ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hatfield Chase - Wikipedia
ハットフィールド・チェイス (Hatfield Chase)

ハットフィールド・チェイス (Hatfield Chase) は イングランドのサウス・ヨークシャー (South Yorkshire) とノース・リンカンシャー (North Lincolnshire) の低地帯で、ここではよく洪水があった。 1626 年に チャールズ 1 世がオランダの技術者の コーネリウス・フェルマイデンを 任命して、ここを排水することを命令するまでは王室の狩猟場であった。 工事には ドン川 (River Don)、 アイドル川 (River Idle)、 トーン川 (River Torne) の ルートを変えることと、排水路の建設が含まれていた。 これは完全には成功ではなく、 Isle of Axholme を含む広い土地の全ての性質を変え、 この後のこの世紀の法的な論争の原因となった。 土木技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) は 1760 年代の冬の洪水の問題を見て、 幾つかの是正工事が実施された。

サウス・アイドル・バンク排水路、
トンネル・ピッツの方を見る。
サウスヨークシャー内における位置

1813 年の議会法の下で、委託委員が任命され、排水の改良に始めて、 最初の蒸気揚水エンジンが含まれた。 ハットフィールド・チェイス・レベル法人 (Corporation of the Level of Hatfield Chase) が 1862 年に設立され、別の揚水エンジンが設置された。 排水路はチェイス (the Chase) の北東に走り、トレント川流域のオルソープ (Althorpe) の導水路 (sluice) に続いた。 トレント川への放出口はその後、キードビー (Keadby) に移動され、 1940 年に揚水所が建設された時に、重力排水に補足された。 蒸気エンジンは次第にディーゼル・エンジンで置き換えられ、 その後、電動ポンプで置き換えられた。 環境庁はキードビーに付け加え、チェイス (the Chase) に 8 ヶ所の主揚水所があり、 ハットフィールド・チェイス・レベル法人の内部排水委員会により管理された 幾つかの小さな浄水場がある。 幾つかの揚水所では (排水の) 向きを逆にすることができ、 冬には排水路から水を取り出して主要河川に注ぎ、 夏には灌漑のために、川から水を取り出して排水路に注ぐ。

訳注
レベル (level) は平野の意味になりますが、この場合には同一の手段で排水できる地域のことを意味していると思われ、 平野よりは、もっと平面状になっていると思われます。
  1. 位置
  2. 排水の歴史
  3. 進展
  4. 水路
  5. 揚水所の位置
位置

ハットフィールド・チェイスをおおよそ取り囲むのは: 西の M18 自動車道、 北のウーズ川、 南のアイドル川、 東のエプワースを通り抜ける A161 道路とアクホルム島 (Isle of Axholme) である。 これはおよそ 110 平方マイル (280 km2) の領域をカバーし、 ソーン・ムーア (Thorne Moor)、 ハットフィールド・ムーア (Hatfield Moor) と呼ばれる 2 つの大きな泥炭沼地 (peat bog) を含み、 かっては広大なハンバーヘッド・レベルズ (Humberhead Levels) -- 元々 770 平方マイル (2,000 km2) に及ぶ湿地帯 (wetland) -- の一部である。 チェイス (the Chase) をトーン川 (River Torne) が横切り、この川のために新しい水路が 1628 年に当時 実装された排水計画の 1 部としてフェルマイデンにより掘削された。 更に北には、2 つの泥炭沼地 (peat bog) が 1802 年の スタインフォース・キードビー運河の完成で分離され、 この運河は 2 つの沼地の間を東西方向に走った。 1970 年代には、チェイス (the Chase) は M 180 自動車道路の建設により、 更に分割され、この道路は運河の南を走るが、類似の方向をたどった。

