ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sagamore Bridge - Wikipedia

サガモア橋: Google map フォト・スフィア

サガモア橋は通り抜けアーチ橋です。

サガモア橋 (Sagamore Bridge)

マサチューセッツ州サガモアのサガモア橋はコッド岬運河 (Cape Cod Canal) を越えて US ルート 6 (US 6) を通し、コッド岬とマサチューセッツ州本土を接続している。

コッド岬運河とサガモア橋 マサチューセッツ州
における位置

北から近づく大半の交通はマサチューセッツ州のルート 3 を進み、 ルート 3 は橋のすぐ北の US 6 で終了し、 ボストン及び州間道路 93 (I-93) からの直接のエクスプレス接続を提供している。

橋の東側には歩行者と自転車用の側道がある。

悪天候により、 時速 70 マイル (110 km/h) あるいはそれ以上の比較的強風な時には 岬に至る複数の橋は時々安全のために閉鎖される。

歴史
この橋は、兄弟橋であるボーン橋と共に、 1933 年に米国陸軍工兵隊のために公共事業局 (Public Works Administration) により建設され、 工兵隊は橋と運河のどちらも操業している。 どちらの橋も 4 車線からなり、 主スパンは 616 フィート (188 m) で、 船の通過余地は 135 フィート (41 m) である。 2 つの橋は 6 月 22 日に開通した。 セガモア橋とボーン橋のデザインは縮小されて、 ジョン・グリーンリーフ・ウィッティア橋 (John Greenleaf Whittier Bridge) にコピーされ, この橋はニューベリーポート (Newburyport) からエイムズベリー (Amesbury) に I-95 を通している。

新しい (複数の) 橋は 1912 年に完成した古い (複数の) 橋に取って代わり、 古い橋は運河が拡幅されるまで可動橋として建設されたものであった。 (明らかに論理的理由から運河が 1914 年に開通するまでに橋が実際に建設されていた。) 元々の橋の (複数の) 進入路は現代の橋の北に今でも見ることができる。 もっともどちらも交通の少ない住宅地帯にある。

2004 年に US 6 とルート 3 を橋に接続するロータリーを トランペット型インターチェンジ (サガモア・フライオーバーと呼ばれる) に交換する工事が始まった。 この工事は何年も遅れた。 というのは住宅と事業が分断されることの論争の理由からであった。 このプロジェクトはロータリーにおける深刻な交通渋滞から終に開始した。 ロータリーはずっと少ない交通を処理するために建設されていたからであった。 ここは何年もの間、多くの交通事故があった場所であった。 フライオーバーは 2006 年末に完成した。

訳注
トランペット型のインターチェンジに関しては インターチェンジ インターチェンジ/分類に説明があります。

橋の南の進入路

工兵隊は 2009 年秋に道路面と側道を照明と共に交換する計画に着手した。 計画は予定よりも早い 2010 年 5 月に完成した。

2013 年 3 月に再び工事が開始して、橋を塗り替えて、 鉛系の下塗りを含む既存の塗装を新しい高性能な鉛のない塗装で取り換えることになった。 計画は $12,390,000 の費用で 2014 年 8 月に完成することになっており、 工事期間に車線規制が必要となる。