ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Trencherfield Mill - Wikipedia

トレンチャーフィールド・ミル: Google map

トレンチャーフィールド・ミル (Trencherfield Mill)

トレンチャーフィールド・ミル (Trencherfield Mill) は 木綿紡ぎミル (cotton spinning mill) で、 イングランド、拡大マンチェスター (Greater Manchester) の ウィガン (Wigan) において リーズ・リバプール運河 (Leeds and Liverpool Canal) に隣接して建っており、 1907 年に建設された。 これはランカシャー木綿コーポレーション (Lancashire Cotton Corporation) により、 1930 年代に引き継がれ、1964 年に コートールズ (Courtaulds) に引き渡された。 ミルは 1907 年にボルトン (Bolton) の J&E ウッド (J&E Wood) により建造された 2500 馬力の 3 段膨張 4 シリンダー・エンジンにより駆動された。 エンジンの半分は (それぞれ) リナ (Rina) とヘレン (Helen) と呼ばれた。 これらは 54 本のロープの付いた 26 フィートのはずみ車を 68 rpm で駆動した。 エンジンは 1968 年に停止した。 ミルは今ではウィガン桟橋 (Wigan Pier) 再開発の一部分で、 他の目的に使用されている。

トレンチャーフィールド・ミル
1951 年の動作しているミル
広域マンチェスターにおける位置
  1. 位置
  2. 歴史
  3. 建築
  4. 動力
  5. 所有者
位置

ウィガン (Wigan) はイングランド、 拡大マンチェスター (Greater Manchester) の町である。 この町は 1740 年代に運河化された ダグラス川 (River Douglas) のそばにある; この町は プレストン (Preston) の南 15 マイル (24.1 km)、 マンチェスターの西北西 16.5 マイル (26.6 km)、 リバプールの東北東 17.4 マイル (28 km) にある。 ウィガンはウィガン大都市自治区 (Metropolitgan Borough of Wigan) の最大の集落で、 この自治区の行政上の中心である。 ウィガンに貢献しているものに:  リーズ・リバプール運河 (Leeds and Liverpool Canal)、 ロンドン・ノースウェスタン鉄道 (Londn and North Western Railway)、 及び、 ランカシャー・ヨークシャー鉄道 (Lancashire and Yorkshire Railway) がある。 トレンチャーフィールド・ミルはウィガン桟橋 (Wigan Pier) のそばに建ち、 この桟橋はリーズ・リバプール運河の波止場で、 これは作家の ジョージ・オーウェル (George Orwell) により、彼の本『ウィガン波止場への道』 (The Road to Wigan Pier) で有名となった。 オーウェル (Orwell) は 1930 年の間の地方住民の貧弱な労働条件と生活条件に脚光を浴びせた。

トレンチャーフィールド・ミル
改造され、今では部分的に住宅
歴史

歴史的にはランカシャーの一部分で、産業革命の最中には ウィガンは劇的な経済拡張を経験し、人口が急速に増大した。 磁器の製造と時計製造がこの町の主な産業であったが、 ウィガンはそれ以来重要なミル (mill、工場) の町で、且つ炭鉱地区として知られた。 最初の石炭鉱山は 1450 年に ウィガンで設立され、その最盛期には町の中心から 5 マイル (8 km) 以内に 1000 ヶ所 の立坑 (pit shaft) があった。 炭坑が非常に広範囲であったため、 町の議員 (councillor) の 1 人がかって述べたように、 「ウィガンでは裏庭の探鉱は普通でないわけではない」。 石炭の採掘は 20 世紀の後半に終了した。 1974 年に ウィガンは広域マンチェスターの一部分となった。

