ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tardebigge Locks - Wikipedia
ターデビジ多層水門 (Tardebigge Locks)

ターデビジ多層水門 (Tardebigge Locks) あるいは ターデビジ連続水門 (Tardebigge Flight) は 英国で最長の連続水門で、ウスターシャー、ターデビジにある ウスター・バーミンガム運河 の 21/4 (3.6 km) 区間にある 30 層の水門から成っている。 これは水路を 220 フィート (67 m) 持ち上げ、 北のターデビジ・トンネル (長さ 580 ヤード、あるいは 530 m) と 南の 6 層ナロウ水門から構成されるストーク・プライヤー連続水門 (Stoke Prior flight) の間にある。

ターデビジ貯水池の堤防から
見たターデビジ多層水門の幾つか
  1. 歴史
  2. IWA
歴史

トップ水門は 11 フィートの落差があり、 単一の水門としては以上に大きい。 この水門は実験的な垂直ボート・リフトと交換するために建設された。 運河はバーミンガムから ブロックヒル・レーン (Brockhill Lane, 通り名) の 北の波止場 (現在はオールド・ワーフ (旧波止場、Old Wharf) と呼ばれる) まで、 1807 年 3 月 30 日に建設・開通し、(ここまで) 水門の必要がなかった。

落差が 11 フィートの
ターデビジ・トップ水門
と管理人の小屋

オールド・ワーフの後に、ターデビジ・トンネルが硬い岩を通り抜けて走り、 水門 58 (連続水門の最上流の水門) のすぐ上流のニュー・ワーフ (新波止場、New Wharf) に至った。 運河会社はウスター (Worcester) のセバーン川まで運河を硬化させるのに必要な 58 基の水門の出費を懸念した。

ターデビジ垂直リフトはジョン・ウッドハウス (John Woodhouse) により発明されて、 彼自身の出費で設置され、掘削と石構造は会社が提供した。 これは 1808 年 6 月 24 日に完成し、屋根付きの小屋に格納され、 固定したレンガのカウンター・ウェイトを使用し、 8 個の平行な鎖とプーリー (滑車、pulley) の組に接続されていた。 昇降はウィンドラス (Windlass) を使用する 2 名の人により実施された。 64 トンの木造のケーソン (caisson, 昇降室) は両端が、水門の隔室と同様に密閉された。 これは 12 時間に 110 隻のボートを持ち上げるのに成功したが、 恒久使用には脆弱すぎると思われた。 運河の残りは水門で建設され、 垂直リフトは 1815 年に一基の水門で交換された。 昇降機械はなくなったが、平衡立て坑の外見は 水門管理人の小屋の近くに見ることができる。

水門 57 -- 頂上から 2 番目の水門 -- の近くには、ターデビジ・エンジン棟があり、ターデビジ貯水池から、 水を汲み上げるために建設され、池は頂上水平区間のおよそ 50 フィート (15 m) 下にある。 元々の蒸気エンジンは取り除かれ、建物はレストランとして再使用されたが、 現在は使用されていない。 貯水池は運河の幾つかの給水源の 1 つである。

アラン・ホワイト師 (Revd Alan White) による詳細な歴史が 彼の本 ウスター・バーミンガム運河 に書かれている。

1992 年に、水門 58 と周辺の幾つかの構造 -- これに含まれるものにサイド・ポンド、導水路 (sluice)、水門管理人の家 -- は「指定建造物」 (listed building) に指定された。

IWA

トップ水門には 1945 年の内陸水路協会 (IWA, Inland Waterway Association) の創設を記念する複数の銘板がある。

ターデビジ・トップ水門
内陸水路協会の銘板
1981 年の IWA の銘板
設立年が間違い
2005 年の IWA の銘板
正しい設立年