ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kingswood Junction - Wikipedia
キングス・ウッド・ジャンクション
(Kingswood Junction)

キングス・ウッド・ジャンクションは、 英国ウォリックシャー州のキングス・ウッドでストラット・フォード・エイボン運河 がグランド・ユニオン運河と接続する一連の運河のジャンクション (接続部) である。

水門 20 (右側) は接続支線から、
北ストラトフォード運河に導く。
左側には水門のない支線が
水門 21 の下流に導く。
キングスウッド・ジャンクションの概念図
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

グランド・ユニオン運河は後になってから英国の運河システムに加えられ、 1929 年にいくつかの運河会社の合併により作られた。 これには、ウォリック・バーミンガム運河があり、 これは 1793 年に議会法により認可された。 同じ年に、ブラウンストン (Braunston) からブレントフォード (Brentford) に至るグランド・ジャンクション運河も認可された。 ウォリック・ナプトンは 1794 年に認可されバーミンガム・ウォリック運河の南端から オクスフォード運河のナプトン・ジャンクションまでの接続を提供した。 ナプトン・ジャンクションからブラウンストンまでは (オクスフォード運河を通って) 短距離で、ここから (グランド・ジャンクション運河で) ロンドンに至る。 二つのウォリック運河は 1799 年の 12 月 19 日に公式に開通したが、 恐らくは完成していなかった。というのは翌年の 3 月までは交易がなかったからである。

ストラトフォード・アポン・エイボン運河も 1793 年に認可された、 これは町の実業家が運河によってもたらされる繁栄が町を素通りしないようにするためであった。 運河はウスター・バーミンガム運河のキングス・ノートン・ジャンクションから、 キングスウッドを経由して、ストラトフォードに至ることになっていた。 ホックリー・ヒース (Hockley Heath) までの北の区間の最初の部分は 1796 年に開通したが、 計画は失敗した。 別の議会法が獲得され、更なる進展があったのは 1800 年のことである。 運河はキングスウッドとウォリック・バーミンガム運河のジャンクションまで 1803 年に 開通した。 キングスウッドより南のルートの工事は再び遅延し、1812 に至るまで開始しなかった。 運河は 1815 年にストラトフォードに遂に到着した。

運河は決して公式には閉鎖されなかったが、1940 年代に事実上閉鎖した。 ストラトフォード・アポン・エイボン運河の南側の区間の一部には水がなく、 一方、北側の区間には 1939 年以後ほとんど交通がなかった。 このため、グレート・ウェスタン鉄道はキングス・ノートン・ジャンクションの そばにあるリフォード旋回橋を 1942 年に修理する際に、旋回橋が 開かないようにしてしまった。 キングス・ノートン・ジャンクションからキングスウッド・ジャンクションまでの ルートはまだ出来たばかりの内陸水路協会によるキャンペーンの舞台の一つとなり、 トム・ロルトは 1947 年に運河を航行する意図を表明した。 鉄道会社はボートを通すために、橋をジャッキで持ち上げないといけなかった。 そして、この事実は新聞に広く報道され、 有益な世間の注目を集めた。 ジャンクションからストラドフォードまでのルートは、 ナショナル・トラストが運河を引き継ぎ、修復したのちに、エリザベス皇太后が 1964 年に 開通式を挙行した。

位置

ジャンクションは 250 m の接続支線からなり、 (西の) ストラトフォード運河とは 2 つの枝で結ばれ、 東側のグランド・ユニオン運河とは単純なジャンクションとなっている。 一つの枝は水門を経由して接続支線に降下している。 もう一つの枝は 別の水門の下で、ストラトフォード運河から分かれている。

ストラトフォード運河 (北ストラトフォード運河) は連続水門を経由して、 ウスター・バーミンガム運河のキングス・ノートン・ジャンクションに向かう。 キングスウッドジャンクションの南では、 南ストラトフォード運河が複数の水門を降下して、エイボン川沿いのストラトフォード・アポン・エイボン に向かう。 グランド・ユニオン運河は北へ向かえばノウル連続水門 (Knowle Locks)、次いで バーミンガムに至り、南に向かえばハットン連続水門 (Hatton Locks)、 次いでウォリックに至る。

水門 20 (左) はグランド・ユニオン運河
との接続支線に導く。水門 21 (右) は   
ストラトフォード運河に導く
丸い屋根の小屋、南ストラトフォード運河
に典型的。水門 22 の近くの
水門のない支線の角