ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Yorkshire Dales - Wikipedia
ヨークシャー・デールズ (Yorkshire Dales)

ヨークシャー・デールズ (dale = 谷) は ノーザン・イングランドのペナイン山脈の高地地帯 (upland) で、 歴史的カウンティであるヨークシャーにあり、 この大半が 1954 年に創設されたヨークシャー・デールズ国立公園にある。

スウェイルデール 典型的なデールの納屋、
セルサイドの近く

ヨークシャー・デールズを構成するのは川の流域 (valley) と丘で、 ヴェイル・オブ・ヨーク (the Vale of York, ヨークの谷、ヨーク平原地帯、vale = valley, dale) から、西方のペナイン山脈の分水嶺を成す丘に上昇している。 リブルデール (Ribbledale), デントデール (Dentdale)、及びガーズデール (Garsdale) では 地域は分水嶺より西に延びているが、 流域の大半は東側のヴェイル・オブ・ヨークに排水され、 ウーズ川とハンバー川に流れ込んでいる。

  1. 語源
  2. 地理学
  3. 地質学
  4. 洞窟システム
語源

単語の dale は dell (デル、(木の茂った) 小さい谷) と同じように古英語 (Old English) の単語 dæl に由来している。 これは 北欧/ドイツ語 (Nordic/Germanic) の谷を意味する単語 (dal, tal) と同起源で、 ヨークシャーとノーザン・イングランドの至る所で谷の名前に登場する。 ここにおける使用は デーンロウ (Dane law) の時代に北欧語により強化されたかもしれない。

大半のデール (谷) は川や小川にちなんで名付けられた。 (例えばアーケンガースデール (Akengarthdale) はアークル・ベック (Arkle Beck) から形成された。) 最もよく知られた例外はウェンズリーデール (Wensleydale) で、 これは小さな村で、元のマーケット・タウンであるウェンズリー (Wensley) にちなんで 名付けられ、ウレ川にちなんで名付けられたわけではない。 もっとも、このデールの古い名前は Yoredale である。 ヨークシャ中のすべての川の流域 (valley) の名前は "(川の名前) + dale" であるが、 もっと北の流域のみ (しかも、高地 (upper) で、田舎 (rural) で、見渡せる土地 (reach)) がザ・デールズ (ヨークシャー・デールズ) の用語に含まれる。

地理学

ヨークシャー・デールズはノース・ヨークシャーの マーケット・タウンや温泉の町 -- セトル (Settle)、スキプトン (Skipton)、イルクリー (Ilkley)、 及びハロゲイト (Harrowgate) -- から北に広がり、 ワーフデール (Wharfedale) とエアデール (Airedale) の南の境界に至っている。 これらの流域 (valley) の 「より低い見渡せる土地」 (lower reaches) は通常はデールズに含まれず、 もっとずっと南のカルダーデール (Calderdale) はザ・デールズ (ヨークシャー・デールズ) の一部ではない。 もっとも、これはデールで、ヨークシャーにあって、 「上部の見渡せる土地」 (upper reaches) は多くの北の土地と同じように景色がよく、 田舎であるが...。 より大きな南方のデールの大半 -- リブルデール (Ribbledale)、 マルハムデール (Malhamdale)、 エアデール (Airdale)、 ワーフデール (Wharfedale)、及び ニダーデール (Nidderdale) -- は北から南にほぼ並行して走っている。 もっと北のデールのウェンズリーデールとスウェイルデールは 一般に西から東に走っている。 もっと他のより小さな、あるいはそれほど知られていないデールがあり、 これには次のものがある: アーケンガースデール (Arkengarthdale)、 ラングストロスデール (Langstrothdale)、 レイデール (Raydale)、 Waldendale、及び ウォッシュバーン・バレー (Washburn Valley) (この支流の小川と川はより大きな谷に流れ込む)、 バーボンデール (Barbondale)、 デントデール (Dentdale)、 Deepdale、及び ガーズデール (Garsdale) (これは西のルーン川 (River Lune) に注いでいる) がある。

ジャネッツ・フォス、
マルハムの近く
イングルボロ
下の泥炭の沼地から見上げる

デールの特徴のある景色は緑の高地牧草地 (green upland pasture) で、 乾いた石の壁で分離され、羊と牛が放牧されている。 多くの高地の地域はギリョウモドキ (heather) の荒れ地 (moorland) からなり、 8 月 12 日 (楽しい 12 日 (Glorious Twelfth)) から始まるライチョウ (grouse) の猟 (shooting) に使用されている。

地質学

デールは U 字型あるいは V 字型の谷で、 かって氷河により大きくされ、形作られたもので、 主に、最も最後の氷河期 (Devensian ice age) によりできたものである。 基礎にある岩は石炭紀石灰岩 (Carboniferous Limestone) で、これにより 広いカルスト地形 (karst topography) になり、この上にシェール (shale) と砂岩があり、 一番上にミルストーン・グリット (Millstone Grit, ひき臼砂岩) がある。 もっとも、デント断層 (Dent Fault) の北と西では、丘はもっと古いシルル紀 (Silurian) と オルドビス紀 (Ordovician) の岩でできている。

石炭紀石灰岩はヨークシャー・デールズの普通の地質学的特徴である。
このパノラマ・イメージはロング・レーン (Long Lane) から見た
スウェイトの断崖 (Thwaites Scars) の西の面
洞窟システム (Cave systems)

基礎にある石灰岩にはデールの部分によっては広大な洞窟システムがあり、 これには 87 キロメートル (54 マイル) の長さの 「3 州システム」 (Three Counties System) があり、これにより、ここは英国の洞窟で重要な地域となっている。 洞窟の幾つかは観光客に開放されている。

ゲイピング・ギル