マーシア王ペンダ (Penda of Mercia) と ノーサンブリア王エドウィン (Edwin of Northumbria) の間の 633 年の 「ヒースフィールドの戦い」 (Battle of Heathfield) は はハットフィールドチェイスで起きたかもしれない。 もっとも、これは ノッティンガムシャー (Nottinghamshire) の マンスフィールド (Mansfield) とワークソップ (Worksop) の間の カックニー (Cuckney) の近くで起きたかもしれない、 ここにもハットフィールドと呼ばれる場所がある。

排水の歴史

ハットフィールド・チェイスは 3 つの川 -- ドン川 (River Don)、 トーン川 (River Torne)、 及びアイドル川 (River Idle) -- の合流点の北にあり、川はトレント川まで蛇行し、 ハンバー川への入り口の近くに至る。 この地域全体は、アクホルム島 (Isle of Axholme) を除き、 海抜 10 フィート (3.0 m) 以内で、 従って、頻繁に洪水が起きた。 この地域は少々共有地を含んでいるが、魚や 猟鳥 (game) を取ることは違法であった、 もっとも地元の多くの人は魚釣りと野鳥を取ること (fowling) により生計を立てており、 農業には不向きな場所であった。

この地域を排水するために チャールズ 1 世フェルマイデンを任命した事情は不明である。 フェルマイデンがそれ以前の王室の狩猟パーティに随行した話はほとんど確実に作り話であるが、 国王は財産が利益を生むことに熱中し、 契約は土地を 3 つに分割して、 1 つは国王のもの、 1 つは土地を排水しようとする投資家 (adventurers) のもの、 残りは土地に利害関係のある地元民のものであった。

フェルマイデンは何人かの ワロン人の共同経営者を連れ込み、 彼らは 「参加者」 (Participants) と呼ばれ、株式を手に入れて、 排水工事を実施した。 この中には幾つかの ユグノー (Huguenot) の家族も含まれ、 宗教的迫害から逃れ、サンドトフト (Sandtoft) に定住していた。 工事は 1628 年までに £400,000 の経費で随分と完成した。

元々の排水路と排水計画 内部排水委員会の管理地区
現代の高水位放水路 (carrier)
と揚水所を示す。
注意
  1. 2 つの地図の比較が難しいが、第 2 の地図の中央に Hatfield Moor (ハットフィールド・ムーア) が見え、これは最初の地図の 2 つあるムーア (Moor) の下の方です。 第 1 の地図のハットフィールド・ムーアのすぐ南に、トーン川 (River Torne) が流れ、これは下流の方で 新トーン川 (New River Torne) に名称が変わります。
  2. 第 2 の地図には水路が並んでいますが、上から順番に ノース・エンジン排水路、ハットフィールド廃水路 (以上はベルトン・グレーンジの手前で上下が入れ替わり)、 少し間隔があって、 トーン川、サウス・エンジン排水路 (South Engine Drain)、フォーリー排水路 (Folly Drain) があり、 最後の 2 つはキードビーの手前で合流しています。すべての水路はキードビーの手前でスリー・リバーズ (Three Rivers、3 つの川) になっています。

