ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pont du Gard - Wikipedia

ラテン語の読みは グーグル翻訳の発音に従いました。固有名詞まで発音がわかります。但し直接使用したのではなく ラテン語・英語の比較翻訳のサイトから間接的に使用しました。

ポン・デュ・ガールはフランス語で 「ガールの橋」 という意味です。

ポン・デュ・ガール: Google map フォト・スフィア

ポン・デュ・ガール (Pont du Gard)

ポン・デュ・ガールは古代ローマの水道橋で、南フランスでガルドン川 (Gardon River) を横断している。 橋はヴェール=ポン=デュ=ガール (Vers-Pont-du-Gard) の町の近くに位置し、 1 世紀に建設されたシステム -- ニーム水道 -- の一部分で、 ユーゼズ (Uzès) の泉から、ローマの植民地ネマウズス (Nemausus) (現代のニーム (Nîmes)) まで水を輸送した。 2 点間のでこぼこな地形により、 大半が地下を通る水道は長い曲がりくねったルートにしたがい、 カルドン川の峡谷を横断する橋が必要となった。 ポン・デュ・ガールはローマのすべての高架水道橋の中で最も高く、 セゴビアの水道橋と共に最も良く保存されたものである。 ポン・デュ・ガールはその歴史的重要性から 1985 年にユネスコの世界遺産リストに追加された。

ポン・デュ・ガール 位置

橋は 3 段のアーチで 48.8 m (160 フィート) の高さがある。 水道は全体では、高さがたった 17 m (56 フィート) しか降下しない。 一方、橋では、たったの 2.5 センチ (1 インチ) しか降下しない。 全体の傾きは 1:3000 である。 これが示すことはローマの技術者が単純な技術のみを使用して達成できた偉大な精度である。 水道はかって 1 日あたり 200,000 m3 の水を輸送したと見積もられ、 これが (ニームの) 泉、浴場、そしてニーム市民の家に運ばれた。 水道は恐らくは 6 世紀に至るまで使用され続け、ある場所では、もっと長く使用された。 しかしながら 4 世紀より後には保守されなくなったため、鉱物の沈積物と瓦礫により、ますます詰まることになり、 間もなく水の流れがせき止められた。

ローマ帝国の崩壊と水道が使用されなくなった後も、 ポン・デュ・ガールは大体無傷であり、 これは第 2 の機能の重要性によっていた。 何世紀もの間、地方の領主と司教は橋の保守の責任を担い、 その代わりに旅行者から川を横断する料金を徴収する権利を授与された。 もっとも、幾つかの石は略奪され、17 世紀に深刻な被害を被った。 18 世紀の開始と共にますます脚光を浴び、旅行者の重要な目的地となった。 18 世紀と 21 世紀の間に一連の修理が実施された。 これは地方政府とフランス政府によって依頼されたもので 2000 年に頂点を迎え、 新しいビジター・センターが開業し、橋とそのすぐ近辺から、 自動車交通と建物が取り除かれた。

  1. 解説
  2. 歴史
  3. 観光
解説
ニーム水道のルート

ネマウズス (Nemausus、 現代のニーム (Nîmes)) の場所は給水のことになると、 幾分不便であった。 市の南と東には平野があり、ここでは水があっても高度が低すぎて、 市の中に流すことができず、 西の丘は技術的観点から給水ルートを困難なものにしていた。 唯一つの現実的な代替は北を向くことで、 とりわけ ウセティア (Ucetia、現代のユゼス (Uzès)) のあたりの地域に目をむけることで、 ここには自然な泉があった。


ユーゼズの近くのフォンテーヌ・デュールからネマウズス
(ニーム) に至るローマの水道がポン・デュ・ガールと
それ以外の多くの橋を越える (正確な縮尺ではない)。

ユゼスの近くのフォンテーヌ・デュール (Fontaine d'Eure) の泉から、ネマウズスの カスッテルム・デビゾルム (castellum divisorum、再分岐池) に給水するためにニーム水道が建設された。 再分岐池から、水は泉、浴場、市内中の個人の家に配給された。 2 点間の直線距離はおよそ 20 km (12 マイル) でしかないが、 水道はまがりくねったルートを取り、 距離にしておよそ 50 km (31 マイル) である。これは 中央高地 (Massif Central) の最南端のふもとの丘陵地帯 -- ガリーグ・ド・ニーム (ニーム丘陵地帯、Garrigues de Nîmes) を迂回するために必要であった。 丘陵地帯には植物が密生し、丘があり、深い谷でギザギザとなっていたため、 横断することが困難であった。 ローム人にとって丘を突き抜けるトンネルを掘る試みは非現実的であった。 というのはトンネルは 8 km から 10 km (5 マイルから 6 マイル) もの長さとなり、 これは出発点に依存していた。 従って、ガリーグ・ド・ニームの東端をまわる、おおよそ V 字型のコースが唯一の現実的な道で、 これで泉から市に水を運べた。

