ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lieutenancy area - Wikipedia

レフテナントに関しては イングランドの儀礼カウンティの冒頭で説明をしています。

レフテナント制地域 (Lieutenancy area)

レフテナント制地域 (lieutenancy, /lɛfˈtɛnənsiː/) とは レフテナント卿 (lord-lieutenant) -- 国王代理 -- が任命される英国の分離した地域である。 多くの場合、この地域は英国のカウンティと 類似の境界及び名称を持っているが、 必ずしも境界は同じでない。

レフテナント制地域
99 地域 (2008 年現在)
(イングランド (48)、北アイルランド (8), スコットランド (35), ウェールズ (8))
  1. 原点
  2. 地図
原点

イングランドでは、レフテナント制地域 (lieutenancy area) は 口語的に儀礼カウンティ (ceremonial counties) と呼ばれる。 もっとも、この言葉はこれを言及する法令には登場しない。 スコットランドのレフテナント制地域 (lieutenancy area) は スコットランドの分割で、大なり小なり、スコットランドのカウンティに基づき、 主な都市を別に扱っている。 ウェールズではレフテナント制地域はウェールズの保存されたカウンティと呼ばれ、 1974 年と 1996 年の間にレフテナント制と地方政府に使用されたものに基づき、 歴史的カウンティに基づいていない。 北アイルランドのレフテナント制地域は 6 つのカウンティと、元の 2 つのカウンティ自治区 (county borough) に対応している。

地図
ロンドン市 (City of London) は表示せず