ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Gable - Wikipedia
妻壁 (ゲーブル、Gable)

妻壁 (gable) は一般に交差する傾いた屋根の間の 3 角形の壁の部分である。 妻壁 (gable) の形とその細部は使用される構造システムに依存し、 そのシステムが反映するのは、気象、利用可能な材料、及び、関連する美学である。 妻壁全体 (gable wall あるいは gable end) はもっと一般に壁全体を指し、 妻壁とその下の壁を指す。

3 つの妻壁が付く 1 階建ての家、
2 つしか見えない。(黄色で強調)。
切妻屋根の交差部は交差切妻屋根
(crossed gable roof) である。
ニューヨーク市ブルックリンの
パーク・スロープ近辺の6 番街と
7 番街の間のセント・ジョンズ・
プレース 176 - 178 にある装飾妻壁

一連の曲線で作られた欄干 (オランダ妻壁、オランダ・ゲーブル、Dutch gable)、 あるいは水平階段 (horizontal steps) (クロウ・ステップド・ゲーブル (カラス階段妻壁、crow stepped gable)) は屋根の斜めの線を隠すことができる。

訳注
以下、 Dutch gableCrow-stepped gableに掲載の写真です。
オランダ・ゲーブル、北フランス、
アラス (Arras) の典型的な正面
ベルギー、 ブルッヘ (Bruges) の建物
クロウ・ステップド・ゲーブル

もっと最近の建物の妻壁全体は古典的なペディメント (pediment) の形式としばしば同じ方法で取り扱われている、 しかし、 トレビエーション (trabeation) 【訳注:梁 (beam) を使用する、つまりポスト & リンテル (柱と横木) を使用する方法の事】 を使用する古典的な方法とは違い、 多くの建物の妻壁全体 (gable end) は実際は耐力壁 (bearing-wall, ベアリング・ウォール) の構造である。 従って、詳細はあいまいで、誤解を招くものである。

訳注
ペディメント (pediment) は古典建築での妻壁で、 下の パンテオン (Pedimentに掲載の写真) の 3 角形の部分です。

妻壁様式は建物の基礎構造のデザインにも使用され、積雪量に応じて屋根の傾きが変化する。

急な妻壁屋根はゴシック、及び古典ギリシャの建築様式の性質である。

妻壁屋根の反対、あるいは逆は V-屋根 (V-roof) あるいは蝶々屋根 (butterfly roof) である。

  1. 正面妻壁と側面妻壁 (Front-gabled and side-gabled)
  2. Wimperg
  3. 欠点
  4. ポピュラー・カルチャーで
正面妻壁と側面妻壁 (Front-gabled and side-gabled)

正面妻壁の建物は妻壁が通りに面するが、側面妻壁の建物は雨どいが通りに面し、 (屋根の) 尾根部分が通りに平行になる。 この用語は都市下での建物を決定するために、建設と都市計画で使用される。

正面妻壁の建物は中世ゴシック時代にはドイツの街路 (city street) では典型的であると考えられるが、 後のルネッサンス建築ではイタリアの建築に影響を受け、しばしば側面妻壁である。 米国では妻壁が正面になる正面妻壁は 19 世紀始めと 1920 年の間には人気があった。

テュービンゲン (Tübingen)
の正面妻壁の建物
バウツェン (Bautzen)
の側面妻壁の建物
Wimperg

Wimperg は、ドイツ語とオランダ語で、ゴシック様式の装飾的妻壁のことで、 窓あるいは出入り口の上にトレーサリーが付いており、 これには小尖塔がしばしば付随している。 とりわけ大聖堂建築ではゴシック建築には典型的な要素であった。 Wimperg にはしばしば、クロケット (crocket) あるいはゴシック様式の他の要素が付いていた。 Wimperg の背後にある意図は、より高く見せることであった。

アミアンの大聖堂 (cathedral in Amiens) が
wimperg の付いた出入り口と小尖塔、及び
] バラ窓を見せている。
欠点

妻壁全体の屋根はハリケーンや竜巻が起こりやすい場所では貧弱なデザインである、 というのはこれは強風ではがれやすいからである。 3 角形の壁に覆いかぶさる屋根の部分はとても頻繁に落とし穴になり、傘のように風を捕らえる。 妻壁全体に向かって吹く風は 3 角形の壁にも、 3 角形の壁に覆いかぶさる屋根の端にも、ものすごい圧力を及ぼし、 屋根がはがれ、3 角形の壁が陥没する原因になる。

ポピュラー・カルチャーで