ドン川の東の支流はブロックされ、エア川 (River Aire) に至る 北の支流の堤防はかさ上げされた。 北の支流はターンブリッジダイク (Turnbridgedike) と呼ばれるローマの航行水路であった。 川の南側をフィッシュレイク (Fishlake) からトーン (Thorne) まで走る 2 マイル (3.2 km) の堤防は、 航行可能な導水路 (sluice) を含み、ボートがサンドトフト (Sandtoft) に到達することを可能にした。 持ち上げゲートにより 50×15 フィート (15.2×46 m) の水門の隔室 (lock chamber) に進入できた。 トーン (Thorne) の向こうでは、別の堤防がエアー川まで 5 マイル (8.0 km) を走った。 アイドル川はダムでブロックされ、 水は Bycarrs Dyke に沿ってストックウィズ (Stockwith) でトレント川に向きを変えた。 5 マイル (8.0 km) のバリヤー堤防 (barrier bank) がダムからトレント川まで水路の北側に沿って建設された。 トーン川 (Torne) に堤防をめぐらして、排水路を掘削することにより直線化し、 排水路はオルソープ (Althorpe) で導水路 (sluice) を経由して、トレント川に排水した。 アイドル川がダートネス (Dirtness) で閉鎖された場所から 8 マイル (13 km) の排水路が掘削され、 トンネル・ピッツ (Tunnel Pits) でトーン川の下を通過する。 ダートネス (Dirtness) で、これに西から水を運ぶ別の排水路が合流し、 そして更にもう 5 マイル (8.0 km) を走り、オルソープ (Althorpe) の別の導水路に至る。 この工事はイングランドでかって見られなかった規模の工事で、 フェルマイデンの貢献が認められ、1629 年 1 月に騎士の称号を授与された。 1629 年に、ハットフィールド・チェイス・レベルの下水道法廷 (Court of Sewers for the Level of Hatfield Chase) が王室の許可証により設立された。

排水は全地域を変貌させ、それ以前は沼地があった場所に豊かな農地を作った。 もっとも、定期的な洪水になお、さらされていた。

多くの地元の人々は結果にとても満足したわけではなかった。 これらの人々は共有権の資格があり、主にアクホルム島 (Isle of Axholme) の人々で、 彼らは最悪の場所を割り当てられたと主張した。 ドン川の更に下流の フィッシュレイク (Fishlake)、 サイクハウス (Sykehouse)、 及びスネイス (Snaith) の 村々の人々から洪水の不平があった。 外国の定住者に対しての逆襲が魚釣りと生計を失ったものによって助長された。

フィッシュレイク (Fishlake) とサイクハウス (Sykehouse) の洪水は、 エアー川が高水位の時に、 ターンブリッジダイク (Turnbridgedike) の導水路 (sluice) を閉鎖した時、 ドン川の流れを保持するための冠水地 (washland) が不十分なことの結果であった。 航行可能な導水路がターンブリッジダイク (Turnbridgedike) に建設され、 これには 60×18 フィート (18.3×5.5 m) の水門の隔室と 17 基の排水ゲート -- 各々 6×8 フィート (1.8×2.4 m) -- が含まれた。 この構造は恐らくは、フェルマイデンを助けたヒューゴー・スピアリング (Hugo Spiering) により建設され、 グレート・スルース (Great Sluice, 大導水路) と呼ばれた。 これは洪水の問題を完全には緩和しなかった。そこで、新しい 5 マイル (8.0 km) の 堤防で囲まれた水路が 1632 年から 1635 年にかけて、ニューブリッジ (Newbridge) からグール (Goole) のウーズ川まで 建設された。 グールの川の水位は Turnbridgedike よりも 5-10 フィート (1.5-3.0 m) 程低く、排水がもっと効果的であった。 水路と放水導水路 (outfall sluice) の全建設費は £33,000 であった。 グールでのウーズ川への航行可能な接続がなく、ボートはターンブリッジダイク (Turnbridgedike) でエアー川に進入し続けた。 この水路は、 2 つの排水路が洪水により 1 本に押し流されてから、 まもなく広いダッチ川になった。

色々な訴訟と嘆願の後で、地元の人々はイングランド内戦の混乱の最中に行動を起こし、 洪水ゲートを持ち上げて、ハットフィールド・チェイスを氾濫させ、堤防と導水路に被害を与えた。 法廷が最終的に 1650 年に彼らに反対の判決を与えた時に暴動が起きた。 平和は回復したが、裁判はその世紀のその後に継続し、1719 年に至るまで最終的には解決しなかった。

進展

この地域は 18 世紀に至っても冬の洪水になお影響を受けており、 土木技術者の ジョン・スミートンは査定することを依頼された。 彼は 1764 年 9 月と 1776 年 10 月に報告を作成し、これが補修工事の基礎になった。 これは 1776 年から数段階で実施され、1789 年に完成した。