18 世紀における石炭生産、工学、繊維の中心地としての ウィガンの地位は 1740 年代に、 ダグラス水路 (Douglas Navigation) につながり、これはダグラス川の一部分の運河化であった。 後にはミルの所有者の要請で 1790 年代にリーズ・リバプール運河の迂回路となり、 ランカシャーの (複数の) 炭鉱から ウィガンのミルへの輸送路となり、 更には地元の農産物を運ぶことに広範囲に使用された。 ウィガンはミル (mill、工場) の町として、産業革命の最中に繊維製造の重要な中心地であった。 しかしながら、1800 年代になって始めて、木綿工場が町に広がり始めた。 これは、この地域に流れが速い水路や川がなかったことによっていた。 しかし 1818 年には ウィガンのウォールゲイト (Wallgate) 地区に 8 ヶ所の木綿工場 (cotton mill) があった。 1818 年に、ウィリアム・ウッズ (William Woods) はウィガンの複数のミルに始めて動力織機を導入した。

トレンチャーフィールド・ミルは「ウィリアム&サンズ社」 (William & Sons Ltd) のために、1907 年に運河のそばに建設された。

産業は 1912 年に頂点に達し、この時、80 億ヤードの布が製造された。 1914 年 - 1918 年の大戦争によって原綿の供給が停止され、英国政府は植民地に奨励して、 木綿の紡績と機織りの工場を建設させた。 戦争が終了し、ランカシャーが市場を取り戻すことはなかった。 独立のミルは奮闘した。 イングランド銀行 (The Bank of England) は 1929 年にランカシャー木綿会社 (LCC, Lancashire Cotton Corporation) を設立し、 この産業を合理化・救済をしようとした。 トレンチャーフィールド・ミルは LCC により買収された 104 のミルの 1 つで、1950 年まで生き延びた 53 のミルの 1 つであった。

半ば遺棄されたグレード II の指定建造物は、 ウィガン桟橋の再生計画プロジェクトのキーとなる部分として、2005 年 - 2007 年に改装され、 サイモン・ケンズデール (Simon Kensdale) により調整された。 このプロジェクトが利用した組み合わせは:  ヨーロッパ地域開発資金 (European Regional Development Fund), 単一復興資金 (Single Regeneration Budget) 及び宝くじ歴史遺産資金 (Heritage Lottery monies) であった。 トレンチャーフィールド・ミルは混合開発となり、 構成するのは、商業、小売り、レジャー施設と 52 の 1 寝室あるいは 2 寝室のアパートであった。 ウィガン議会は究極的にはミル複合施設にアート・センター -- これは町の最初の公的な劇場を含むことになったはずである -- を設立することに反対した。 しかしながら、ミルのエンジンは保存・復元された。 2009 年現在では、毎日曜日の朝に蒸気が投入される。 ミルは EE BT のどちらのコール・センターとしても使用されている。 トレンチャーフィールド・ミルは格調高い演劇学校 (Drama School) -- ALRA (The Academy of Live & Recorded Arts) -- の拠点でもある。

建築

元々のトレンチャーフィールド・ミルはウィリアム・ウッズ (William Woods) により、 1822 年 - 1823 年に建設された。 現在の建物は 1907 年のもので、これは 20 世紀始めのミルであった。 これは 4 階建てで、地下 1 階である:  31×6 区画であった。煙突は円形であった。

動力

ミルを駆動するのは 1907 年に建造されたボルトン (Bolton) の J & E ウッド (J & E Wood) による 2500 馬力の 3 段膨張 4 シリンダー・エンジンであった。 エンジンの半分は (それぞれ) リナ (Rina) とヘレン (Helen) と呼ばれた。 これらは 54 本のロープの付いた 26 フィートのはずみ車を 68 rpm で駆動した。 HP シリンダーは 200 psi の蒸気が使用される。 これは 4 シリンダー・エンジンであり、 2 台の 44 インチ LP、 1 台の 40 インチ IP、 そして 25 インチ HP があり、 5 フィート・ストロークで、 すべてのシリンダーには コーリス・バルブ (Corliss valves) が付き、 HP と IP には Dobson block motion がある。 空気ポンプ (air pump) は各クロスヘッド (crosshead、[訳注:ピストン棒の頭部]) により駆動された。 これは、Lumb governor がある。

訳注
ミルのエンジン

蒸気エンジンは復元されて、訪問客の呼び物として操業されている。 技術者が日曜日に見学を案内し、 学校とグループによる訪問は終日も利用可能である。

所有者