ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Ballycopeland Windmill - Wikipedia

バリーコープランド風車: Google map ストリートビュー

バリーコープランド風車
(Ballycopeland Windmill)

バリーコープランド風車 (Ballycopeland Windmill) は機能する風車で、 北アイルランド、 ダウン州 (County Down) のミリスル (Millisle) の 1 マイル西にある。 これは「共同体省の歴史環境部門」 (Historic Environment Division of the Department for Communities) により、管理されている。 アイルランド語では Muileann gaoithe Bhaile Chóplainn と呼ばれ、 アルスター・スコットランド語 (Ulster-Scots) では Ballycopelann Wun-mäll と呼ばれる。

バリーコープランド風車
  1. 造作
  2. 歴史
造作

これは典型的なアイルランドの石造の塔風車で、 自動ファンテールにより回転する可動キャップがあり、 必ず帆が常に風に向くようになっている。 風が直接帆に吹けば、ファンテールの羽根 (blade) あるいは翼 (vane) は動かない。 しかしながら風が向きを変えれば、風は羽根を捕らえ、 キャップ全体が鉄の輪、あるいは縁 (curb) の上で回転し、帆を風の中に戻す。 地上フロアーも含め、風車は 3 階建てであり、 1 階から 3 階まで、それぞれ、 駆動フロアー ('drive' floor)、 臼石フロアー ('stone' floor)、 ホッパー・フロアー ('hopper' floor) である。 回転キャップはホッパー・フロアーの上に位置している。 3 組の臼石 (ミルストーン (millstone)) は臼石フロアーに位置しており、 1 組が小麦粉を作るもの、 1 組が穀物の皮むき (貴重な種や穀物から、不要な外皮を分離する工程)、 そして穀物をオートミール (oatmeal) に製粉する 1 組である。 風の力は帆、あるいはスウィープ (sweep、掃き掃除) から 中央の風車軸によって後部のキャップの中に伝達される。 回転する風車軸の内側の端には ブレーキ・ホイール (break wheel) があり、 これがビベル歯車 (bevel gearwheel) あるいは 転がり歯車 (wallower) を駆動し、後者は (垂直な) 主駆動軸の頂上に載っている。 この動力が下の 3 組の製粉用の石を回転する。 帆はキャンバス帆布で覆われる。 使用される帆布の量は力の量を決定し、 これはキャップの内側から調節し、 帆が回転している時にも、与えられた時間に特別な製粉要求に適合するようにした。 バリーコープランドは人間用のオートミールと小麦粉を製造し、 更には動物用の飼料を製造することは言うまでもなく、例えば:  皮を取って潰したオーツ (shelled and bruised oats)、 (トウモロコシの) 黄色い粉 (yellow meal)、 家禽用のあらびき (破砕) 穀物 (kibbled (crushed) grain)、 及び 臼でひいたエンドウと豆がある。

風車の家 (miller's house) にあるビジター・センターは電動の風車のモデルと製粉の実地経験 を呼び物にしている。 復元された穀物乾燥窯もある。

歴史

漆喰で白塗りされた先細の塔はこの地域のランドマークで、 ダウン州に 100 基以上あった最後の残りの風車である。 バリーコープランド風車は 1780 年代あるいは 1790 年代に建設されたと見積もられ、 1830 年代のこの地域の最初の陸地測量部 (Ornance Survey) の地図に登場している。 これはマギルドン家 (McGilton) によって使用され、風車は 1915 年まで穀物を製粉した。 1935 年にこれは北アイルランド政府により獲得された。 何十年も使用されなくなってから、1978 年に古い風車は再び稼働状態に復元された。