改良は 19 世紀初頭に継続し、幾つかの議会法によって認可された。 1813 年のハットフィールド・チェイス排水議会法は 2 つの委託委員会を作り、 委員会は議会法に明示された建設工事に使用するための £15,000 を集める権力があり、 一旦完成すれば、下水道法廷 (Court of Sewers) に採用されることになっていた。 資金は工事により恩恵を被るものに追加の課税をすることで集められた。 特別なエンジン税もあり、これはチェイス (the chase) の南部の蒸気揚水エンジンの操業資金に使用された。 蒸気エンジンは 1848 年にはリトル・ハースト (Little Hirst) に設置されたが、 経験により、排水地区に近いことが必要であることがわかり、1858 年にブル・ハソックス (Bull Hassocks) に移動された。 40 馬力 (30 kW) の中古エンジンが 30 フィート (9.1 m) のスクープ・ホイール (Scoop wheel) を駆動した。

ブル・ハソックス (Bull Hassocks) の揚水所、
サウス・レベル・エンジン排水路は
揚水所の後ろからトレント川に走る。

チェイス (the Chase) の排水を改良する観点から、 1862 年に獲得された議会法により、 「ハットフィールド・チェイス・レベル法人」 (Corporation of the Level of Hatfield Chase) が設立され、ここが、以前の責任者である個々の「参加者」 (Participants) から排水の管理を引き継いだ。 この議会法は更に建設工事を認可し、これにはチェイス (the Chase) の北部の揚水エンジンが含まれる。 課税される地域が拡張され、議会法には 21 のタウンシップ (township) と教区が記載され、 ここが排水工事の支払いをすることが要求された。 下水道法廷 (Court of Sewers) の管轄は 1862 年からの 「法人」 (Corporation) の会合で置き換えられた。 「法人」 はダートネス (Dirtmess) の新しい揚水所に £8,887 を使い、これは 1865 年までに操業可能となった。 建物には 2 基の複合ビーム・エンジン (compound beam engines) が含まれ、 単一のスクープ・ホイールを駆動し、 これは 33.25×6 フィート (10.13×1.83 m) で、80 トンの重さがあった。 ブル・ハソックス (Bull Hassocks) の揚水エンジンは 1892 年に上級化された、 二基の 48 インチ (120 cm) の遠心力ポンプは 175 馬力 (130 kW) の蒸気エンジンで駆動され、 どちらのエンジンも走っている時には、揚水所はサウス・エンジン排水路 (South Engine Drain) に毎分 300 トン (1 日当たり 440 メガ・リットル (Mld)) を排水した。 ディーゼル・エンジンは 1928 年にダートネス (Dirtness) で電動ポンプに道を譲り、 この時、ディーゼル・エンジンは電動モーターで駆動されるグウィンズ社 (Gwynnes Limited) のポンプで置き換わった。

1930 年の土地排水議会法 (Land Drainage Act) は排水に責任を持つ管理組織を変更し、 「法人」 は事実上、「内部排水委員会」 (Internal Drainage Board) になった。 1941 年に「法人」 は存在が停止し、その権力と責任は 「トレント川集水域委員会」 (Trent Rive Catchment Board) と 「ウーズ川 (ヨークシャー) 集水域委員会」 (River Ouse (Yorkshire) Catchment Board に分割された。 この変更にもかかわらず、この地域の管理は依然と同じように継続し、 公的な記録は、「集水域委員会」 (Catchment Board) は「ハットフィールド・チェイス・レベル法人」と同様に機能した、 もっとも後者は法的にはもはや存在しなかった。 これは、「トレント川集水域委員会」 が 「トレント川委員会」に改名され、次に 「トレント川機関」 (Trent River Authority) となっても継続し、後者は 1974 年に 「セバーン・トレント川水機関」 (Severn Trent Water Authority) の一部になった。 普通とは違う展開により、「ハットフィールド・チェイス・レベル法人」 は 農漁食糧省 (Ministry of Agriculture, Fisheries and Food) の命令により 1987 年に再度設立された。 命令は 1813 年と 1862 年の議会法を引用し、資産とこの地域の排水責任を「セバーン・トレント」から、この「法人」 に移した。

