ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bath Locks - Wikipedia
バース多層水門 (Bath Locks)

バース多層水門は一連の水門で、現在は 6 基あり、 ケネット・エイボン運河の開始部分にあって、イングランドのバース (Bath) にある。

バース・ボトム水門は運河で No. 7 の番号が付き、 パルトニー橋 (Pulteney Bridge) のすぐ南で、エイボン川との合流点にある。 水門の横にはサイド・ポンド (side pond) と揚水所があり、 水門を開けるたびに使用される水の補充をするために、ここで水を汲み上げている。

バース・ディープ水門 バース・ディープ水門
のナロウ・ボート

次の水門のバース・ディープ水門 (Bath Deep Lock) は 8/9 の番号が付けられ、 運河が 1976 年に復元された時に 2 つの水門が一緒にされた。 運河が荒廃状態の時に建設された道路が元々の下の水門の上を通過したからである。 新しい隔室は深さ 5.92 m (19 フィート 5 インチ) で、英国で 2 番目に深い水門となった。 ディープ水門のすぐ上に、水の領域があり、これによりこの水門の再補給が可能となっている。 この上流にウォッシュ・ハウス水門 No. 10 (Wash House Lock) があり、 しばらくしてアビー・ビュー水門 No. 11 -- グレード II の指定建造物 (grade II listed building) -- があり、このそばに別の揚水所があり、 次々にパルトニー水門 (No. 12)、バース・トップ水門 (No. 13) がある。

トップ水門の上流で運河はシドニー・ガーデン (Sydney Gardens) を通り抜け、 ここで 2 つのトンネルを通り、1800 年製の 2 つの鋳鉄製の歩道橋の下を通る。 クリーブランド・トンネル (Cleveland tunnerl) は長さ 52.7 m (173 フィート) で、 クリーブランド・ハウスの下を走り、これは以前のケネット・エイボン運河の本部であった。 トンネルの天井の落とし度を使用して、上の事務員と下のハシケの間で、 書類が交換された。 これは今ではグレード II* の指定建造物である。

クリーブランド・ハウスと
シドニー・ガーデンの鋳鉄製の橋

運河の多くの建物も指定建造物である。

水門は 1968 年にブリティッシュ・ウォーターウェイズの職員とボランティア労働の協力で 復元され、後者はケネット・エイボン運河トラストにより組織されていた。