ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Manchester and Salford Junction Canal - Wikipedia
マンチェスター・サルフォード・ジャンクション運河
(Manchester and Salford Junction Canal)

マンチェスター・サルフォード・ジャンクション運河とは マンチェスター市にある運河であった。 これはマージー・アーウェル水路ロッチデール運河の間に直接の水路を 提供するために建設された。 運河は 1830 年に開通し、1922 年に見捨てられた。


運河の断片の光景
北のアーウェル川とのジャンクションの方向を向く
  1. 歴史
  2. 凋落
  3. ルート
歴史

マージー・アーウェル水路ロッチデール運河が直接運河で結ばれていないため、 両方の水路を利用して輸送される物資は、荷車に積みなおされて町を横断し、 再びボートに積みなおされて輸送される。 これでは経費も時間もかかり、更にはマンチェスターの通りに交通渋滞を引き起こした。

1799 年に近くのマンチェスター・ボルトン & ベリー運河が彼らの運河を ロッチデール運河に接続する提案をした。 この提案は水道橋でマージー・アーウェル水路を超えるものであった。 交易で損失を被るマージー・アーウェル水路による主な反対の理由から、 接続はすぐにはされなかった。 1805 年に、ジョン・ナイチンゲールはマージー・アーウェル水路会社に依頼されて、 マンチェスターとサルフォードを接続する運河のコストを見積もった。

1836 年に至るまで何も起きなかった。このときジョン・ギルバートが技術者として任命された。 1838 年に、運河ができそうになった時に、ブリッジウォーター運河が ハルム水門支線運河を完成した。これはロッチデール運河からアーウェル川に出るための 代替のルートとなり、どちらの方向からの貨物もアーウェル川に出て、 新しいジャンクション運河を使用する必要がなかった。

新しい運河の建設費は、部分的にはマンチェスター・ボルトン & ベリー運河の所有者の 資金で賄われた。 運河は 1839 年に開通した。1885 年には、グレート・ノーザン倉庫が運河の上部に建設され、 ドックが建設されて物資のやり取りができるようになった。 倉庫の下には 4 つの大きな鉄道支線と、2 つの昇降機のシャフト (たてあな) があり、 運河のボートから物資を積み下ろすのに使用し、倉庫内の貯蔵庫まで持ち上げた。

凋落

運河は鉄道の人気がでる頃に建設された。 後には、ブリッジウォーター運河もロッチデール運河も マンチェスター船舶運河に所有され、どちらの運河も開けておかないといけないという 競争的な動機がなくなり、ジャンクション運河は 1922 年に見捨てられた。 第二次世界大戦の時には、運河の区間は排水されて、防空壕として使用された。

ルート

運河はアーウェル川のキー・ストリート (波止場通り、Quay Street) の南西から、 ロッチデール運河のロウアー・モスリー・ストリート (Lower Mosley Street) の南東までの 1 km を走り、その大半は 456 m のトンネルである。 運河は現在は水がなく、使用されていない。 もっとも多くの部分は街の下にあり、とりわけグレート・ノーザン倉庫とグラナダ・スタジオの 部分がこうなっている。 元々の西の入り口はアーウェル川からはいまだに見ることができ、 東の入り口は小さな運河のベイスンに再開発され、ブリッジウォーター・ホールの後ろにある。


運河の地下の区間

運河では 4 基の水門を使用し、アーウェル川から 2 箇所の揚水所で水をくみ上げた。