揚水所の上級化が継続した。 ブル・ハソックス (Bull Hassocks) の蒸気エンジンは 1940 年に一基のラストン (Ruston) 300 馬力 (220 kW) のディーゼル・エンジンと 36 インチ (91 cm) のグウィンズ (Gwynnes) ポンプ で交換され、 1941 年にもう二基の類似のユニットで補足された。 1988 年までに、二基の電動モーターが設置され、 揚水所は 1 分間に 330 トンを排水できた (485 Mld)。 ダートネス (Dirtness) では、一基の電動ポンプに 1951 年にもう二基が追加補足された、 これらは 105 ブレーキ馬力 (brake horsepower) (78 kW) あり、 各々 1 分間に 110 トンを動かすことができた (161 Mld)。

水路

今日、ハットフィールド・チェイスの水路は 「ハットフィールド・チェイス・レベル法人内部排水委員会」 (Corporation of the Level of Hatfield Chase Internal Drainage Board) により管理されている。 彼らは 30.8 平方マイル (79.8 km2) の地域の排水と 84.5 マイル (136.0 km) の水路の保守に責任があり、 これには 9 ヶ所の揚水所の操業が含まれている。 更にこの上に、環境庁はこの地域内の数ヶ所の揚水所の保守と操業を担い、 水は高水位の場所に揚水され、揚水された所は堤防で囲まれた水路から構成され、 水位が周辺の土地よりも一般に高くなっている。

トーン川 (River Torne) はティックヒル (Tickhill( の西で始まり、この地域の中央を横断する。 キャンディ農場北 (Candy Farm North) とキャンディ農場南の揚水所はこの地域の西端にある。 南エンジン排水路 (South Engine Drain) とフォーリー排水路 (Folly Drain) は東の境界を形成し、 チェイス (the Chase) を横断した後で、トーン川に並行に走る。 ブル・ハソックス (Bull Hssocks) 揚水所はサウス・エンジン排水路 (South Engine Drain) の開始点にあり、 最初の蒸気動力の揚水所の場所にある。 ハットフィールド廃水路 (Hatfield Waste Drain) とノース・エンジン排水路 (North Engine Drain) は 北の境界に沿って走っている。 トンネル・ピット北とトンネル・ピット南の揚水所は ハットフィールド廃水路にあり、 一方ダートネス (Dirtness) 揚水所はノース・エンジン排水路の開始点である。 この建物は 1862 年に設置された。 これらの水路はすべて Pilfrey Junction で合流し、ここから 3 本の平行な水路 -- スリー・リバーと呼ばれる -- が キードビーの揚水所に流れる。 ハットフィールド廃水路 (Hatfield Waste Drain) はジャンクションの手前でノース・エンジン排水路 (North Engine Drain) の下を通り、その後北水路 (North Channel) になる。 中央水路はノース・エンジン排水路 (North Engine Drain) とトーン川 (River Torne) で形成され、 一方、南水路 (south channel) はサウス・エンジン排水路 (South Engine Drain) と フォーリー排水路 (Folly Drain) の水を通す。