フォンテーヌ・デュールは海抜 76 m (249 フィート) でニームの再分岐池よりも 17 m (56 フィート) 高いのみであるが、 これは十分な傾きを提供し、 これにより 50,000 人が住むローマの市に安定して水が供給された。 平均した傾きはたった 1:3000 である。 傾きはコースで随分変化し、ある区間では 1:20,000 しかない。 ポン・デュ・ガール自身は 456 m (1,496 フィート) で 2.5 cm (0.98 インチ) 降下し、 傾きは 1:18,241 である。 水道の開始点と終着点の間の平均した傾きは通常のローマの水道よりははるかに小さく、 ローマの幾つかの水道の平均した傾きのおよそ 1/10 である。

水道ルート沿いの傾きが同じでない理由は、 一様な傾きにすればポン・デュ・ガールが高くなりすぎて、 工事が不可能となり、当時の技術の限界を越えるからであった。 ルート沿いの傾きを変化させることにより、 水道技術者は橋の高さを 6 m (20 フィート) 下げて、 川の水面上 48.77 m (160.0 フィート) にすることができた。 これでもローマの標準からは例外的に高かったが、許容できる限界内にあった。 この高さの制限が水道全体の外形と傾きを決定したが、 水道の中間に 「たるみ」 を作る代償を支払った。 ポン・デュ・ガールの手前の傾きは比較的急で、 1 キロメートルあたり 0.67 m (2 フィート 2 インチ) 降下している。 しかし、この後は、 残りの 25 キロメートル (16 マイル) で、 たった 6 メートル (20 フィート) しか降下しない。 ポン・デュ・ガールとサン・ボネ (St. Bonnet) の間の区間ではローマの技術者は異常な精度を必要とし、 彼らは 100 メートル (330 フィート) の導管がたった 7 ミリ (0.28 インチ) しか降下しないようにしなければならなかった。

水道は一日当たり 200,000 m3 ぐらいの水を市に供給したと見積もられ、 水が水源から市に至るまで 27 時間近くかかった。 水はニームのカスッテルム・デビゾルム (castellum divisorum) -- 直径 5.5 m で深さ 1 m の開放された浅い円形の池 -- に到着した。 池は何らかの囲いの中にあって手すりで囲まれており、 恐らくは何らかの小さいが手の込んだ建物 (pavilion) の下にあった。 これが発掘された時に、 瓦の付いた屋根の痕跡と、 コリント式の柱と、魚とイルカで飾られた フレスコ壁画が粉々の状態で発見された。 水道の水は 1.2 m (3 フィート 11 インチ) 幅の開口部で進入し、 正面の壁に 10 個の大きな穴があり、 各々 40 cm (16 インチ) の幅で、 市の主要な水パイプに水を注いでいた。 3 つの大きな排水溝も床にあり、恐らく近くの円形演技場を急速に水で充満させ、 ナウマキア (naumachia, 模擬海戦) を演じたのであろう。


ニームの水タンクあるいは カスッテルム・デビゾルム
ここに水道の水が放出される。丸い穴は市の
給水パイプがタンクに接続された場所である。

泉は今でも存在し、現在では小さな現代的な揚水棟がある。 水は純粋であるが、周囲の石灰岩から浸みだした炭酸カルシウムが高度に溶融している。 これは水道の保守で、ローマ人に重要な問題を提起した。 というのは導水管で送られてくる途中で炭酸塩が水から沈殿するからである。 これにより水道の流れはカルシウムの 石灰華 (sinter) のおりで、どんどん減少するからである。 別の脅威は水路の石の蓋を貫く植物によりもたらされた。 ぶら下がる根は水の流れの邪魔になるだけでなく、 藻類やバクテリアを増加させ、 藻類やバクテリアは biolithogenesis と呼ばれるプロセスで分解して、 導水管の中で凝結する。 これにより、 シルシトーレス (circitores) -- 水道保守の責任を担う労働者 -- による不断の保守が必要となった。 彼らは導水管を歩き回って、壁をごしごし洗ってきれいにし、 どんな植物も取り除いた。

