ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Dogdyke Pumping Station - Wikipedia

ドックダイク・ポンプ場: Google map

ドッグダイク・ポンプ場 (Dogdyke Pumping Station)

ドッグダイク・エンジンはイングランド、ランカシャーのタターズホール (Tattershall) の近くの排水エンジンである。 タターズホール (Tattershall) の周りの 2,500 エイカー (1,012 ヘクタール) の 排水は 1796 年に認可され、1844 年にウィザム第 3 地区委託委員 (Witham Third District Commissioners) の管理下に置かれた。

建物は 1856 年にさかのぼり、この時、回転ビーム・エンジン (rotative beam engine) が 風車型式のエンジン -- おそらくは 1540 年のもの -- に取って代わり、べイン川 (river Bain) とウィザム川 (river Witham) の間の土地を排水した。 このエンジンはウィザム川に排水したが ドッグダイク・エンジン・ドレイン (The Dogdyke engine drain) -- カークステッド (Kirkstead) のすぐ南のパークベック (Parkbeck) と呼ばれる場所を起点 -- と呼ばれる川に平行な排水溝から長距離の取り出しをしている。

1856 年は比較的最近のことで、ホイーラー (Wheeler) の述べることによると、 1856 年のエンジンは 1841 年のエンジンの代わりになったが、 この場所は不明である。

建物はグレード II の 「古代モニュメント一覧」 である。

ドッグダイク・ポンプ場
  1. エンジン
  2. 交通の便
エンジン
蒸気エンジン

この蒸気エンジンは保存トラストにより維持され、 夏の間週末に蒸気で動く。 ピンチベック・エンジン (Pinchbeck Engine) の方がより古いが、 ピンチベック・エンジンは蒸気で動くことがない。 保存トラストの主張では、この蒸気エンジンは最古の可動排水蒸気エンジンである。

ウェイクフィールド (Wakefield) のブラッドリー・クレイブン社 (Bradley & Craven Ltd) で建造された蒸気エンジンに組み込まれているのは 16 フィート (4.9 m) のはずみ車、 直径 24 インチ (0.61 m) のシリンダー、 48 インチ (1.2 m) のストロークである。 建設方法は A-フレーム ('A' frame) に類似しているが、 装飾的な上向きの鋳鉄製棒の型式が基本的形式を不明瞭にしており、ユニークなものと考えられる。

スクープ・ホイールは直径 24 フィート (7.3 m) でエンジンから 4:1 のギア・ボックスを 経由して 7 rpm までの速度で走る。

エンジン・フレーム
とはずみ車
スクープ・ホイール

最初のボイラーは 1909 年まで継続し、 二重チューブのコーンウォール型式 (twin tube Cornish type) で 12 psi で動作した。 交代したのはリンカンのフォスターズ社 (Fosters of Lincoln) のランカシャー・ボイラーで、このボイラーの構造は生き延びているが、 この後方の端が取り除かれて、現代的な垂直ボイラーに余地を与え、この垂直ボイラーが 蒸気駆動の実演に使用されている。

元々の 100 フィート (30 m) の煙突は 1922 年に落雷があり、 少々小さくなった。 これはディーゼル操業に変換後の 1941 年に取り壊された。

ディーゼル・エンジン

二基のディーゼル・エンジンがウィザム第 3 地区内部排水委員会 (The Witham Third District Internal Drainage Board) により、そばの電動ポンプ場 (pumping station) の代役として維持されている。 これらのエンジンは通常、博物館の開館中に操業されている。

蒸気エンジンは 1940 年にラストン・ホーンズビー社 7XHR ディーゼル・エンジン -- シリアル番号 194833 -- で交代され、 22 インチのグィン社遠心ポンプ (Gwynnes centrifugal pump) を駆動している。 このエンジンは 23.6 リットルの容量がある。 7XHR のデザインにあるものは: 口径 10 インチ (25.4 cm) の単一水平シリンダー、 ストローク 18.5 インチ (47.0 cm)、 300 rpm で 40 馬力 (30 kW) を出力する。

ラストン・エンジン

ラストン・ホーンズビー社の予備エンジン 1VTO もあり、 大きなエンジンの始動空気 (starting air) を提供し、 グィン社ポンプの小さな始動ポンプ (primary pump) を操業した。 1VTO のデザインは 口径 4 インチ (10.2 cm) の単一水平シリンダー、 4 インチ (10.2 cm) のストローク、 1000 rpm で 5 馬力 (4 kW) を出力した。

交通の便

蒸気駆動の日に、ここに行くには整備していない道路をドライブし、 草の生えた場所を歩く必要がある。 基本的に建物は 1 階のみであるが、 この場所が歴史的な場所であるため、見て回るのに身障者には限度がある。

トイレ、お茶、そして、限りある車いすの使用が提供されている。