ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Truss arch bridge - Wikipedia
トラス・アーチ橋 (Truss arch bridge)

ニュー川峡谷橋
ウェスト・バージニア、フェイエットビル

トラス・アーチ橋はトラス橋の要素とアーチ橋を組み合わせたものである。 実際の力の分析はデザインに依存する。 もしも水平に押し出す力が生成されなければ、 これはアーチの形をしたトラスで、本質的には湾曲した梁 (beam) である。 もしも水平に押し出す力が生成されるが、アーチの頂上がピン結合であれば、 これは 3 蝶番アーチ である -- 例としてはアイアン・ブリッジを参照。 もしも頂点に蝶番がなければ、通常は 2 蝶番アーチ である。 以下に示されるアイアン・ブリッジでは各フレームの構造は、それ以前は木で作られた構造の真似をしている。 このような木造構造は密接に適合する梁を互いにピン留めすると、 フレームの中の要素が互いに自由に動くことができなくなる。 これはピン -- ピンは結合部の回転を許す -- で接続したトラス構造と同様になる。 このような剛構造 (rigid structure) は要素に曲げ応力 (bending stress) を課し、 20 世紀にフィーレンデール・トラスとして更に発展させられた。

アイアン・ブリッジ
3 蝶番アーチ
最初の金属の橋
ガラビ高架橋
押し出しアーチの型式
懸垂線の形を使用
鋼製のストーニー川橋
カナダ太平洋鉄道を通す。
トラス・アーチの
イラスト (1917 年)