ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bourne Bridge - Wikipedia

ボーン橋: Google map フォト・スフィア ストリートビュー

ボーン橋は 通り抜けアーチ橋です。

ボーン橋 (Bourne Bridge)

マサチューセッツ州ボーンのボーン橋はコッド岬運河 (Cape Cod Canal) を越えてルート 28 を通し、 コッド岬とそれ以外のマサチューセッツ州を接続している。 米国鋼構造協会 (American Institute of Steel Construction) から 「最も美しい鋼の橋」 としてクラス A の優秀賞を 1934 年に受賞している。

ボーン橋 マサチューセッツ州における位置

西から近づく大半の交通はマサチューセッツ州のルート 25 を進み、 ルート 25 は橋のすぐ北の US 6/ルート 28 のインターチェンジで終了し、 州間道路 495 と州間道路 195 との接続を提供する。 橋の西側には歩行者と自転車の側道があり、 これは、歩いたり、ペダルを漕いで運河を越えてコッド岬に至る唯一の合法的な道である。

悪天候により、 時速 70 マイルあるいはそれ以上の比較的強風な時には 岬に至る複数の橋は時々安全のために閉鎖される。

歴史

この橋は、兄弟橋であるサガモア橋と共に、 1933 年に米国陸軍工兵隊のために 公共事業局 (Public Works Administration) により建設され、 工兵隊は橋と運河のどちらも操業している。 どちらの橋も 4 車線からなり、 主スパンは 616 フィート (188 m) で、 船の通過余地は 135 フィート (41 m) である。 建設は 1935 年の始めに終了し、6 月 22 日に開通した。 しかしながら地形により、ボーン橋の主スパンへの進入路はサガモア橋よりも 随分と長い。

橋は 1911 年の可動橋の代わりになり、 現在の橋は運河の拡幅を収容するために建設された。 古いサガモア橋と同様に、 元々の可動橋の進入路にも行くことができる。 東側 (コッド岬側) では橋はロータリーで開始している。 本土側ではニューヨーク・セントラル鉄道のタグボート 16 がロータリーからの橋の進入路のそばの地面に 1982 年から 2006 年まで展示され、 地元の呼び物となっていた。

訳注
ここのタグ・ボートは鉄道車両を載せる鉄道フェリー (car float) を牽引するもの。