ニームの水道の多くは地下に作られ、ローマの水道では典型的であった。 水道は溝を掘って建設された: 溝に石の水路が作られ、アーチの付いた厚い石で蓋がされ、次に土砂で覆われた。 水路の幾つかの区間は堅い岩を貫いて作られた。 全部で 35 km (22 マイル) の水道が地下に建設された。 残りは地上を通す必要があり、壁の上やアーチ橋の上を通した。 地表よりも上にある随分多くの建造物を今でも見ることができる: 例えばいわゆる 「ポン・リュー」 (Pont Rue) はヴェール (Vers) のまわりで数百メートルの区間をなし、 今なお 7.5 m (25 フィート) の高さにある。 他の生き延びた部分には次がある: ポン・ド・ボルネグル (Pont de Bornègre) は、 3 基のアーチからなる 17 m の水道橋で、川を横断して水道を通している; Pont de Sartanette はポン・デュ・ガールの近くにあって、 32 m (105 フィート) の橋が小さな谷を横断している; セルナック (Sernhac) の近くの 3 区間の水道トンネルは 66 m (217 フィート) の長さである。 しかしながら、ポン・デュ・ガールが全ての水道の中で、はるかに最も良く保存されている区間である。

橋の説明

橋は 3 層で作られ、川が低水位の時の水面上 49 m (161 フィート) の高さにあり、 274 m (899 フィート) の長さである。 橋の幅は基底部の 9 m (30 フィート) から頂上部の 3 m (9.8 フィート) まで変化する。 メイン橋脚が上下に 1 列にそろっている。 アーチのスパンは少しずつ違っており、これは地盤沈下に備えて柔軟性を持たせるために独立に建設されている。 各層には異なる数のアーチがある。

アーチの数層の長さ橋脚の厚さアーチの高さ
下層6142 m
(466 ft)
6 m
(20 ft)
22 m
(72 ft)
中層11242 m
(794 ft)
4 m
(13 ft)
20 m
(66 ft)
上層35
(元々 47)
275 m
(902 ft)
3 m
(9.8 ft)
7 m
(23 ft)

ポン・デュ・ガールの断面図 (右) と
18 世紀の道路橋 (左)、(Alfred Léger, 1875 年)

ポン・デュ・ガールの最初の層は道路の橋に隣接し、この橋は 18 世紀に追加されたものである。 導水管あるいは スペークス ( specus ) は、およそ 1.8 m (6 フィート) の高さで、 1.2 m (4 フィート) の幅があり、第 3 層の頂上を通っている。 橋の中層、上層は上流方向にわずかに湾曲している。 この湾曲は、ダムのように、水流に対して橋の構造を強化するために技術者が意図的にデザインしたと、 長い間信じられていた。 しかしながら、1989 年に実施された精密測量 (microtopographic survey) により分かったことは、 湾曲しているのは、太陽の光により 1 日に石がおよそ 5 mm (0.20 インチ) 膨張・収縮することで引き起きていることであった。 何世紀にもわたり、このプロセスが現在の変形を引き起こした。

ポン・デュ・ガールは大体は漆喰 (しっくい) と締め金を使用せずに建設されている。 これには 50,400 トンの石灰岩で作られていると見積もられ、 体積では 21,000 m3 である。 個々のブロックの幾つかは 6 トンの重さがある。 石の大半はおよそ 700 メートル下流に位置する地元のエステル (Estel) 石切り場で産出されたもので、 この石切り場はガルドン川の堤防にある。 きめが粗く、柔らかく、赤味がかった、貝殻のような石灰岩で、 地元ではピエール・ド・ヴェール (Pierre de Vers) と呼ばれ、石を寸法に合わせて製造するのにとても適している。 ブロックは正確に切断され、摩擦だけで完全にぴったり合い、漆喰の必要がなくなる。 建築業者は石細工に色々なメッセージや指示を伝えるために、 文字を刻んでいる。 多くの石には番号が振られ、設置場所も刻み込まれ、 例えば フロンテ・デクストラ (fronte dextra、前右)、フロンテ・シニーストラ (fronte sinistra、前左) が書かれて、建築業者を誘導した。

