ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hierapolis sawmill - Wikipedia

sawmill は製材機、もしくは製材所の意味ですが、ここでの sawmill は石を切るのに使う鋸です。 そこで sawmill を石切鋸機と訳しました。 欧米の立派な建物は鉄筋コンクリート以前には石造りでしたから、 石切鋸機は良く使用されていましたが、それがローマ帝国にまでさかのぼるであろうというのが、この話です。

ヒエラポリスの石切鋸機 (Hierapolis sawmill)

ヒエラポリスの石切鋸機は小アジア (現在のトルコ) の ヒエラポリス (Hierapolis) におけるローマの水力による石切鋸機であると信じられている。 3 世紀後半の年代で、 石切鋸機は、知られている限りでは最も古いクランクと連接棒を組み込んだ機械であると思われる。 もっとも、これを支持する古代の文章や技術絵はまだ発見されてはいない。


小アジア、ヒエラポリスの水力の石切鋸機の想像上の
仕組み。3 世紀の機械の想像モデル。これはクランク
と連接棒を組み込んだ最も初期の機械と見なせる。

何人かの考古学者は Marcus Aurelius Ammianos とか呼ばれる地元の水車屋 (miller) の石棺の浮き彫り ( レリーフ) に水車機械 (watermill) が証拠立てられていると信じている。 ペディメントに描かれている事は:導水路で給水される水車が、動力を歯車列 (gear train) を経由して、 2 台の枠組み石切鋸機 (frame saw) に伝え、これが長方形のブロックを切断することである。 付属する銘文はギリシャ語で、機械が Ammianos の 「水車技術」 によるものとしている。

他の石切鋸機

更なるローマのクランクと連接棒のメカニズムで、 歯車列がないものが、考古学的には証明されており、 これには、ジョルダン、 ジャラシュ (Gerasa) とトルコ、 エフェソス (Ephessus) の 6 世紀の石切鋸機がある。 4 台目の石切鋸機はスイス、 アウグスタ・ラウリカに恐らく存在していた。 ここでは 2 世紀の金属のクランク・シャフトが発掘されている。 現在のドイツ、 トリーア (Trier) の水力の大理石石切鋸への文学的言及が アウソニウス (Ausonius) の 4 世紀末の詩 「モゼラ」 (Mosella、Moselle ( モーゼル川)) に見いだされる。 ほぼ同じころに石切鋸はキリスト教聖者の ニュッサのグレゴリウスによっても示されていたようで、 ローマ帝国の多くの場所で色々な水力の使用を実演していた。

3 つの想定される発見はクランクと連接棒の発見の日付を完全に 1000 年古くすることになる。 ずっと後の蒸気エンジンの本質的な構成要素が始めて 1 つの技術文化でまとめあげられた。

クランクと連接棒のシステムにより、 蒸気エンジン (1712 年に発明【訳注: ニューコメン・エンジンのこと】) のすべての要素 -- ヘロンの アイオロスの球 (蒸気力の生成)、 シリンダーとピストン (金属製のフォース・ポンプ)、 逆止弁 (水ポンプ)、 歯車列 (水車と時計 【訳注:水時計のこと ? 】) がローマ時代に知られていた。
Ritti, Tullia; Grewe, Klaus; Kessener, Paul (2007), "A Relief of a Water-powered Stone Saw Mill on a Sarcophagus at Hierapolis and its Implications", Journal of Roman Archaeology 20, pp. 138–163