ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Boott Mills - Wikipedia

ブート・ミルズ: Google map

ブート・ミルズ (Boott Mills、ブート工場)

マサチューセッツ州 ローウェル (Lowell) のブート・ミルズ (Boott Mills) は 広範囲な木綿ミルのグループの 1 部分で、この重要な木綿の町の動力運河システムに沿って 1835 年に 建設された。 設立者はカーク・ブート (Kirk Boott) で、ローウェルの初期のミルの所有者の 1 人であった。 今日、ブート・ミル複合施設はローウェルで最も無傷で、 ローウェル国立歴史公園 (Lowell National Historic Park) の一部分である。

ブート・ミルズ
ブート・ミルズの織機に動力を与えるラインシャフトの 動画
  1. 位置
  2. 歴史
  3. ブート木綿ミル博物館 (Boott Cotton Mills Museum)
位置

ローウェル (Lowell) はボストンの 40 km (25 マイル) 北西にあり、 メリマック川 (Merrimack River) のほとりにある。 ローウェルは河川システムによって恩恵を被っている。 河川システムは 2km (1.2 マイル) の距離で 9 m (30 フィート) の落差を提供し、 7,460 kW (10,000 馬力) を提供するのに適切である。 水は運河と水門 (lock) を通り抜けて迂回すれば水路を提供し、 単純な迂回では溢れた水は水車に動力を与えることに使用できた。

訳注
滝線を参照。
歴史

カーク・ブート (Kirk Boott) はメリマック運河 (Merrimack Canal) に責任を負う会社のために働き、 (運河を) 1835 年から建設して、 ウォルサム・ローウェル・システム (Waltham-Lowell system) を使用して労働者を配置した。 (メリマック運河はローウェルの最初の動力運河で、ここでは他の (複数の) ミルが すでに駆動されていた。) 元々の操業は、水力で動作する 4 棟の妻壁屋根 (gable roofed) の建物から構成されていた。 まもなく、フロアーが追加され、平坦な屋根が与えられ、 建物は階段塔 (stair tower) と時計塔 (clock tower) によって接続され、 他の建物も複合施設に追加された。 蒸気動力と電気動力がそのうちに導入された。

凋落

ニュー・イングランドの繊維産業は第一次世界大戦で凋落し、 第二次世界大戦で崩壊した; ブート・ミル (Boott Mill) は 1958 年に操業を停止した。 1970 年代末までに、これらは 「ローウェル国立歴史公園」 の中心となる成分になった。 これは複合施設が事実上無傷であったからで、 他の施設のように、例えばメリマック製造会社 (Merrimack Manufacturing Company) のように、 火災や、部分的な、あるいは大規模な取り壊しで苦しむことがなかったからである。 付け加えると、ブート・ミルは なお 1830 年代の建物を含んでいるが、 更には 1900 年に近い新しい建物を含んでいる。 このようになっているので、これはその間の産業発展のカタログになっている。

ブート木綿ミル博物館 (Boott Cotton Mills Museum)

ブート・ミルは現在は順応的再利用の実例である; これらはが含むのは:  国立公園の機織り部屋展示、分譲マンション、アパート、そして事務所である。 少々の建物の改装はなお継続している。 女工宿舎 (Mill girl housing) の唯一の並びが、 ローウェル・システム (Lowell System) の下で初期の操業のために建設され、広範囲な改装後になお建っており、 展示の造作にもなっている。