建設方法は歴史家には十分によく理解されている。 水道の後援者 -- 富裕な人、もしくはニーム市自身 -- が多くの契約者のチームと熟練労働者を採用したことであろう。 測量技術者、あるいはメーンソル ( mensor ) がルートを計画し、 グローマ (groma) で照準を合わせ、 コロバテス (chorobates) で水平測量をし、 5 ないしは 10 ローマ・フィート (Roman feet) の長さの測量ポールを使用した。 数値や図式は蝋タブレットに記録し、後で巻物に記載した。 建築業者は要求された高度な精度で仕事をするために、 型板を使用したかもしれない。 例えば、標準化されたブロックを作って、ここから導水管を作った。

訳注
「蝋タブレット」 (wax tablet) とは再利用可能な筆記板。 蝋を塗った表面に先のとがったペンで文字を書く。加熱すれば、蝋が溶けて元の状態に戻る。

建築業者はクレーンと滑車装置を随分利用し、石を定位置に持ち上げた。 多くの工事は単純なシアーズ (sheers、以下の訳注を参照) とウィンドラスを使用した。 大きな人力のトレッドミルが使用されたことであろう; このような機械はプロバンスの石切場では 20 世紀初頭にも使用されていた。 複雑な足場が設置され、建設中に橋の支えになった。 大きなブロックが橋から突き出したままに放置され、これは建設時に木枠と足場を支えたものであった。 水道は全体としてはとても高価な事業であった。 エミール・エスペランデュ (Émile Espérandieu) は建設費を 3000 万セステルス (sesterce、ローマの貨幣単位) と見積もり、これはローマ軍 (Roman legion) の 500 人の新参の 50 年分の給料に同等である。

訳注
シアーズ (sheers) とは shear legs, shears, shear legs とも呼ばれ、 A 字型をした持ち上げ機械で、現代の場合には次のようなもの:
シアーズはトレッドウィール・クレーン で登場するポーリースパーストス (Polystastos) の復元写真の中に見える。 又、トレッドウィールでは、 回転輪 (ウィール、wheel) の中で 20 日ネズミのように回転輪を動かすのを トレッドウィールで、外で回転輪を回すのをトレッドミルとしている。 古代ローマの人力クレーンはすべてトレッドウィールと思われるので、 原文で 「トレッドミル」 としているのは 「トレッドウィール」の間違いでないかと思われる。 原作者は多分フランス人です。

ポン・デュ・ガールの造作

ポン・デュ・ガールの側面。
3 層のアーチ。
ポン・デュ・ガールの石細工。
足場を支えるために使用された
飛び出たブロックが見える。
ポン・デュ・ガールの中層のアーチ
の下側。水道の頂上の
石細工がないのに注意。
水道橋に隣接する橋。
歩行者で大きさを比較。
ポン・デュ・ガールの
導水管の内部。

ポン・デュ・ガールの外部は粗く、それほど仕上げていないが。 建築業者は注意を払って、導水管の内部はできる限り、滑らかになるようにして水流が妨げられないようにした。 導水管の壁は仕上げた切石を使用し、床はコンクリートを使用した。 どちらも陶器とレンガの破片を組み込んだ化粧漆喰 (stucco) で覆われていた。 これにオリーブ・オイルが塗られ、マールタ (maltha) -- 消石灰、豚の獣脂、未熟なイチジクの粘液の混合物 -- で覆われていた。 これにより滑らかで耐久性のある表面ができた。

ポン・デュ・ガールは外見で有名であるが、そのデザインは最適なものでなく、 アーチを積み上げる技術は不格好で、非効率 (従って高価) であり、 必要となる資材が増えた。 後の水道橋はもっとデザインが洗練され、 コンクリートをもっと利用し、 体積と建設費を削減した。 セゴビアの水道橋 (Aqueduct bridge of Segovia) とポン・ド・レ・フェーレス (Pont de les Ferreres) はほぼ同じような長さであるが、アーチの数が少ない。 ローマの建築家はまもなくアーチの積み上げを全くなしで済ませることができるようになった。 スペイン、メリダ (Mérida) の アクエドゥクト・デ・ロス・ミラグロス (Acueducto de los Milagros) と アルジェリア、シェルシェル (Cherchell) の Chabet Ilelouine 水道橋は高くてきゃしゃな橋脚を使用し、 橋脚は表面がコンクリートの石とレンガで建設した。

