ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tonedale Mills - Wikipedia

トーンデール・ミルズ: Google map

トーンデール・ミルズ (Tonedale Mills)

トーンデール・ミルズ (Tonedale Mills) は、 トーン・ミルズ (Tone Mills) を含み、 サマセット州ウェリントン (Wellington) の大きなウール工場で、 サウス・ウェスト・イングランド (South West England) で最大のウーレン・ミルであった。 フォックス兄弟 (Fox Brothers) によって所有され、 これが最も有名であったのはトーントン・サージ ("Taunton serge") と、 後に英国陸軍で使用されるカーキ色の染料の製造であった。 このミルは 18 世紀中頃に設立され、 産業革命の最中に繁栄した。 最盛期には、資材のおよそ 6,500 メートル (21,300 フィート) が 毎日工場で製造された。 第三世界の繊維製造の安いコストにより、 1980 年代に工場は大抵閉鎖されていたが、小規模な製造はこの部分で継続した。

トーンデール・ミルズ
2010 年撮影
サマセットにおける位置
  1. 歴史
  2. ミル複合施設 (Mill complex)
  3. 再生
歴史

エリザベス女王 1 世の治世の最中に、ウェリントンのワー一族 (Were family) は コッテージ産業 (cottage industry) でサージ (serge) を製造した。 1700 年代の始めにエドワード・フォックス (Edward Fox) がハンナ・ワー (Hannah Were) と結婚し、そしてすぐにこの職業を引き継いだ。 ウール産業はサマセット州と同様に、羊の飼育に使用されたこの地方で繁栄し、 そしてトーントン・サージ (Taunton serge) はとりわけ人気があり、これは軽量であることと、 随分厚手であることによっていた。 ワー一族 (Were faimily) は 1754 年にトーン・ミルズ (Tone Mills) を設置し、続く 17 年間に産業が繁栄して、 一族の資産は 4 倍になった。 トーマス・フォックス (Thomas Fox) は、ドイツとオランダでこの職業を 3 年間学んだ後で、 共同経営者として事業に参加し、1772 年に 「フォックス兄弟社」 (Fox Brothers) として、 会社を正式に設立した。 18 世紀末の技術的な突破が繊維産業に革命を引き起こした。 1790 年代に、フォックス兄弟はトーンデール (Tonedale) の複合建築物 -- これはオールド・タウン・ミル (Old Town Mill) あるいはオールド・フラワー・ミル (Old Flour Mill、古い製粉ミル) のような色々な名称があった -- を買収し、彼らの工程を一元化した。 この動きにより、質と量の両面の増大が容易になり、 他の製造経費削減が組織内でもたらされた: カゴ編み (basket weaving)、 製本 (book binding)、 そして金属加工 (metalworking) はすべてこの場所で実施された。

2010 年のトーンデール・ミル

この場所は動力生成の各段階 -- 水、蒸気、そして電気 -- の遺構を持っていることで顕著である。 というのは蒸気動力が導入された時、フォックス兄弟は水管理システムを 維持することを選択したからで、これは有益であるかもしれなかったからである。 この場所は 19 世紀を通じて連続的に成長し、最盛期にはウェリントン (Wellington) の周辺で、 およそ 3600 名の人々を採用し、毎日 6,500 m (21,300 フィート) の資材を製造した。 トーンデール複合施設 (Tonedale complex) ではフォックス兄弟のために働いている労働者はカーキ色の染料を開発し、 これは第二次世界大戦中に英国兵士により使用された。 この複合施設はサウス・ウェスト・イングランドで最大のウーレン・ミルで、 補助的な工程を同じ場所に統合した稀な場合である。 ミルには 1980 年代に規模を小さくするまで、大規模に布を製造し続けた。 この場所の大半は今では見捨てられている、 もっとも一部分は小規模な製造に、なお使用されており、他は売却されたり、 小さな工業団地に転換された。 1994 年にウェリントン・トーン・デール邸 (Wellington Tone Dale House) の最後のフォックス一族の家は、 ベン・フォックスとビクトリア・フォックス (Ben and Victoria Fox) により完全に修復された; ベン (Ben) はトーマス・フォックス (Tomas Fox) の 6 代後の子息 (Great-Great-Great-Great-Grandson) であった。 トーン・デール邸 (Tone Dale House) は (1996 年以来) 今ではイベントと賃貸しの開催地として管理され、 彼らの会社であるザ・ビッグ・ハウス社 (The Big House Co.) を通じて、家庭パーティ、結婚式、そして 企業のイベントに使用されている。 2009 年に、 デボラ・ミーデン (Deborah Meaden) とダグラス・コルドー (Douglas Cordeaux) はフォックス・ブラザーズに投資して、 トーンデール (Tonedale) における製造の継続を可能となるようにした。 これは会社が破産する危険になったからである。

ミル複合施設 (Mill complex)
トーン・ミルズ (Tone Mills)

昔の製粉ミル -- これがトーンデール・ミルズ (Tonedale Mills) の中心部 -- の獲得により、数百メートル北の古いトーン・ミルズ (Tone Mills) が布の完成場所になった。 ミルはトーン川 (River Tone) の岸辺にあって、動力の生成に川の水車を使用した。 この家々はなお定位置にある。 後に、蒸気の導入と次に電力の導入により、 水力は布の完成工程の一部として使用され、 貯水池と導水路ゲート (sluice gate) の導入により もっと注意して管理された。 貯水池では、水は使用される前に処理された。 完成作業場と染料工場は共にこの場所にあった。 前者にはボイラー棟が付属し、後者にはエンジン棟が追加された。

2016 年の染料工場
トーンデール・ミルズ (Tonedale Mills)

トーン・ミルズの場所は動力の生成にトーン川 (River Tone) で水車を使用できたが、 トーンデール・ミルズは始めは小さな川であるウェストフォード川 (Westford Brook) と ロックウェル・グリーン川 (Rockwell Green Stream) を使用した。 これらに一定の給水があることを確実にすることと、できる限り効率的に使用するために、 トーマス・フォックス (Thomas Fox) は 1801 年と 1803 年の間にため池 (water basin) を掘削し、 一連の水路、堰、そして導水路 (sluice) を設置して給水を処理した。 元々の木造ミルは 1821 年に焼け落ち、レンガのミルで交換され、これが現在残っている。 この大きな場所は、幾つかのミル、倉庫、作業場、そしてエンジン棟がある。 北側の場所と同様に、水車の証拠が、更には蒸気・電気の動力生成が、いうまでもなく残っている。 複合施設の造作にはウールの準備の工場あり、 これには梳毛小屋 (combing shed) とウールの洗浄複合施設が含まれる。

蒸気タービン
再生

この場所の幾つかを家屋に転換する計画は、世界中の金融危機の最中に、興味が低レベルであったため、 2008 年に見捨てられた、 この場所の開発は後にプリンスの再生トラスト (Prince's Regeneration Trust) により支援され、 この場所は 2010 年に危機遺産 (Heritage at Risk Register) に登録され、 一方、トーン・ミルズ (Tone Mills) の場所は 2014 年に、 サウス・ウェスト (South West) で、 危機遺産 (Heritage at Risk) の優先順位の上位 10 位の中に確認された。 この場所の大半はグレード II* の指定建造物で、 イングリッシュ・ヘリテッジにより保存レベルに指定されている。 もっとも組織が認めることでは、 この場所の荒廃の大きさと状態から「包括的な復元と再利用をしても商的に生存できないかもしれない」とのことである。