ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Brown Covered Bridge - Wikipedia

ブラウン覆い橋: Google map

ブラウン覆い橋 (Brown Covered Bridge)

ブラウン覆い橋は木造の覆い橋で、バーモント州シュルーズベリー町 (Shrewsbury) にある。 橋は町の北西部にあり、 コールド川 (Cold River) にかかり、「アッパー・コールド川道路」 を通している。 橋は ハリケーン・アイリーンの被害から 2011 年に車両交通が閉鎖され、 2016 年 7 月 5 日に歴史登録財として再開通した。 バーモント州の著名な 「橋造り屋」 (bridgewright) であるニコルズ M. パワーズ (Nichols M. Powers) により 1880 年に建造され、2014 年に国の歴史登録財に指定され、 米国における タウン格子トラスで最もすばらしく、最も変化していない実例の 1 つとして引き合いにされた。


ブラウン覆い橋
説明と歴史

ブラウン覆い橋はシュルーズベリー町の北西の辺地にあり、 木が茂る峡谷 (ravine) に設置され、 バーモント州ラトランド (Rutland) の南東 5 マイル (8.0 km) にある。 橋は単一スパンの格子トラスで、建築家のイシエル・タウン (Ithiel Town) により 1820 年に特許が取られたものである。 橋は長さが 100 フィート (30 m) で、 石の橋台に載り、この橋台は以後コンクリートで頂上が覆われた。 橋台の 1 つには極端に大きな石があり、 (建設) 場所に明白に適応したことを示している。 この橋は米国でスレート屋根を持つ唯一の健在な覆い橋と思われるが、 かってスレート屋根は覆い橋の一般的な地方変種であった。 橋には羽目板の側壁 (weatherboard siding=clapboard siding) があり、耳の位置に小さな開口部がある。 橋を通る道路は 13 フィート 6 インチ (4.11 m) の幅がある。 橋はその生涯を通じ単にルーチンの保守を受けたにすぎず、最近には 2002 年にあり、 この時は人が住み、橋台が処理された。 ブラウン橋は 2011 年に ハリケーン・アイリーンが引き起こした洪水により 少々被害を被り閉鎖された。 2008 年の点検後の復興のためにスレート葺にされた。

橋はこの場所にあった最初の橋ではなく、 この場所の地図から、ここに橋があったのは 19 世紀中頃にまでさかのぼる。 この場所はジョージ・ブラウン (George Brown) の家のおよそ 100 ヤード (91 m) 北西にあり、 これが橋の名の由来である。 (現在の) 橋はニコルズ M. パワーズにより 1880 年に $1100 以下の経費で建設された。 彼は著名なバーモント州の橋造り屋 (bridgewrite) で近くのクラレンドン (Clarendon) に住んでいた。 これは知られている限りではパワーズにより建設された最後の橋であり、 彼は 1897 年に亡くなった。 パワーズの最も有名な橋はニューヨーク州ショーハリー (Schoharie) のオールド・ブレナム橋 でこれは 2011 年のアイリーンの引き起こした洪水により破壊された。

この橋は 1974 年に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) として登録された。 タウン格子で現存するおよそ 110 基の橋の 1 つであり、 2000 年代に 国立公園局 (National Park Service) により実施された全国調査で、 数少ない高品質の覆い橋の 1 つであると特定された。 この橋は 2014 年に国の歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) に指定された。


トラス