歴史

水道の建設は長い間、紀元前 19 年頃の アウグストゥス (Augustus) の義理の息子で、側近である マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ (Marcus Vipsanius Agrippa) によるものとされてきた。 その時、彼はアェディリス (addile) -- ローマとその植民地の給水に責任を持つ上級行政長官 -- として仕えていた。エスペランデュは 1926 年の著書で、 水道の建設を、その年のアグリッパによるナルボネンシス (Narbonensis) への訪問と結び付けた。 新しい発掘から建設が AD 40 年から AD 60 年の間になされたことが示唆された。 ニーム水道の建築業者は アウグストゥスの時代のトンネルを迂回する必要があり、 更にニームの流出箇所から発見された硬貨は クラウディウス皇帝 (AD 41 年 - AD 54 年) の治世よりも古くなかった。 これを根拠にギレーム・ファーブル (Guilhem Fabre) により率いられたチームは水道の完成時期を 1 世紀中頃であると議論した。 水道の建設は、800 人から 1000 人の労働者を採用して、およそ 15 年かかったと信じられている。

4 世紀より後には、次々に押し寄せる侵略の波がこの場所を混乱させ、 水道の保守がされなくなった。 水道は瓦礫、殻、植物の根で詰まり、水量が随分減った。 この結果、水道に堆積したものは泥と有機物の層になり、 どの壁にも 50 cm (20 インチ) 以上も付着していた。 堆積物の分析から示唆されたことは、 9 世紀までニームに水を提供し続けたことであった。 しかし、もっと最近の調査から示唆されることは、水道は 6 世紀までに使用されなくなったことである。 しかし、一部分はもっとずっと長く使用されたかもしれない。

石の幾つかは他で使用するために略奪されたが、 ポン・デュ・ガールは全体的には無傷であった。 橋の存続は谷を越える有料橋としての使用に依存した。 13 世紀のフランス王はユゼスの封建領主に橋を使用する者に料金を課す権利を認めた。 この権利は後にユゼスの司教に手渡された。 この代わりに、彼らは橋を良好な状態に保守する責任を担った。 しかしながら、橋は 1620 年代に深刻な被害を被った。 この時ローアン公爵アンリ (Henri, Duke of Rohan) が橋を使用して大砲を運ぼうとした。 これはフランス王党派とユグノーの戦争の時で、彼はユグノーを率いていた。 大砲が橋を横断できる余地を作るために、公爵は第二層のアーチから、厚さのおよそ 1/3 を切り取った。 これにより、路面にスキマができて、荷車と大砲を通すことができたが、 その過程で、橋をひどく弱体化した。

1703 年に地方政府はポン・デュ・ガールを修復し、ヒビを修繕し、わだちを埋め、 前世紀に失われた石を回復した。 新しい橋が技術者のアンリ・ピトー (Henri Pitot) により、 1743 年 - 1747 年に下層のアーチの横に建設され、 道路交通がここを横断できるようにした。 小説家の アレクサンドル・デュマは新しい橋の建設にひどく批判的で、 次のように論評している: 「18 世紀まで留保されていたことは、5 世紀の野蛮人たちがあえて壊すことがなかった橋の名誉を傷つけることであった」。 ポン・デュ・ガールは状態が悪くなり続け、 プロスペル・メリメ (Prosper Mérimée) が 1835 年に見た時には、浸食と石の喪失から、 深刻に崩壊の危険があった。


ポン・デュ・ガールの彫刻、1804 年
シャルル=ルイ・クレリッソー (Charles=Louis Clérisseau) による。
19 世紀初頭における深刻な橋の荒廃状態を示す。

ナポレオン 3 世はローマのものは何でも非常に尊敬しており、 1850 年にポン・デュ・ガールを訪問し、これに非常に興味を持った。 彼は建築家のシャルル・レスネ (Charles Laisné) による橋の修繕計画を承認した。 これは 1855 年 - 1858 年に実施され、資金は国務省 (Ministry of State) が提供した。 工事には修理が随分含まれ、 侵食した石を取り換え、橋脚の幾つかを安定させるためにコンクリートで充填し、 排水を改良するために橋と水道橋を分離した。 一方の端に階段を設置して、 導水管の壁を修復し、 訪問客が適度に安全な状態で導水管自身の中を歩けるようにした。


