20 年間も使用された。


サラマンカ

このような 4 台の機関車がこの鉄道のために建造された。 サラマンカは 6 年後にボイラーが爆発して破壊された。 ジョージ・スチーブンソンは議会の委員会で証言し、運転手がボイラーの安全弁を勝手に変更したと述べた。 米国にも類似したボイラー爆発があり、 1831 年の米国製の機関車 「ベスト・フレンド・オブ・チャールストン」 の爆発がある。

サラマンカは恐らくは哲学年報 (Annals of Philosophy) の 1814 年の 9 月版で言及されている機関車のことである: 「少し前に蒸気エンジンがリーズで車輪の上に搭載され、 歯車により鉄道を動き、石炭を積んだ幾つかのワゴンをけん引した」。 この項目はさらに続き、ニューキャッスルのおよそ 1 マイル北の歯車式機関車 (キリングワースのブリュッヘル) と歯車車輪のないもの (恐らくはウィラムのパッフィング・ビリー) を言及している。

訳注
ブリュッヘルは駆動輪に歯車を使っているわけではなく、動力の伝達に歯車を使っているだけです。 哲学年報の著者が誤解したようです。