ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fonserannes Lock - Wikipedia
フォンセランヌ水門 (Fonserannes Lock)

フォンセランヌ水門 (仏語:écluse de Fonserannes, les neuf écluses) は ベジエの近くのミディ運河の 階段水門である。 これは 8 基の卵型の隔室 (ミディ運河の特徴) から構成され、 これにより、距離にして 300 m のところを 21.5 m の高度を昇降する。 8 層階段水門として建設され、 これによりオルブ川を横断し、少し下流で運河に復帰していたが、 オルブ川の横断は随分以前に水道橋で置き換えられた。

  
2005 年の 5 月 29 日に水門を開放 フォンセランヌ水門

今やボートの階段水門への出入りは 7 番目の隔室の側壁からで、 7 番目の隔室は満水状態のままにされ、階段水門は 6 層で運行されている。

8 番目の隔室はオルブ川に下るためにあったが、現在では使用されていない。

7 番目の隔室の側壁の出口により、階段水門を叙述するときに少々混乱がある。 多くの情報源は階段水門を記述するときに使用されていない 8 番目の隔室の ことは無視しているが、多くの情報源は 7 番目の隔室の水位が固定されているにも関わらず、 この階段水門を 7 層階段水門と呼んでいる。

馬小屋や水門管理人の家のような伝統的な建物はまだ残っている。 このような建物と水門により、フォンセランヌ水門は ラングドック=ルシヨン地域圏 (Languedoc-Roussillon) で ポン・デュ・ガール カルカソンヌの町に次ぐ第三の観光地である。 1983 年に 水門には大きすぎるボートが水門をバイパスできるように インクラインが建設された。 しかし深刻な技術上の問題に直面し、2001 年に見捨てられた。 【訳注:ウォーター・スロープを参照のこと。】

ピエール=ポール・リケがミディ運河を建設したことの名声と承認を得ることは正しいことではあるが、 運河の個々の部分は下請けにより建設されていることを忘れるかもしれない。 フォンセランヌ水門の下請けは  Michel と Pierre Medailhes の文盲の兄弟であった。 多くの労働者は女性であった。

訳注
この書き方は少し不正確で、フォンセランヌ水門の立役者は、 末端の労働者である女性たちであったことがミディ運河に書かれています。