1819 年のポン・デュ・ガールの西端
シャルル・レスネにより設置された階段が見える。
訪問客が導水管内部を見れるようにしたもの。

これに続く幾つかの計画で、ポン・デュ・ガールの橋脚とアーチが強化された。 この橋は 100 年の間に 3 回の深刻な洪水を生き延びた: 1958 年には下の段のすべてが巨大な洪水で水没し、他の橋は流されてしまった; 1998 年に別の大規模な洪水があった;2000 年に更に洪水があり、 近くの建物をひどく損傷した。

ポン・デュ・ガールは 1985 年にユネスコの世界遺産に追加された。 登録基準は 「人類の創造的才能」、「文化的伝統の証拠」、「人類の歴史への重要性」 であった。 リストの記述は次のように述べている: 「水力技術者と ... 建築家はこの橋を考案し、技術的な、更には芸術的な名作を創造した。」

観光

ポン・デュ・ガールは何世紀もの間、旅行者の呼び物であった。 橋の石造建築の傑出した特質により、フランスの石工が国を巡る伝統的な旅行で、立ち寄るべき必須の場所となった。 彼らの多くは石細工に名前を彫り込んだ。 18 世紀以降、とりわけ新しい道路橋が建設されてから、 グランドツアー (Grand Tour) の旅行客の有名な立ち寄り場所となり、 フランスが誇る歴史的重要性を持つオブジェクトとしてますます有名になった。

橋はフランス国王と長いこと結びつき、フランス国王はローマ帝国の力と自分たちを結び付けようとした。 シャルル 9 世は 1564 年に彼のフランスでのグランドツアーの最中に橋を訪問し、 ユゼス公爵 (Duc d'Uzès) が手配した大いなるもてなしで歓待された。 妖精の身なりをした 12 人の若い女の子が水道橋の近くの川岸の洞窟から出てきて、 国王にパン菓子 (pastry) と保存果物をプレゼントした。 1 世紀後に、ルイ 14 世と宮廷の人々が 1660 年 1 月にニームを訪問中に、 ポン・デュ・ガールを訪問した。 これは ピレネー条約の署名のすぐ後のことであった。 1786 年彼の 3 代後のひ孫 (great-great-great-grandson) であるルイ 16 世が芸術家のユベール・オベール (Hubert Robert) に依頼して、 南フランスのローマの廃墟の一連の絵を描かせ、 フォンテーヌブロー宮殿の国王の新しい食事室 (dining room) に掛けさせた。 この絵には理想的な風景の中のポン・デュ・ガールを描いたものがあった。 依頼はフランス国王と宮廷の過去を再主張することが意味されていた。 19 世紀中頃のナポレオン 3 世は意識して、(自分自身を) ローマ皇帝アウグストゥスと同一視し、 ローマの遺跡に対する大いなる敬意と調和した。 1850 年代における橋の復元の後援は彼の生存にとって本質的であった。


ル・ポン・デュ・ガール( Le Pont du Gard )、
ユベール・オベールが国王ルイ 16 世のために 1787 年に描いたもの。

1990 年代にはポン・デュ・ガールは非常に人気の高い旅行客の呼び物となったが、 交通が随分混雑していた。 -- 車両は 1743 年の道路橋を通ることがまだ許されていた -- そして違法に建設された構造でちりばめられ、 土産物店など (tourist shop) が川岸に列をなしていた。 建築家のジャン=ポール・ヴィギエが述べるように、「物欲」 が ポン・デュ・ガールを 「催事会場の呼び物」 (fairground atraction) にしてしまった。 1996 年に ガール県議会 (General Council of Gard département) はこの地域を改良するための重要な 4 年計画を開始した。 フランス政府が後援し、 地元、ユネスコ、EU が協力した。 橋の周りの全地域が歩行者専用となり、 新しいビジター・センターがジャン=ポール・ヴィギエのデザインに基づいて北の川岸に建設された。 再開発が意図したように、 車両の除去によりポン・デュ・ガールの周辺は今やずっと静かになり、 新しい博物館は訪問客にもっと改良された歴史的背景を提供することになった。 ポン・デュ・ガールは今日ではフランスの上位 5 位に入る旅行客の呼び物で、 2001 年には 140 万人の訪問客があったと報告されている。

