ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Indiana Central Canal - Wikipedia
インディアナ中央運河 (Indiana Central Canal)

インディアナ中央運河はウォバッシュ・エリー運河とオハイオ川の接続することを目的とした運河であった。 これはマンモス内部改良法により資金提供され、 この法律はエリー運河によって引き起こされた運河建設の熱狂に一役買うためのインディアナ州の試みであった。 350 万ドルがこの計画に割り当てられ、全体で 1000 万ドルの計画法の最も大きな部分を占めた。 しかしながら、 1837 年恐慌により、インディアナ州は資金的に困難となり、 運河を州の債務者に手渡さなければならなくなり、運河の建設は 1839 年に停止した。 運河はインディアナ州ペルーからインディアナ州エバンズビルに至る 296 マイル (476 km) に拡張されることになっており、 エバンズビルではオハイオ川に到達することになっていた。 運河は元々 2 つの区間 - 北と南 - に分割されていた。 後に第 3 の区間が指定され、インディアナポリス区間と呼ばれた。 8 マイルが完成したのみで、 インディアナ州アンダーソン (Anderson) とインディアナ州マーティンズビル (Martinsville) の間の 80 マイルが部分的に開通しただけであった。

インディアナポリスダウンタウンの運河 運河から見たインディアナポリスダウンタウン
のスカイライン。両側に名誉勲章記念碑
とインディアナ州立博物館がある。
バトラー大学の運河にかかる橋
  1. 歴史
  2. ギャラリー
歴史

建設に先立ち、 運河の通り道はインディアナ州の運河の技術者であるジェシー・ウィリアムズ (Jesse Williams) が測量した。 インディアナ州は運河に必要となる土地の大半をすでに所有していた。 運河は 6 フィーtの深さで、60 フィートの幅になった。

北の区間はペルーからインディアナ州ブロード・リップル (Broad Ripple) までであった。 これは主にウィリアム・グッディ (William Goody) によって測量された。 運河はインディアナ州アレクサンドリアに至るまではミシシンワ川 (Mississinewa River) を使用し、 ホワイト川に並進することになっていた。 デラウェア郡 (Delaware County) とマディソン郡 (Madison County) のみ重要な進展があっただけで、掘削量は限られていた。

完成した 8 マイルは完全にインディアナポリス区間の中にあり、 ホワイト川 (White River) と並行していた。 この区間は、掘削して水で満たす 24 マイル (39 km) から構成され、インディアナ州ウェーバリー (Waberly) からブロード・リップル (Broad Ripple) に至っており、ブロード・リップルが建設を開始した場所である。 土地が未開発であったため、ブロード・リップルとインディアナポリスダウンタウンの間の工事は困難であった。 19 世紀の後半には色々な水道会社がインディアナポリスの上水道の動力としてこの区間を使用し、 上水道は井戸水を浄化したものを使用し、運河の水は使用しなかった。 1904 年にインディアナポリス上水道会社 (IWC, Indiaapolis Water Company) は遂に部分的に建設された運河の利点を浄水場の水源に使用した。 1960 年代後半には、 インターステート 65 の建設により、運河の 1 区間が地下化を余儀なくされ、 1969 年までには、IWC はウェスト・ワシントン・ストリート (西ワシントン通り) の揚水所の動力に運河を使用することを停止した。 その結果、IWC は 16 番街の南側の運河をインディアナポリス市に譲渡した。 市は後に 1 つの計画に取り掛かり、これは 1985 年に始まり、 残っている運河のダウンタウンの区間を排水して、より低く作り直し、再度水で満たした。 中央運河のこの区間の幾つかは今やホワイト川州立公園の内部にあることはもとよりのこと、 インディアナ州政府の中心を通っている。

南の区間はポート・ロイヤル (現在のウェイバーリー (Waverly)) からエバンズビルに至っている。 これは主に、フランシス・クリーブランド (Francis Cleveland) によって測量された。 試みられた 23 マイル (32 km) はバンダーバーグ郡 (Vanderburgh) とワーリック郡 (Warrick) の中にある。

インディアナポリスの中央運河の曳舟道は完成された 8 マイル (13 km) の一部分に沿っている。 これはブロード・リップルからリバーサイド・パークの近くの 30 番街まで至り、 バトラー大学 (Butler University) とインディアナポリス美術館 (Indianapolis Museum of Art) のそばを通っている。

6 つの異なるカメの種がインディアナポリス区間に生息しており、 都会の環境が野生生物にどのように影響するのかが調べられている。

1971 年に運河は「米国水道協会」 (American Water Works Association) により 「米国水道のランドマーク」 (American Water Landmark) に指定された。

ギャラリー
運河の近接写真 インディアナポリスダウンタウンの
歴史標識
インディアナ歴史協会
を通り過ぎる運河
運河から見たダウンタウンの
スカイライン