ダートネス (Dirtness) の揚水所、
ノース・エンジン排水路の開始点

ブル・ハソックス (Bull Hassocks) 揚水所はサウス・アイドル排水路 (South Idle drain) からの水を処理するためにデザインされているが、 1970 年以前にはフォーリー排水路からの水も処理しなければならなかった。 これは、この年に新しい揚水所をグリーンホーム (Greenholme) に建設することにより変更となり、 この揚水所はフォーリー排水路の水を、 サウス・レベル・エンジン排水路 (South Level Engine Drain) に汲み上げた。 この揚水場は西アクホルム IDB (West Axholme IDB, IDB = 内部排水委員会) の トレント川委員街により建設され、3 基のポンプを含み、 このうち 2 基は直径 24 インチ (610 mm) で、 109 Mld の能力があり、 1 基は 15 インチ (380 mm) で、29 Mld の能力がある。 この地域は 1970 年代末と 1980 年代始めの自動車道路建設プログラムで影響を受け、 これにより M18 自動車道路がチェイス (the Chase) の西端沿いに走り、 M180 自動車道路がここを横断し、大まかにはスタインフォース・キードビー運河に並行したが、 少し南を走った。 道路により大量の排水 (runoff) があり、これは排水路に進入した。

複数の河川当局者 (river authorities) はこの機会を使用して、システムを上級化してこの排水 (runoff) を処理し、 幾つかの地元の問題を解決した。 ロー・バンク (Low Bank) の揚水所は 1977 年に建設され、3 基のポンプを組み込んだ。

別の 3 基のポンプが Wood Carr 揚水所の、かってのサンドトフト飛行場 (Sandtoft Airfield) (現在のトロリーバス博物館の場所) に設置され、一基のポンプが翌年にベルトン・グレーンジ (Belton Grange) に設置された。 3 つの揚水所はすべてハットフィールド廃水路 (Hatfield Waste Drain) に水を放出する。 内部排水委員会 (Internal Drainage Board) も彼らのポンプの何基かを上級化して、余剰の水を処理した。

キードビーの揚水所は 6 つのコンクリート製の排水溝 (culvert) と 6 基のポンプを備えている。 これは 1940 年に建設され、この時 6 基のクロスリー (Crossley) ディーゼル・エンジン -- 420 馬力 (310 kW) で、60 インチ (150 cm) のグウィンズ (Gwynnes) ポンプを駆動 -- が設置された。 5 基は国内河川局 (National Rivers Authority) により 1994 年に改装され, 6 基目は電動モーターに置き換えられた。 トレント川への放水は川の水位が十分に低ければ排水溝 (culvert) に通し、 そうでなければポンプに通す。 チェイス (the Chase) 内の揚水所の幾つかのポンプは (流れの) 向きを変えることができ、 洪水の危険がある時は排水路から水位の高い放水路 (carrier) に汲み上げ、 水が灌漑に必要なときは放水路 (carrier) から排水路に水を移動する。 環境庁もボルトン・グレーンジ (Bolton Grange)、グッドコップ (Goodcop) そしてロー・バンク (Low Bank) に揚水所を所有し、 これはハットフィールド廃水路 (Hatfield Waste Drain) に汲み上げる。

キードビー揚水所
揚水所の位置
地点 座標
キードビー (Keadby) 53.592°N 0.740°Wトレント川への放水口
ベルトン・グレーンジ
(Belton Grange, Grange =農場)
53.585°N 0.838°Wハットフィールド廃水路にある
ブル・ハソックス (Bull Hassocks) 53.507°N 0.897°Wサウス・エンジン排水路の開始点
キャンディ農場 (Candy Farm) 53.520°N 0.948°Wトーン川にある
ダートネス (Dirtness) 53.580°N 0.869°Wノース・エンジン排水路の開始点
グッドコップ (Goodcop) 53.566°N 0.891°Wハットフィールド廃水路にある
グリーンホーム (Greenholme) 53.527°N 0.882°Wサウス・エンジン排水路にある
ロー・バンク (Low Bank) 53.568°N 0.887°Wハットフィールド廃水路にある
トンネル・ピッツ )Tunnel Pits) 53.528°N 0.893°Wトーン川にある
訳注
ここに登場する地名は、 排水の歴史の 2 番目の地図に書き込まれています。