文筆家の訪問

橋が旅行客の目的地になって以来、 多くの小説家と著述家がポン・デュ・ガールを訪問し、 その経験を書き残している。 ジャン=ジャック・ルソーは 1738 年に始めて橋を訪問した時に圧倒されている:

私はポン・デュ・ガールに行って見てこい、と言われた。 行かないわけにはいかなかった。 これは私が見た最初のローマ人の作品であった。 私は橋を建設した手の価値があるモニュメントを期待していた。 今回は、オブジェクトは私の予想を超えていた。 これは私の人生で唯一のことである。 ローマ人のみがこのような効果を与えることができる。 この単純で高貴な作品の光景はなお一層、私にとって印象的であった。 それは、これが荒野の真中にあり、静寂と孤独がオブジェクトを更に印象的にし、 称賛がもっと生き生きしたものとなったからである。 というのは、このいわゆる橋は単に水道橋でしかない。 問いたくなることは、 石切り場から、どのような力が、このような巨大な石を運んだことか ? 何千人もの人々を、住んでいないこの場所に何が引き寄せたのか ? 私はこの壮麗な建物の各階をさまよい歩いた。 もっとも敬意の念から、足元に踏みつけることがほとんどできなかった。 この巨大なアーチの下の私の足音の反響はこれを建設した人々の力強い声を聴いているかのように思わせた。 私は巨大さの中で、自分が虫けらのように失われたかのように感じた。 小さくなってしまうと、私は魂の中から持ち上がる否定できないものを感じた。 私はため息と共につぶやいた。「何故ローマ人に生まれなかったのか ?」

小説家の ヘンリー・ジェームス (Henry James) は 1884 年に訪れ、同様に印象付けられている。 彼はポン・デュ・ガールを次のように述べている: 「語ることができないくらい圧倒し、これほどローマ的なものはない」。 彼は次のように解説している。

全体の巨大さ、堅固さ、モニュメント的清廉さから -- その場では -- 何も言うことができなくなり、そして立って熟視させる。 これが高貴で、完全であると感じ、 偉大さの資質を備えていると感じ.... かすかな薄暮が集まり始めると、 孤独な谷はローマの名の影で満たされ始めたかのように思われる。 あたかも巨大な帝国が水道橋の支持と同じように今なお健在であるかのように思われる。 そして橋は孤独な旅行客に開かれており、 感傷的にそこにうずくまり、誰もがかって、あるいは今後も橋ほど偉大になることがないと信じている。 偉大さの測り方は個人の偉大さを測ることと同じで、 取り上げたものへの押しではかる。 ポン・デュ・ガールはローマ人が残した 3 つか 4 つの最も深い印象の一つである。 橋はローマ人が満足するような方法で彼らのことを語っている。

19 世紀中頃の作家であるジョセフ・メリ (Joseph Méry) は 1835 年の本 Les Nuits italiennes, contes nocturnes (イタリアの夜、夜の話) の中でポン・デュ・ガールを見たことを次のように書いている。

驚きで口がきけなくなる; 人間のことを何一つ思い起こさせることがない砂漠を歩いている; 文明が消え失せた; 峡谷、荒野、岩の塊、イグサの群生、オークの木がまとまってかたまる; もの悲しい岸のそばを流れる川; 未開の山; デバイドのような沈黙; この風景の真中で文明が芸術の栄光のために創り上げた壮大なオブジェクトが立ち上がっている。

ヒレア・べロック (Hilaire Belloc) は 1928 年に次のように書いている。

それを見れば、それについて言われていたことが事実となる。 その孤立、その威厳、その重さはどれもすさまじい。 あたかも、我々よりも偉大な存在により、 すべての記録よりも以前に建設されたかのように見え、 我々のようなちっぽけな種族が消滅した後も長く立ち続けるように意図されている。 そこでは休息することができる。 何度も称賛されたように、実に不本意ながら称賛したことを打ち明ける、しかしこれはそうなのである。 我々の時代の不安に苦しむものは、 ポン・デュ・ガールの下で、3 日間キャンプして、魚を釣り、水浴びをすればずっとよくなる。